アトピーと焼き肉について

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

肌と腸内環境

yakiniku
昨今では、肉類はあまりお腹に良くないという話がよくクローズアップされています。テレビの特集番組などでも、たまに肉類の悪影響に関して解説されている事があるでしょう。

焼肉はお腹に対しては、良くない影響はあります。ところで人によっては、強い痒みで悩んでしまっている場合があります。夜の時間帯になりますと、決まって肌が強く痒くなってしまい、眠れなくなってしまう事さえあるのです。当然それでは、毎日の仕事などにも大きな支障が生じるでしょう。つまりアトピーで悩んでいる方々も、中には居る訳です。

それでよく言われる事ですが、肌は腹内環境とは無関係ではありません。そもそもお腹と肌表面という2箇所は、まず間違いなくつながっています。血管で接続された状態なのですが、当然腹内の悪化などは、肌の表面にも出てきてしまう傾向があります。その結果として、上記のような強い痒みが生じてしまうケースも多い訳です。

飽和脂肪酸

ところで焼肉は、腹内環境にはあまり良くありません。なぜなら焼肉の中には、飽和脂肪酸と呼ばれる物が入っているからです。それで飽和脂肪酸は、それ自体はあまり毒などが含まれている物ではありません。むしろ人間に対しては、それなりに必要な物ではあります。

ところが脂肪酸は、残念ながら消化の悪さに関する問題点があるのです。そもそも日常食材は、必ずしも消化が良いとは限りません。中にはあまり良くないタイプもある訳ですが、飽和脂肪酸がその1つという事になります。

言うまでもありませんが、あまり消化に良くない物を多く摂取してしまえば、それだけ腹内環境が悪くなってしまう事だけは間違いありません。すなわち焼肉は、腹内環境を悪化させてしまう事も多い訳です。

それで上記でも少し触れた通り、腹内環境はアトピーと大きな関連性があります。腹内環境が悪くなってしまえば、やはりそういったネガティブな症状が生じる確率も高まる訳です。

人によっては、普段から毎日のように焼肉を食べている事があります。それに心当たりがあって、しかも毎晩肌の表面が痒い時には、ちょっとそれは控えた方が良いでしょう。

ただし全く肉類を食べない事も、実は問題です。確かにそれが肌の痒みを引き起こしてしまう事はありますが、肉類を全然食べなければ、今度はまた別のネガティブな症状が生じてしまう場合があります。したがって肉類は、適量で食べる分には問題ありません。過剰摂取はアトピーを引き起こしてしまう可能性がある訳です。

最近注目度が高まっているアラキドン酸

日常生活でよく見かける食材によっては、ややネガティブな成分が入っている場合があります。それで悪い状態が、それで更に悪化してしまう事もあるのです。

スポンサーリンク

ちなみに人によっては、アトピーに関する症状で悩んでいる事はあるでしょう。とにかく肌の表面が痒くて仕方が無い上に、見た目に関する問題が生じてしまう事もあります。日常生活に大きな支障が生じてしまう訳ですから、やはり何とかしたいと思うのは自然な発想です。

では具体的には何がネガティブなのかと言うと、焼肉が挙げられます。焼肉自体は、非常に大きな悪影響が生じるという訳ではありません。しかし焼肉の中に含まれている特定成分が、痒みを悪化させてしまう事があるのです。

焼肉には、それこそ多彩な成分が含まれています。中でも最近注目度が高まっている物は、アラキドン酸です。アラキドン酸は、実は健康をキープする為には必要な成分ではあります。血圧を上手く調整してくれる働きもありますし、肝臓に対してポジティブに働きかけてくれるからです。したがって焼肉を適量で食べる分には、実はそれほどネガティブな影響はありません。

適量が大切

ところが、やはり量が多すぎれば大きな問題も生じてしまう訳です。エネルギーとしての量が多すぎるからです。そもそも体内には、実は目に見えないアクセルとブレーキがあります。アラキドン酸という成分は、どちらかと言えばアクセルに該当する訳です。

焼肉を食べると、どこからともなく活力が生じてくるでしょう。あれはアクセルがエンジンに働きかけて、体が活性化するからです。だからと言って、あまり量が多すぎる状態も禁物です。無闇に腹内が活発になり過ぎてしまえば、いわゆる暴走状態に近くなってしまいます。当然それでは、抗体などに対しても様々なネガティブな影響が生じてしまう訳です。

アクセルが強く踏まれ過ぎているので、結果としてアトピーが生じてしまうというイメージになります。アトピーの症状が更に悪化する可能性はありますから、できるだけそれは控える方が望ましいでしょう。

ただ誤解を招きがちですが、焼肉は適量ならば問題無い訳です。全く焼肉を食べないと、やはり様々なネガティブな症状が発生する確率は高まります。焼肉を食べるにしても、せいぜい1週間に1回程度にとどめておく方が良いでしょう。やはりそれ以上の回数となると、少し多すぎると考えられます。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

アトピーとワキガの関係とは

ワキにアトピー アトピー体質があります。私のアトピー体質の症状が年齢が低い時の方が酷くて、30代4

記事を読む

子供のアトピーと老人性アトピー

アトピー関連の本を読み漁る 私の娘が幼い頃は夏場など汗ばむ季節に入ったら腕の内側や膝の内側があ

記事を読む

アトピー性口唇炎

アトピーの症状が唇に現れることもあります。それをアトピー性口唇炎といいます。症状は乾燥して皮が剥

記事を読む

りんごのパワーでアトピーを改善!その理由と食べ方は?

リンゴの効果 アトピー性皮膚炎というのは、皮膚のかゆみを起こし、肌の調子を妨げる症状が続きます

記事を読む

アトピーの対処方法~濡らさない、こすらない、叩かない~

アトピーの対処方法 アトピーに対しては、こすらず濡らさず抑えず冷やさず叩かないということを守っ

記事を読む

アトピーとパック

肌の健康を守るパック アトピーの特徴として、お肌が乾燥しやすくなっています。アトピー肌は、通常

記事を読む

アトピーで苦しんでいた彼女も今は幸せに

彼女とは30年来の付き合い 私が彼女に出会ったのは、生まれてすぐの30年前。もともと親同士が仲

記事を読む

アトピーと唇について

アトピーとヘルペス 唇というパーと唇についてーツは、デリケートな一面があります。状況によっては

記事を読む

アトピーに筋トレは有効?

アトピーと新陳代謝 アトピーの悩みが深刻な時には、思い切って筋トレを心がけるのも一法です。なぜ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑