アトピーに良い効果をもたらすゴーヤ

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

栄養豊富なゴーヤ

go-ya
「栄養豊富な『万能野菜』は?」という質問に対し、絶対に上位に上がってくるだろうと予想できるゴーヤ。

ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、葉酸、カリウム、βカロテン、ミネラルなどを豊富に含み、「癌予防」「肥満体質改善」「糖尿病予防」「動脈硬化予防」「疲労回復」といいとこだらけのゴーヤですが、お肌にもいいんです。アトピー性皮膚炎でお悩みの方は毎日食べたほうがいい、そんな野菜なのです。

ゴーヤがおすすめな理由

まず最初に申し上げたように、栄養価が高い分、他の効果も期待できるということです。
ビタミンC→レモンの約2倍
食物繊維→セロリの約30倍
鉄分→ほうれん草の約2倍
カルシウム→牛乳の約14倍
アトピーの為だけにゴーヤを摂取しつづけるのは少々つらいですし、肌以外に変化、改善が見られないのは寂しいことだと思います。また、アトピーにいいと言われる野菜だらけの食卓は少々味気ないでしょう。一つの野菜でたくさんの効果が見込めるのなら、それをチョイスしたほうが最善のはずです。

またゴーヤは熱に強い、というのがメリットがあります。様々な調理の仕方ができる、ということです。「でもうちの子、ゴーヤなんて苦いもの食べるかしら」と、アトピー性皮膚炎のお子様をお持ちのお母様は考えるかと思います。大人の方ならあの苦みが美味しい、と多数の方が言いますが、確かにお子様でゴーヤ好きというのはあまり聞きません。

ですが、ゴーヤを食する割合が一番の沖縄の子ならどうでしょう。ゴーヤが嫌い、という子は少ない、もしくはいないといっていいぐらいの確率なのではないでしょうか?食の好き嫌いは、「幼い頃から食べさせる」に影響があると断言できます。関西の方に納豆が苦手な人が多いのは、幼い頃に納豆が食卓に並ばなかったから、と言い切れます。

スポンサーリンク

つまり、ゴーヤが食卓に並ぶのは当たり前、という環境を作ってしまえばいいのです。昭和三十年以前はアトピー性皮膚炎はありませんでした。なぜ増えたのか?それは環境の変化です。自然環境、体内環境ともに汚染され、アトピーが発症し、今も急速に増えていると言えます。
だったら、今の環境に耐えられる身体を作ることが、アトピー改善への一番の近道とも言えるでしょう。

ゴーヤの美味しい食べ方

一番最初にお子様が口にするゴーヤを、美味しい料理にする、ことが重要になります。最初に食べたのが苦みたっぷりのものなら、さすがにゴーヤ好きにさせるのは厳しいでしょう。かと言って無理矢理食べさせるのも、心が痛むことだと思います。そして大人の方もゴーヤにいいイメージがない方は、「ゴーヤって美味しいな」と思えるような料理に巡り会わなくてはいけません。

ゴーヤを3~7ミリ幅に切り、ボールに入れて 塩水にひたす(10分放置)これがコツのようです。もちろん苦みが好き、という方もおられるでしょうが、ゴーヤチャンプルー、ゴーヤの天ぷら、ゴーヤチップス、と何を作るにもまずは苦みを取ることをおすすめします。

どうしても苦手という方は

「いろいろなかたちで調理してみたけれど、やっぱり苦手」という方は、ゴーヤ化粧水というものもあります。アトピーはとにかく肌が敏感な状態になっている、ということなので、基本化粧水はNG商品が多く、あまり勧められていません。ですが、ゴーヤ成分の化粧水はアトピーの方にいい、と堂々と広告しているので一度試してみてはいかがでしょうか?

このようにゴーヤにはお肌にいい成分がたくさん含まれ、体内環境を変える大きな力を持っております。「頼れる皮膚バリア」とそんなイメージのゴーヤは、アトピーで悩む方々に非常におすすめの食材です。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピーにヨモギが効果あり

よもぎはアトピーに効果あり ヨモギがアトピーに効果があります。ヨモギというのは、道端によく生え

記事を読む

アトピー改善にハーブが効果あり

ハーブでストレス軽減 アトピーは正式名称「アトピー性皮膚炎」と呼ばれ、その治療法は様々なものが

記事を読む

アトピーには緑茶や柿の葉茶が有効

抗ヒスタミンをやめて緑茶  アトピー性皮膚炎で処方される抗ヒスタミン剤には、眠気を誘発する副作

記事を読む

アトピーの症状がおでこにでるのは・・・

おでこのかさつき おでこのアトピーがカサついて直らない時は場合によってかゆくなったりすることも

記事を読む

酸性水でアトピー改善

高校生でアトピー 小さいころから肌は弱くて、肌荒れやできもやあせもがよくできる方でしたがアトピ

記事を読む

アトピーの人が永久脱毛するメリット

ムダ毛と痒み 皮膚表面にあるムダ毛は、痒みとは密接な関連性があります。あまりにも痒みが強い時に

記事を読む

かゆいアトピー対処法

かゆい時は冷やす アトピーはとてもかゆいものですが、かいてしまうと肌が荒れて余計症状が悪化しま

記事を読む

アトピー肌用の入浴剤を実際に試してみた

アトピーや乾燥肌でかゆい アトピーはかゆいし、見た目もあまりよくないのでなるべく早く治したいも

記事を読む

アトピー肌には麦茶が合う気がしています

学生の時は麦茶をよく飲んでいました アトピー体質になってから20年くらいが経過しています。私が

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑