アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?


アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみを伴う皮膚の炎症、湿疹があげられます。皮膚のバリア機能も弱っているため、乾燥を避け保湿することも大切になってきます。湿疹の特徴として、赤みがあり、引っかいてしまうと液体が出てきたりします。

スポンサーリンク

お風呂で気を付けること

アトピーとシャワーについてですが、前述した通りアトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が弱っています。そのため、皮膚を清潔に保つ必要があります。しかし、皮膚を清潔にするためのお風呂またはシャワーでは気を付けないといけないことがあります。

一つはお風呂やシャワーの温度です。アトピー性皮膚炎に限ったことではないかもしれませんが、皮膚が弱っている状況では刺激がありすぎるのはよくありません。適性な温度があるわけではありませんが、お湯の温度でかゆみを感じない程度の温度に設定しましょう。そ

スポンサーリンク

して、二つ目がボディーソープです。ボディーソープにも種類がたくさんあり、それぞれ特徴があります。アトピー性皮膚炎の場合は、低刺激性のものを選ぶ方が良いです。理由はシャワーの温度と同じで、できるだけ皮膚に負担をかけないようにするためです。

体を洗う時に気を付ける

三つ目は身体を洗う時に、かゆみも相まってゴシゴシと擦りたくなってしまうかもしれませんが、注意しましょう。かゆみがあるので掻きたい気持ちはわかるのですが、治りが遅くなったり、皮膚に痕が残ってしまう恐れがあるので力を入れすぎないように気をつけながら身体を洗いましょう。

ナイロン製のタオルは体を洗うと、気持ちいいのですが、あまり強く洗うと肌を刺激してしまいアトピーが悪化してしまいますので、使用を控えたほうがいいかもしれません。体を洗うのは、石鹸をよく泡立て素手でやさしく洗うようにするのがいいです。

また、成人女性の場合、お化粧もされると思います。化粧品も化学的刺激にあたるので、休みの日などは化粧を控えるなどの措置も必要かもしれません。他にも気なることがあったら、担当の医師や薬局の薬剤師に質問すると答えてくれると思います。”

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーにブラックシリカが効きました

出産を機にアトピーになりました 20代の後半に初めての子供を出産してから、私自身のアトピーの症

記事を読む

アトピーの人はもてない?

アトピーだともてない? アトピーは、一般的に乳幼児期に発症することが多い皮膚疾患の一種で肌のバ

記事を読む

赤ちゃんの時からアトピーでした

赤ちゃんの時からアトピーでした 今は二十歳を過ぎた息子ですが、赤ちゃんの時からアトピーと診断されて

記事を読む

ある日突然アトピー完治

突然アトピー発症 私は小学生の頃にいきなりアトピー性皮膚炎が発症してしまいました。おそらく元々発症

記事を読む

アトピーの方の洋服素材の選び方

アトピー肌にいい洋服の素材 アトピー肌に良い洋服の素材について紹介します♪まず洋服の素材は、綿10

記事を読む

アトピーにルイボスティーが効いた

アトピーにルイボスティーが効いた 私の子供は、2歳の時からアトピー性皮膚炎になっています。最初のう

記事を読む

アトピー性皮膚炎の原因と対策

アトピー性皮膚炎の症状と原因 私は長年、アトピー性皮膚炎に悩まされています。特に乾燥して冷え込む冬

記事を読む

アトピー治療 水を飲む

肌がカサカサに アトピーに悩まされている人は多く、現代でも子供から大人まで非常に問題になってい

記事を読む

妊娠でアトピー再発

大学生になるころにはだいぶよくなっていました 妊娠・出産って、女性なら誰しもが嬉しい人生のイベント

記事を読む

岩盤浴で汗をかいてアトピー軽減

アトピーで長年、苦しんだ経験があります。アトピーが発症したての頃はアトピーに関しての情報量が少なかっ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑