セラミドはアトピーに効果的!?

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

肌の成分セラミド

hada
私自身が長年、アトピー体質である事もありまして、少しでもアトピーの症状や痒みを軽減させられるようにしてきました。その関係もありまして、アトピーに少しでも良いと言う情報があれば、すぐに試しみる事が多いでのです。

中には全くの誤情報だったり、逆に悪化したり、また中には凄く良い効果をもたらせてくれた情報もありました。その中の一つで私には効果があった事はセラミドでした。

セラミドって何?ってところからは入りましたが、セラミドを簡単に説明すると肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジの様に水分や油分を抱え込んでいるような存在なのです。もともとは体内にある成分で肌に潤いを与えてくれる存在もあるのです。

若い時は肌のセラミドがたっぷり含まれていますが、加齢や気候の変化でセラミドの量は減ってくると言われています。最近では老人性乾皮症などの肌はセラミドが著しく少なくなってきていると言われているのです。

アトピーの人はセラミドが少ない

アトピー肌の人はそれでなくても乾燥している人が多いので、セラミドも少ない人が多いと言われています。なので、最近は乾燥肌の人やアトピー体質の人にはセラミド入りの化粧品が良いと言われています。

化粧品の口コミサイトなとでは多くのセラミド入り化粧品が評価されていますし、テレビCMや雑誌などでも、「セラミド入り化粧品」と言う文字を多く見かけるようにもなりました。

スポンサーリンク

セラミドは化粧品として外から肌に内側に浸透させても良いと言われていますが、食べるセラミドも最近は良く見かけます。サプリメントでもセラミド入りもありますが、最も簡単に身体に取り入れられるものは乳酸飲料と言われています。

またセラミドを多く含む食材として挙げられているのは、米、小麦、大豆、こんにゃく芋、牛乳などが最もセラミドが多く含むと言われています。また黒豆、大豆、わかめ、ひじき、ごぼう、黒こしょうなどが挙げられます。黒い色の食品はセラミドが多く含まれている傾向があると言われているそうです。

私は肌からも口からもセラミド身体に取り入れる事で、アトピー症状や痒みが軽減されてきていると感じています。即効性には欠けるかも知れませんが、身体に副作用がなく、乾燥肌を軽減させながら痒みも抑えくれるので、凄くアトピーには効果的だと感じています。

化粧品はセラミド入りの化粧水を使うことで、一番最初の肌にセラミドを浸透させています。また乳酸飲料を毎日飲むことでセラミドを身体に入れる事で胃腸から元気になれている気がします。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

コーヒーがアトピーによくない理由は?

大人のアトピーの原因は、いろいろあるといわれます。大別すると、間違ったスキンケアー、生活習慣、あるい

記事を読む

ポテチを食べすぎてアトピーに?

太りたくないけどポテチを食べたい 娘は赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で、脱ステロイドのために

記事を読む

長年悩まされたアトピー性皮膚炎

幼少期からアトピー 私は幼少期からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。母が食事に気をつかって、根

記事を読む

アトピーと爪について

血行不良と爪の状態 あらゆる病気は血液の流れが悪くなれば起きて、アトピー性皮膚炎も血行不良が一

記事を読む

ホットヨガをすると、アトピーって改善されるの?

ホットヨガとは ホットヨガとは、高温、多湿の状態でヨガをおこなうものです。高温多湿の状態は筋肉が動

記事を読む

アトピーの人はラーメンを控えたほうがいい訳は?

アトピーと腸内環境 アトピーは、腸内環境と密接な還元性があります。一見何も関係無いと思われる皮

記事を読む

アトピーと低気圧の関係

低気圧とアトピー 一見すると何も関係無いように見える要素が、体調不良などに関わってくる事例はた

記事を読む

長女のアトピー咳が空気清浄機で改善

アトピーの咳 長女は3歳の冬頃から喘息が発症し、最初はもう息が詰まって死んでしまうのではないか

記事を読む

アトピーで悩んだ唇(リップ)の悩み

包帯でぐるぐる巻きに アトピーに悩む人は、とてもとても多いです。皮膚科に行くと、多くの人はステ

記事を読む

アトピーはわさびなどの刺激物に注意する

アトピーと食材 アトピーは、様々な食材と関連性が見られます。日常食材の中には、痒みに対して一定

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑