アトピーと黄砂

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

黄砂に注意


黄砂の多い季節になると、アトピーは一気に悪化します。黄砂は春先に多く、中国のほうから飛んできます。黄砂の中には、体に有害な物質が含まれています。黄色くて細かい砂のように見えますが、化学汚染物質や鉱物あるいは金属などが含まれています。この様々な有害な物質にアレルギー反応を起こして、アトピーが悪化するのです。

黄砂は見える

黄砂は、とても細かなものです。たくさん集まることで目に見える大きさになり、注意することが可能です。晴天のはずなのに、空が白くかすんで見える時があります。見ているだけでも変な天気です。これは黄砂が飛んでいるためです。また、外に出している物干しざおや車を見ると、うっすらと何か積もっていることがあります。有害な物質が含まれているものなので気を付けて取り扱わなければなりません。

黄砂の日はどうする?

黄砂が多い日には、外出を避けます。どうしても外出しなければならないときには、マスクをして出かけます。また、肌にも黄砂が当たらないように長袖を着たり、首のある洋服を選びます。

マスクをする理由は、体の中に黄砂を入れないようにするためです。アトピー体質の方は、皮膚だけでなく鼻やのどもアレルギー反応を起こします。口や鼻から入ってしまうと、体の内側からもアトピーを悪化させてしまいます。アトピーを悪化させないためには、体の内側と外側の両方を黄砂から守らなければなりません。

洗濯物は家の中に干す

黄砂の多い日には、洗濯物は家の中に干します。家の中に湿気が多く、乾きにくい時には扇風機で風を当てたり、エアコンの除湿機能を使うと、早く乾きます。外に干してしまうと、黄砂が洋服についてしまいます。黄砂のついた洋服を着ることで、アトピーに黄砂が触れたり、呼吸をする事で黄砂が体の中に入ってきます。

黄砂の少ない日には、外に干しても大丈夫です。注意する点は、物干しざおの黄砂をしっかりと拭き取ったり、干す時間を短くしたり、洗濯物を取り込むときには洋服についた黄砂を払い落とします。家の中に、できるだけ黄砂を持ち込まないことが、重要になります。花粉と同じ考え方です。

黄砂の多い日には換気をしない

換気をすることが大切といっても、黄砂の多い日には換気をすると家の中に黄砂が入ってきます。空気清浄機を使ったり、加湿器を使って湿度を保ちのどや鼻に潤いを与えます。加湿器の水は、水道水よりも湯冷ましやミネラルウォーターを用いた方が体に優しいです。また、次亜塩素酸を希釈して加えると除菌効果があります。

黄砂はアトピーを悪化させる物質が含まれています。しかし、大気中に飛んでいるために避けることはできません。掃除をこまめにしたり、黄砂の多い日は室内で過ごすなどの工夫が必要です。体調管理を整えると、黄砂とうまく付き合うことができます。

スポンサーリンク

黄砂でアトピー悪化

ちなみになぜ黄砂がアトピーを悪化させるかと言うと、色々な説はあります。黄砂の中に含まれるケイ素と呼ばれる物に体が反応してしまい、痒みなどが生じるという説もあるのです。

そうかと思えば、デトックスなどの説もクローズアップされています。そもそも黄砂などは、春以外のシーズンには到来しない傾向があります。つまり一部の方々にとっては、それは異物扱いになる訳です。当然そういう物は、体内から身体の外に排出されるようになります。それで肌の表面が荒れてしまうという説もあるのです。

このような様々な説はありますが、いずれにしてもアトピーが黄砂によって悪くなってしまう状況は、大いにある訳です。したがって春の時期に痒みがきつい時などは、黄砂対策がポイントになってくるでしょう。

黄砂対策にマスク

//

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

長女のアトピー咳が空気清浄機で改善

アトピーの咳 長女は3歳の冬頃から喘息が発症し、最初はもう息が詰まって死んでしまうのではないか

記事を読む

アトピーの人は運動するべき、避けるべき?

アトピーの人は運動を避けたがる アトピーの人の中には、やや体型がポッチャリしている人、そして色

記事を読む

アトピーの人が下着を選ぶときに注意したいこと

下着の選び方 アトピー肌には、肌に優しい肌着を身に着けることが大切です。肌に優しい下着とは、汗

記事を読む

アトピーとヘルペスについて

厄介なヘルペス 皮膚に関連する厄介な症状の1つに、ヘルペスがあります。唇などによく生じる症状の

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

アトピーと爪について

血行不良と爪の状態 あらゆる病気は血液の流れが悪くなれば起きて、アトピー性皮膚炎も血行不良が一

記事を読む

アトピーで悩んだ唇(リップ)の悩み

包帯でぐるぐる巻きに アトピーに悩む人は、とてもとても多いです。皮膚科に行くと、多くの人はステ

記事を読む

鉄分不足も過剰摂取もアトピーに悪影響

鉄分が不足すると 肌に対する痒みの症状は、栄養状況と無関係ではありません。特定の栄養分が不足し

記事を読む

アトピーと殺菌について

アトピーに消毒 アトピーによる痒みに対しては、消毒などは一定の効果は期待できます。具体的には、

記事を読む

アトピーとマラセチア

皮膚表面にマラセチア アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑