味噌汁がアトピーに効果あり

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

味噌汁がアトピーに効果

miso
アレルギーに関する症状は、腹内とは無関係ではありません。お腹の中の環境によっては、様々なネガティブな症状が生じてしまう訳です。
ところで人によっては、普段から肌が痒くて仕方が無い事があります。あまりにも痒みが強いので、夜中に目が覚めてしまう方々もたまに見られるのです。

痒みが強ければ、少なくとも日常生活に多大な影響が生じる事だけは間違いありません。それだけに、人々は何とかしてそれを解決したいと考えています。

ところで味噌汁は、アトピーに対しては一定の効果が期待できる料理です。なぜそれが効果を発揮するかと言うと、まずアレルギーが生じる原因を理解する必要があります。

上記でも触れた通り、腹内環境は悪くなってしまう事はあります。老廃物などが蓄積されている方々も見られますし、人によっては悪玉菌が増加している事もあります。

それで腹内環境が悪化しますと、どうしてもお腹の中に生息する抗体なども、ネガティブな状態になりやすい訳です。いわゆる暴走状態になってしまい、上記のような痒みなどの症状が生じてしまいます。

アトピーは食材に気を付ける

このため痒みがとても辛い時などは、やはり腹内環境を改善させる事が望ましい訳です。何らかの方法でお腹の環境が良くなれば、それだけ抗体も正常な状態に近づきます。

それで腹内環境を改善させるためには、食材を心がける必要があるのです。身近な食材によっては、お腹に対してポジティブな効果が期待できる物も幾つかあります。その一例が、上記でも触れた味噌汁と言う事になります。

あまり知られていない事ですが、味噌汁の中には酵素が含まれています。いわゆる消化吸収などをサポートしてくれる食材ですから、それはお腹に対してもポジティブな効果が期待できる訳です。したがって痒みが強い時などは、味噌汁は大いに推奨されるでしょう。

普段あまりそれを飲んでいない方々は、ちょっと飲んでみるのが良いと思われますが、ただし摂り過ぎには注意してください。確かに味噌汁は、それなりにポジティブな効果はあります。しかし摂り過ぎてしまいますと、今度は塩分過剰になってしまう確率が高まるのです。

必然的に高血圧になる確率も高まりますから、やはり摂り過ぎは良くありません。せいぜい1日1杯や2杯程度にとどめておくのが、妥当と言えるでしょう。また味噌汁にも様々な種類があり、添加物を多く含む味噌汁は、かえってネガティブな効果が懸念されますから、注意が必要です。

アトピーの主人に味噌汁

うちの主人はアトピーです。アトピーだけに限らないのですが、食事は、和食中心の野菜をたくさん取り入れたメニューが良いと聞き、食事を作るときには気をつけるようにしています。ですが、主人自体が、肉料理や揚げ物などを好んで食べ、私が体に良いだろうと考えて作った料理にはあまり箸が進みません。そんな中で、味噌汁は主人が好んで食べてくれるものなので、毎日1回以上は我が家の食卓には並びます。

スポンサーリンク

味噌汁がアトピーに良いと言われているのは、味噌などの発酵食品は、腸内環境を整える酵素や乳酸菌を豊富に含んでいる食品だからです。腸内環境が良くなると、アトピーは改善されると言われています。毎日食べるものなので、味噌はできるだけ天然醸造のものを使うようにしています。少し値段が高くなりますが、アトピー改善のためにもできるだけ有害物質がなく腸内改善の効果が期待でき、そして美味しいのですから仕方ありません。

味噌汁を作る中で、味噌の他に気をつけなければならないのは、「だし」です。インスタントだしは手軽で便利ですが、化学調味料がたくさん使われています。化学調味料をとっていてはアトピーの改善は見込めません。鰹節や昆布、干しシイタケ、煮干しなどからとった天然だしを使いたいものです。

昆布や煮干し、干しシイタケは水に一晩つけておくだけでも「だし」が取れますので、慣れてしまえばそう手間も掛かりません。それでも「だし」を取るのが面倒な場合や、急ぎで作らないとならない場合には、市販の天然のだしパックやかつお粉、昆布粉などを利用しましょう。

良質の味噌と天然だしで味噌汁を作るのですが、味噌汁を作る際に気をつける点があります。それは、グラグラと煮立ったところに味噌を入れないことです。昔から、煮え立ったところに味噌を入れると風味が飛ぶと教わってきましたが、それだけではないのです。煮え立ったところに味噌を入れると、味噌に含まれる酵素の成分が無くなってしまうのです。

味噌を入れる前にはお鍋の火を消して、少し温度が下がったところで入れましょう。そうすれば、風味豊かで栄養豊富な美味しい味噌汁ができあがります。味噌汁の良いところの一つに、具材を選ばない点があります。どんな食材を入れても美味しい味噌汁ができあがります。今日の献立は少しお野菜が少ないかなと思ったら、味噌汁にいろいろなお野菜をたっぷりと入れてあげればオーケーです。

少しボリュームが欲しいときには豚汁にしてあげたり、海のものが欲しいときには、ワカメやアサリを入れることもできます。味噌汁は一つの料理ですが、具材や味噌の種類を変えることでそのレパートリーは無限に広がり、決して飽きが来ることはありません。味噌汁が主人のアトピーに効果を発揮しているかどうかは、はっきりとはわかりませんが、健康に良いだろうことは間違いないので続けていこうと思います。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

産後アトピー対策

出産後にアトピー発症 出産は女性にとって人生のビックイベントの1つで、出産を機にいろいろなこと

記事を読む

アトピーにいい水と避けたい水

良い水を摂取する アトピー解決を望むならば、食生活が大切にな事は間違いありません。それ1つで、

記事を読む

アトピーとヘルペスについて

厄介なヘルペス 皮膚に関連する厄介な症状の1つに、ヘルペスがあります。唇などによく生じる症状の

記事を読む

アトピーとハッカ油について

はっか油をスプレー スプレーボトルに水を入れてかゆい所にシュッとふきかけましょう。すっとかゆみ

記事を読む

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピーとワキガに関係はあるの!?対策はとにかく〇〇〇すること

アトピーとワキガ アトピーに悩む人は、かゆみだけではなく見た目でもコンプレックスがありますよね

記事を読む

アトピーとほうれい線について

ほうれい線は老けて見える 頬近くには、ほうれい線と呼ばれるものが形成される事があります。見た目

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは・・・

アトピー性皮膚炎とは アトピーという言葉は、現在一般的になりほとんどの人がしっている言葉だと思

記事を読む

目の周りはアトピー注意

目の周りはアトピー要注意 皮膚に対して痒みが生じる事はしばしばありますが、そもそも皮膚には様々

記事を読む

アトピーと焼き肉について

肌と腸内環境 昨今では、肉類はあまりお腹に良くないという話がよくクローズアップされています。テ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑