アトピーとマラセチア

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

皮膚表面にマラセチア


アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、たまにクローズアップされる事があるのです。マラセチアは、殆どの方々には関わっています。人間の皮膚表面には、少なからず生息している菌類に該当するからです。

ただそれにも程度の差も見られる訳です。それが多い方々も見られますし、もちろんその逆もあります。ところである皮膚科でお勤めの方が、ちょっと興味深い事に言及しています。湿度との密接な関連性がある点です。

そもそも湿度などは、それこそ多彩な状況が考えられるでしょう。やや湿気が多い部屋もあれば、もちろんその逆もある訳です。それで部屋によっては、やや風通しが悪い場合があります。気密性が高めな住宅などは、総じて風通しが悪い事も多いですが、当然それではマラセチアなどが増加する傾向があるのです。最終的に、それで皮膚に対して様々な症状が発生する確率も高まってしまいます。

このため部屋の湿気に心当たりがあるなら、ちょっとそれを改善する姿勢が望ましいでしょう。できるだけ通気性を高める為に、自分なりに工夫してみるのが良いと思われます。換気扇や窓開けなどは、やはりそれなりに大切なポイントになるでしょう。それだけではありません。上記でも触れた皮膚科の方は、油にも言及しているのです。

スポンサーリンク

適度な湿度を心がける

そもそも皮膚の状況も多彩で、中には脂分が多い方々が見られます。いわゆるオイリー肌の方々はなどは、たまに見られるでしょう。それで皮膚表面から油分が分泌されるとなると、乾燥などが一因と言われています。無闇に肌の表面が乾燥してしまうと、やはり様々な問題点が生じる確率が高まるので、油でそれを保護しようとする訳です。

上記でも触れた通り、湿気を抑える事はそれなりに意味があります。だからといって乾燥度合いが無闇に高まってしまうと、今度は油分が分泌される事になるのです。そういう肌の方々は、ややマラセチアが増える傾向があると、ある皮膚科が言及しています。

このため基本スタンスとしては、まずは部屋の湿度を低くするよう心がけた方が良いでしょう。それである一定レベルになると、今度は肌の表面から油が生じる可能性があります。その場合は、やや湿度が低すぎると考えられる訳です。そこまでのレベルだったら、むしろ加湿する方が望ましい事もあります。

いずれにしてもマラセチアは、皮膚周辺の湿度とは密接な関連性が考えられる訳です。適度な湿度を心がけてあげると、マラセチアも増加しづらくなるでしょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

ポテチを食べすぎてアトピーに?

太りたくないけどポテチを食べたい 娘は赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で、脱ステロイドのために

記事を読む

整体がアトピーに効果的な理由とは

ステロイドの薬を塗っていましたが アトピー性皮膚炎と診断されたのは、今から約20年近く前のこと

記事を読む

アトピーとワキガの関係とは

ワキにアトピー アトピー体質があります。私のアトピー体質の症状が年齢が低い時の方が酷くて、30代4

記事を読む

アトピーとヘルペスについて

厄介なヘルペス 皮膚に関連する厄介な症状の1つに、ヘルペスがあります。唇などによく生じる症状の

記事を読む

アトピーにホホバオイルが効果あり

ホホバオイルとは ホホバとはアメリカ南西部~メキシコ北部の砂漠地帯が原産の常緑低木で、その種子

記事を読む

アトピーで耳切れ?

気づかないうちに耳切れ アトピーの場合、耳切れが起こることが多く見られます。耳切れは、少し乾燥

記事を読む

魚肉ソーセージはアトピーにいいの?

食材でかゆみが出る アトピーで悩む方々としては、日常食品に気を使う事は大変多いです。そもそも痒

記事を読む

アトピーと目について

アレルギーは国民病? いま日本国民3割が何かしらアレルギーを持っていて、もはや国民病といわれる

記事を読む

長年悩まされたアトピー性皮膚炎

幼少期からアトピー 私は幼少期からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。母が食事に気をつかって、根

記事を読む

アトピーの人が永久脱毛するメリット

ムダ毛と痒み 皮膚表面にあるムダ毛は、痒みとは密接な関連性があります。あまりにも痒みが強い時に

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑