アトピーと新築住宅

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーと新築住宅


アトピーという症状は、実は住宅と大きな関連性があります。新築住宅によっては、その症状が悪化する事例もたまに報告されているからです。また、その逆もあります。ところで住宅は、様々な化学物質が使われているのです。ホルムアルデヒドなどの物質も、住宅の内壁などにはよく使われています。

それで当然ですが、それを吸引してしまう事はあまり良くありません。昨今になって、環境毒などと表現される事例も増えてきました。住宅の内壁にも、そういう毒が入っている可能性がある訳です。

ところでアトピーという症状は、実はデトックスに該当します。ある意味それはアレルギーと似た一面はあるのですが、実は体内に蓄積されて悪い物を、外に出した結果なのです。

そもそも人間が悪い物を吸引すると、自然に吐き出すでしょう。しかし口から吐き出すことが難しかった時には、残念ながら腸内に到達する事になります。そこで皮膚の表面から吐き出す選択肢が浮上する訳です。

それで口から吐き出された物を想像すると分かりやすいですが、正直それはあまり快適な物ではありません。口から出てきた痰によって、皮膚に対する炎症が生じる事は、大いに想像できるでしょう。皮膚表面から出てきた物によっても、やはり肌に炎症が生じてしまう訳です。それで痒みなどの症状が発生する事になります。

したがって新築住宅の壁などに毒物が使用されていれば、当然皮膚の表面からデトックスが行われる事になるのです。つまり環境毒が、皮膚表面に悪影響を及ぼしている事になります。

アトピーが悪化するかはその住宅次第

では新築住宅に居住すると、果たしてアトピーが悪くなってしまうかと言うと、正直それは住宅次第と言えるでしょう。そもそも住宅は、必ずしも環境毒の問題が完璧であるとは限りません。建物によっては、たまに問題が見られる事はあります。

新築住宅の壁にあるアルデヒドが多ければ、当然デトックスで皮膚の表面が悪化するでしょう。逆に新築住宅によっては、かなりその濃度が低い事はあります。住宅メーカーとしても、「当社ではアルデヒドの基準はクリアしていますから、大丈夫ですよ」などと強調している事もたまにあるでしょう。

人によっては何か事情があって、新築住宅に引越しをする事はあります。そういう時には、ちょっと上記の環境毒に着目してみると良いでしょう。基本的に濃度が低めな新築住宅なら、アトピーが生じる確率は低めになる事が多いからです。様々な会社を比較してみて、一番毒が少ないと見込める物件を選ぶのが良いと思われます。

スポンサーリンク

シックスハウス

住宅内の環境がアトピーに影響を与えてしまうかどうがは一定基準をクリアしているか否かが、1つのポイントになるでしょう。そもそもアトピーは、室内にある物質とは密接な関連性があるのです。部屋の中には、たまにネガティブな物質が存在する場合があります。体がそれに反応してしまう事により、痒みなどの症状が生じてしまうケースも、しばしばある訳です。

それでここ最近では、シックハウスという表現が使われるようになってきました。残念ながら一部の住宅の中には、ややネガティブな物質が存在して、体がそれに反応するという意味合いになります。

それで昨今の住宅会社では、そのシックハウスにも少々過敏になっている一面があるのです。何せ新築住宅に居住した結果、居住者に対して体調不良が生じてしまった時には、住宅会社の責任問題になってしまう可能性があります。それは大変困る訳です。

それゆえに住宅会社としては、最近ではシックハウス対策を心がけている場合があります。そして住宅会社としては、シックハウスに関する基準を守っているケースも多いのです。そもそもシックハウスにしても、やはり国が定めた基準があります。それをクリアしている住宅ならば、時には大きな問題が発生する確率も低いのです。

住宅会社の基準尊守などを確認

もちろんそれも、住宅会社次第です。きちんと基準を守ってくれている住宅会社ならば問題ありませんが、残念ながら中には守っていない会社も存在します。もちろん基準を守っていない会社ですと、アトピーの症状が悪化してしまう事があります。新築住宅に入居したので問題無い筈だったのに、アトピーが生じてしまったという事例もたまに確認されているからです。

したがってアトピーが少々心配で、シックハウスが気になる時には、新築の住宅会社の基準尊守などを確認してみると良いでしょう。きちんとした会社ならば、シックハウスに関する基準を守っていますから、アトピーになる確率は低くなると考えられるからです。

そして何よりも大切なのが、新築住宅を提供する各会社をよく比較する姿勢です。そもそも1つの会社だけで判断しようとすると、失敗率も高まってしまいます。原則としては複数の会社をよくよく比べた上で、最もアトピーになる確率が低い会社を選ぶと良いでしょう。

やはり比較検討は、新築住宅を選ぶ時の重要ポイントになる訳です。逆にそれできちんと新築物件を選ぶ事ができれば、大きな問題が発生する確率も低くなる傾向があります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーにドテラのオイルが効果

ドテラといっても衣類ではありません アトピーによる症状を何とかしたい時には、しばしば特定製品に

記事を読む

アトピーの痒みを爪楊枝で軽減

アトピーの原因はさまざま 痛みはある程度我慢できても、痒みは大人でも我慢できないものです。ひと

記事を読む

アトピー対策グッズ 掃除機と除湿器

アトピーとダニ アトピーは、とても厄介な症状を伴う事は間違いありません。肌の見栄えが大きく悪く

記事を読む

アトピーとマラセチア

皮膚表面にマラセチア アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、

記事を読む

アトピーがかゆい時には亜鉛の摂取

亜鉛不足しがちな日本人 日本人の方々は、特定の栄養分が不足している傾向があります。亜鉛などは、

記事を読む

アトピーと匂いについて

汁は皮膚を直すため 汁は炎症が起きてる皮膚を治すため出ていて、それを止めようとするのは治癒を遅

記事を読む

アトピーとオリーブオイルが効果あり

アトピーにオリーブオイル 痒くてたまらないアトピー、痒みを止めるためにステロイド剤の処方など受

記事を読む

ピーリングはアトピーに効果あり?

アトピーで色素沈沈殿 肌表面は、非常に目立つパーツです。それで中には、肌に対する色合いで悩んで

記事を読む

鉄分不足も過剰摂取もアトピーに悪影響

鉄分が不足すると 肌に対する痒みの症状は、栄養状況と無関係ではありません。特定の栄養分が不足し

記事を読む

ポテチを食べすぎてアトピーに?

太りたくないけどポテチを食べたい 娘は赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で、脱ステロイドのために

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑