アトピーの人が下着を選ぶときに注意したいこと

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

下着の選び方

sitagi
アトピー肌には、肌に優しい肌着を身に着けることが大切です。肌に優しい下着とは、汗を吸いやすい綿素材で作られた下着です。綿は保温効果もあります。そして、縫い目にもこだわります。縫い目が肌にあたって、ちくちくしてしまい肌を刺激してしまい痒くなってしまうことがあります。

おしゃれでかわいい下着がいいからと言って、レースが付いているものを選ぶと肌にチクチク当たって、アトピーを悪化させてしまう恐れがあります。また、ブラジャーを選ぶときにも気を付けなければなりません。

アトピーの人の中にはブラジャーは苦痛すぎて着用するのも辛い、と言う人も数多くいるのではないかと思います。胸が強く締め付けられる事によって起こる刺激や、肌とブラジャーが擦れる事で起こる刺激は、アトピーの人にとって耐えがたい苦痛です。

しかし、ブラジャーをつけないまま生活すると何かと不便でブラジャーは欠かせない、そんなジレンマを抱えているのではないでしょうか。
実は、ブラジャーは選んだ素材によってはアトピーへの悪影響を軽減することが出来るんです。

では、アトピーにおすすめの素材は何なのか?そのキーワードは「天然素材」です。基本的に化学繊維は利便性という面では優れていますが、その代償として水分の吸収が良すぎて肌が乾燥してしまったり、チクチクした不快感を感じる事も多いです。

これらは普通の肌の人なら何の問題もありませんが、アトピーの人にとっては症状を悪化させる原因にもなってしまいます。その為、アトピーの人が着用するなら、天然素材で作られたブラジャーがおすすめなんです。

天然素材の中でも特におすすめなのが、絹と綿です。二つとも肌への刺激が最小限に済む素材です。絹と綿のそれぞれの特徴として、絹は肌触りもよく保湿性にも優れているが綿に比べ高価、綿は吸水性が抜群で丈夫、というのがあげられます。

これだけだと綿の方がアトピー対策に優れていると思ってしまいますが、綿は使い続けていると肌触りがゴワゴワになりやすいというデメリットもあります。どちらもそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の肌に合う素材を慎重に選んで使用する事をおすすめします。

また、コットンもおすすめできる素材です。特にオーガニックコットンは綿に勝るとも劣らないアトピーに良い素材です。綿・絹が合わない人は、オーガニックコットンのブラジャーを検討してみてくださいね。

子どもにも、下着を着せると汗を吸い取ってくれるので、アトピーには効果があります。子供は動きが活発で、汗をかきやすくなっています。汗をしっかり吸い取ってくれて、肌に汗が残る時間を短くすることで、汗による皮膚の炎症を防いでくれます。綿素材の下着を選びます。

スポンサーリンク

速乾性の下着に注意

下着売り場では、速乾性がすぐれているということで、化学繊維で作られた下着を多く見かけるようになりました。汗を吸うということ、乾きがよく気持ちが良いこと、風邪をひきにくくなるというメリットがあります。

しかし、アトピーの肌はとても敏感なので、化学繊維が肌に擦れることでかゆみが出たり敏感に反応したりすることがあります。逆効果になってしまうため、化学繊維で作られた下着を着せる場合には、注意が必要です。これは大人でも同じことが言えます。また、抵抗力が弱くなる高齢者も気を付けなければなりません。

元気で健康な間はアレルギー反応が出なくても、年齢とともに肌が負けてくることがあるからです。新しい下着を買ったときは、まず水洗いを行ってから着せます。赤ちゃんが生まれる前にするように、下着を購入したら水洗いをしてから着るようにします。

洗濯方法にも気を付けます。重要なことは石鹸選びです。普通の洗剤は、化学物質が多く入っており、界面活性剤は洗浄能力を高めています。しっかり洗って落としているつもりでも、繊維の中に残っていることもあります。無添加の石鹸を選んで洗濯することで、肌に優しい下着を気持ちよく着ることができます。

また、ワイヤーの入ったブラジャーは擦れるとアトピーが悪化するだけではなく、人によってはワイヤーで肌を締め付けられているだけで痒みを感じてしまう人もいると思います。

ワイヤーで締め付けられているもの、脇の肉を胸に寄せてあげてするタイプは見た目にはいいかもしれませんが、肌には大きな負担を与えます。ピッタリしたサイズよりも少し余裕を持ったものの方が、ブラジャーと肌との間に隙間ができ、トラブルを起こしにくくなります。ブラジャーは、ワイヤーが入っていないものを選ぶとかゆみから解放されます。

今はノンワイヤーでもちゃんとしたブラジャーが多く発売されていますので、アトピーが辛い人はノンワイヤーブラジャーを使用してみるのはいかがでしょうか。必ず、アトピーで悩むあなたにもピッタリなブラジャーがあるはずなので、諦めずに探し続けてくださいね。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

水素水のアトピーへの2つの効果

水素水の2つの効果 最近では、水素水という製品が薬店などで陳列されるようになってきました。それ

記事を読む

アトピーでうつになりかけた私

中学生からアトピーでした  皆さんはアトピー性皮膚炎と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

記事を読む

アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすい

呼吸器感染症 アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすいのが欧州呼吸器学会で発表さ

記事を読む

アトピーでもヘアワックスを使いたい

アトピーでもヘアワックス アトピー体質だと、ヘアワックスを使ったヘアスタイルに挑戦したくても、

記事を読む

犬もアトピーになる?!対策方法は!!

柴犬もアトピー アトピーを患っているのは、何も人間だけではありません。柴犬も、その症状で苦しん

記事を読む

アトピーの原因はタンパク質の取り過ぎかも

アトピーの原因はタンパク質? アトピーは小さな子どもがなりやすい皮膚の病気で、皮膚が炎症を起こ

記事を読む

リップの乾燥を原因としているアトピー性口唇炎(こうしんえん)! 

アトピー肌は主に乾燥から来るといわれます。アトピー肌になりやすい人は、実は唇も乾燥しやすいようです。

記事を読む

アトピーと水疱瘡(みずぼうそう)について

子どもがかかりやすい水疱瘡(みずぼうそう) 子どもがかかりやすい病気で水疱瘡(みずぼうそう)が

記事を読む

ヨガがアトピーに効く3つの効果と注意点

ヨガでストレス解消 アトピーを改善したいと望むなら、ヨガという手段があります。少なくともストレ

記事を読む

アトピーには○○風呂が効果あり

アトピーはお風呂の入り方で症状が良くなったり、悪くなったりします。お風呂のお湯は当然ですが、肌に

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑