アトピーに有効な3つの栄養素

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーに有効な3つの栄養素

アトピー性皮膚炎に有効な3つの栄養素とは、ビタミンCとタンパク質、そしてビタミンEです。まずなんといってもビタミンCです。ビタミンCは肌の状態を良好に保つとても重要な栄養素です。ビタミンCは肌の成分であるコラーゲンを生成するのを助ける働きをするとても大切な栄養素です。

ビタミンCの他にもタンパク質とビタミンEも大切な栄養素です。皮膚の成分であるコラーゲンはタンパク質からつくられます。またビタミンEは細胞の酸化を防ぎ、老化を防ぎます。また、毛細血管を広げる働きがあるので、血液の流れをよくします。そして肌の新陳代謝が良くなるので、肌にはとてもよい栄養素です。

それではそれら3つの栄養素はどのような食品に多く含まれているのでしょうか?タンパク質を多く含んでいる食品は、鳥の胸肉、ささみ、納豆、マグロ(赤身)、卵、牛乳などです。ビタミンEを多く含む食品はアーモンドや落花生、抹茶などです。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物にはどのようなものがあるでしょうか?鳥や豚のレバー、野菜では、モロヘイヤ、キャベツ、小松菜などです。ただビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいので、加熱したらスープも一緒に食べられるものがいいです。その他、レモンやアセロラ、キウイ、いちごなどにも多く含まれています。

スポンサーリンク

また、キウイ、イチゴなどのフルーツは食後の摂取が効果的です。空腹時よりも、満腹時のほうが多くのビタミンCを体に取り込むことができます。空腹時のほうが吸収するスピードは早いのですが、余分なビタミンCは捨てられてしまいます。一方満腹時は吸収するスピードが遅い分、長時間ビタミンCを摂取できるので、その分多く体内に取り込むことができます。このように食後のデザートというのは理に適っています。

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーとオリーブオイルについて

オリーブオイルの有効性 アトピー(医学名:アトピー性皮膚炎)の原因となる物質(アレルゲン)は、

記事を読む

アトピー改善に効果のあるローズヒップティー

アトピー改善にローズヒップ アトピー改善にローズヒップは効果があります。なぜアトピー改善に効果

記事を読む

アトピーの人が下着を選ぶときに注意したいこと

下着の選び方 アトピー肌には、肌に優しい肌着を身に着けることが大切です。肌に優しい下着とは、汗

記事を読む

小さい頃からアトピーで現在38歳まで続いています。色素沈殿はひどいものです。

3歳からアトピーでした 物心ついたころからなので、3歳くらいでしょうか?母が言うには、下着のパ

記事を読む

アトピーの色素沈殿は治るのか?

アトピーの色素沈殿 アトピーはかゆいのでついかいてしまい、そうすると症状が悪化しまたかゆくなるとい

記事を読む

アトピー改善に水素水

活性酸素を除去する アトピーには、酸素が大きく関わってきます。ここ最近になって、活性酸素がよく

記事を読む

ポップコーンはアトピーにどうなの?

食品はアトピーに影響を与えますが・・・ 日常的に食べる食品によっては、痒みなどを引き起こしてし

記事を読む

アトピーに効くツボ

アトピーの原因に効くツボ アトピーに直接効くツボというのはありませんが、アトピーの原因に効くツ

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

ホットヨガをすると、アトピーって改善されるの?

ホットヨガとは ホットヨガとは、高温、多湿の状態でヨガをおこなうものです。高温多湿の状態は筋肉が動

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑