アトピーにニンジンが効果あり

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピー改善にニンジンを食べよう

ninnjinn
アトピーはかゆみがあり、肌の見た目もあまりよくありません。ですので早く治したいものです。アトピーにはニンジンが効果あります。

ニンジンに含まれている栄養素として有名なのは、なんといってもβカロテンです。βカロテンは体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは皮膚の傷んだ組織を再生させます。ビタミンAは湿疹を早く治してくれます。そしてビタミンAに変化しなかったβカロテンは、肌の老化を防いでくれます。このようにニンジンはアトピー改善に最適な野菜です。

ニンジンの摂取方法

ニンジンの食べ方はいろいろありますが、効果てきに摂取できるのはニンジンジュースです。ニンジンをジューサーでジュースにして飲んでください。ニンジンはそれだけでもおいしく飲めますが、もっとおいしく飲みたいようでしたら、リンゴやレモンをいれてください。特にりんごは整腸作用がある果物として有名なのでお勧めです。

他のニンジンの摂取の仕方としては大根と一緒におろして食べる方法です。おろすことにより、繊維が豊富なニンジンを丸ごと食べることができます。大根にはコラーゲンの合成に欠かせないビタミンCが含まれています。大根おろしの食べ方として有名なのは、さんまなどの青魚に添えられて一緒に食べる方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

大根おろしに含まれているアミラーゼは魚の消化を助けてくれるだけでなく、サンマなどの青魚を食べると湿疹が出ることがありますが、大根おろしを一緒に食べることにより、湿疹を抑える働きもあります。

大根とニンジンをいっしょにおろして食べるときに注意が必要なことがあります。それは、ニンジンにはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、せっかく大根に多く含まれているビタミンCを破壊してしまいます。これを防ぐには酢や、柑橘系のしぼり汁を加えることで防ぐことができます。

またニンジンは食べるだけでなく、かさかさ肌の人には直接肌に塗ってもアトピー改善に効果があります。ニンジンのおろし汁をコットンなどに浸み込ませてそれを肌に付けることにより、アトピーの痒みが収まったり、肌がきれいになったりします。

このようにニンジンはアトピーの治療にはとても効果がある食品ですが、ニンジンだけを食べていればいいというわけではなく、他の食品もバランスよく食べることが大切ですので、バランスのいい食事を心がけて、アトピーを改善していきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーにはウォーキングが効果的!運動をして血行を良くしよう

アトピーに運動 アトピーを治したいと思っているのに運動不足になっている人はいませんか?アトピー

記事を読む

亜鉛不足がアトピーの原因?

亜鉛不足でアレルギーに 食物性アレルギーは亜鉛が不足している起こる? アトピー性皮膚炎になる原

記事を読む

アトピーと弁当について

食べ物が原因? アトピーはそもそもこれといった原因が明確でないのが特徴的です。発症してしまう原

記事を読む

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピーには緑茶や柿の葉茶が有効

抗ヒスタミンをやめて緑茶  アトピー性皮膚炎で処方される抗ヒスタミン剤には、眠気を誘発する副作

記事を読む

ペットの猫が原因でアトピーが悪化してしまった体験

ネコアレルギー もともと20代の頃からアトピー性皮膚炎にずっと悩まされてきました。食べ物のアレ

記事を読む

アトピー改善のために腸内環境を整える4つのこと

腸内環境を整えてアトピー改善 腸内環境は、アトピーとは密接な関連性があります。なぜなら、それは

記事を読む

アトピー体質の私がエステサロンへ行ってみた

アトピーでエステに行ってみました アトピー症状が初めて出たのは、10代の頃でした。当時が学校の

記事を読む

ホットヨガをすると、アトピーって改善されるの?

ホットヨガとは ホットヨガとは、高温、多湿の状態でヨガをおこなうものです。高温多湿の状態は筋肉が動

記事を読む

アトピーの人は手が荒れやすい。手のケア方法と対処法

アトピーの人は手が荒れやすい 小さいころにアトピーを持っていた方、今アトピーを抱えてる方、アレ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑