アレルギー改善に効果がある減感作療法

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

減感作療法

are
アトピーで悩んでいる方は、一生このアトピーと付き合っていかないといけないと思っている方も多いことでしょう。アトピーはアレルギーを起こしやすい人がなりやすく、外からの刺激に対して免疫が過剰に反応してしまって、不必要に炎症が起きてしまう症状です。

本来なら、外からの刺激から身を守るのに免疫はとても大切は働きを持っていますが、アトピーの人はもともと肌のバリア機能が弱いことが多く、刺激に対して過敏になってしまうことが特徴です。

ですから、肌のバリア機能を補ってあげること、刺激を与えないことがアトピーを悪化させないためには大切だといえます。でも、それだとずっと自分のアレルゲンを知った上で、そのアレルゲンを避ける生活を続けないといけません。

減感作療法というものがアレルギー改善に効果があります。減感作療法は、唯一アレルギー疾患を治療することができる方法だと言われているものなんです。アトピーは外からの刺激に対して免疫が過剰に反応してしまい、炎症がおきてしまうと書きました。

減感作療法では、免疫が過剰に反応しない程度にアレルゲンを少しずつ体内に入れていき(刺激を与え)、それを量を増やしながら続けていくことで、刺激に対する反応を抑えていきます。刺激に対して免疫が過剰に反応さえしなければ、炎症も起きなくなり、アトピーを抑えることが出来るという訳です。

スポンサーリンク

減感作療法の問題点

治療としては、まずアレルゲンの特定をする必要があります。そしてその人に合わせて、慎重にアレルゲンの量を調整して、少しずつ体内に入れていきます。その方法としては、注射による方法と、舌下免疫療法といってアレルゲンを含むエキスを舌の下に滴下する方法があります。

この治療ですが、魔法のような治療に感じますが、問題点もあります。この治療を行ったすべての人に効果があるという訳ではないこと、少量とはいえアレルゲンを体内に入れるわけなのでアレルギー症状が起こる可能性があること、そして何より効果を実感するまでには長期の通院が必要になってしまうことです。

また、アトピーの場合、汗やかきむしりなどの刺激によっても誘発されてしまうので、特定のアレルゲンによるアレルギー症状を治したからと言ってアトピーが完全によくなるわけではないのも問題点と言えます。

ですので、肌のバリア機能を低下させないように、摩擦などの刺激を与えないといったことも必要ですし、アトピー症状が出てしまった時はステロイド剤のしようなど、従来の治療を併用する必要もあります。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

私のアトピーは海水ではよくなりませんでした

私には海水治療は合いませんでした 物心がついた頃から、酷いアトピー肌に悩まされています。主に間接や

記事を読む

アトピーの原因はストレスでした

小さいころからアトピーでした 私は小さいころから、アトピーに悩まされていました。シャンプーやボディ

記事を読む

アトピーは乾燥肌が7割

長年アトピー肌と付き合ってきたので、自分にあうケア法方を見つけることができました。私が実践してみて効

記事を読む

包帯とばんそうこうがアトピーに効果がありました

ステロイドは使用しない 息子が1歳過ぎからアトピーになり、それからは毎日アトピーと戦い続けてい

記事を読む

アトピーの人が避けたい飲み物といい飲み物

アトピーの人が避けたい飲み物 アトピーを治そうと努力している人は、食事に気を使っている場合が多

記事を読む

幼い頃からアトピーがひどかった私

生まれて数カ月でアトピー 私は生まれて数ヶ月の検診で、アトピーと診断されました。幼稚園の頃は特に肌

記事を読む

アトピーにワセリンはどう?

アトピーは2歳から 子どもは2歳の時にアトピーだと指摘を受けました。医師からはアレルギーの検査はま

記事を読む

体質改善でアトピーも改善

体質改善でアトピーも改善 42歳男性会社員です。5人家族で子供は小学生ですが、家族でアトピーがある

記事を読む

アトピーに苦しんだ思い出

寝ている間に掻き毟る 私は小さい頃から中学卒業まで酷いアトピーに悩まされました。アトピーは見た

記事を読む

アトピーはチャンスだ

13歳からアトピーでした アトピーは辛い、それは間違いないが「チャンス」にもなる。アトピーは僕

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑