目の周りはアトピー注意

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

目の周りはアトピー要注意


皮膚に対して痒みが生じる事はしばしばありますが、そもそも皮膚には様々なパーツがあります。脇の下やスネ付近など色々ありますが、中には痒み症状が発生しやすい箇所もある訳です。

結論を申し上げると、目の周りなどは要注意パーツと言えます。そこに対する刺激などは、普段から気を付けた方が良いでしょう。そもそも顔という箇所は、実は意外とアトピーが生じる確率も高めです。

一般的に目の周辺などは、どうしても痒み症状が発生しやすい傾向があります。そして非常に目立ちやすい箇所である事は、ほぼ間違いありません。そもそも人間の各パーツには、目立ちやすさに関する違いもあるでしょう。あまり目立たないパーツもあれば、かなり露出頻度が高い箇所もあります。目周辺は、明らかに目立つパーツと言えるでしょう。

それでなぜ目周辺にアトピーが生じやすいかというと、純粋にデリケートさの問題です。そもそも各箇所は、それぞれデリケートさに関する違いがあるのです。上記でも少し触れたスネ付近などは、実はあまりデリケートと断言できない一面があります。むしろ比較的問題が発生しづらいパーツです。

目の周りはこすらない

ところが目周辺というのは、とても皮膚が薄くなっています。膜が薄いと、当然問題が発生する確率も高まる訳です。どうすれば良いかというと、まず普段のタッチには気を付けた方が良いでしょう。人によっては、無意識の内に目周辺を擦ってしまっていますが、当然それは良くありません。

スポンサーリンク

ただでさえデリケートな箇所ですから、こすってしまう事により、アトピーに関する問題が生じる確率が高まってしまいます。それゆえに、普段から目を擦らないように強く意識する事が大切です。つまり極力タッチしない方が良いパーツと言えます。

それと普段の洗浄方法も、実はアトピーと大きな関連性があるのです。上記でも触れた通り、とにかく目周辺はデリケートです。それで洗浄する時に強くこすれば、もちろん問題が生じる確率も高くなります。したがってソフトタッチで洗浄するよう心がけた方が良いでしょう。

また普段用いる洗浄剤なども、少し気を使った方が良いです。市販の洗浄剤によっては、目に対する刺激がかなり強い事もあります。もちろん強い刺激などは、アトピーの症状をさらに悪化してしまう傾向があります。やはり刺激が強いタイプの洗浄剤を用いてあげる方が、目周辺の問題も解決されやすくなるでしょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

えごま油に含まれるαリノレン酸はアトピーを抑える働きがあります

アトピーにえごま油が効果あり 最近、アトピーの改善にはえごま油が良いと注目されるようになってい

記事を読む

アトピーと爪について

血行不良と爪の状態 あらゆる病気は血液の流れが悪くなれば起きて、アトピー性皮膚炎も血行不良が一

記事を読む

老人になったらアトピーは治る!?現代病を克服するためのポイントとは

食生活の変化 今アトピーに悩んでいるあなたは、何歳くらいでしょうか?アトピーは悪化すると仕事や

記事を読む

アトピーとヘルペスについて

厄介なヘルペス 皮膚に関連する厄介な症状の1つに、ヘルペスがあります。唇などによく生じる症状の

記事を読む

アトピーとマラセチア

皮膚表面にマラセチア アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、

記事を読む

アトピーにとってチーズのメリットとデメリット

乳製品に含まれるガゼイン アトピーは、当然ながらアレルギーの1つになります。それでアレルギーが

記事を読む

産後アトピー対策

出産後にアトピー発症 出産は女性にとって人生のビックイベントの1つで、出産を機にいろいろなこと

記事を読む

アトピーの対処方法~濡らさない、こすらない、叩かない~

アトピーの対処方法 アトピーに対しては、こすらず濡らさず抑えず冷やさず叩かないということを守っ

記事を読む

アトピーにびわの葉が効果あり

びわは春から初夏にかけて、実が出回ります。実はとてもおいしいので、好きな人も多いのではないでしょ

記事を読む

りんごのパワーでアトピーを改善!その理由と食べ方は?

リンゴの効果 アトピー性皮膚炎というのは、皮膚のかゆみを起こし、肌の調子を妨げる症状が続きます

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑