アトピーの人は髭剃りの時に注意する

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーの人は髭剃りに気を付ける

kamisori
アトピー性皮膚炎の方は肌が基本的に弱いです。外部からの刺激に弱い状態で髭剃りをすると、さらに肌が弱くなってしまい、ボロボロになりますので、髭剃りだけではなく、普段のお肌の手入れは普通の人よりも入念に行わなくてはいけません。

カミソリや電気シェーバーで髭をそるときに肌を傷つけてしまいやすいので、注意しなければなりません。カミソリによる刺激で、白い粉がボロボロろ落ちてくることがあります。これはアトピー部分が乾いてかさぶたのようになるからです。

その皮膚の残りがカミソリを当てた時に髭と一緒に削れてしまい、皮膚の粉となって剥がれ落ちるのです。アトピー性皮膚炎の方は皆さんが体験したことだと思いますが、粉を吹いてそれが剥がれると黒っぽい服を着ていた場合、粉が非常に目立ってとても恥ずかしい気持ちになることもあります。

髭剃り用のジェルを使用

それを避けるためには、なるべく粉が吹かないように髭剃りをしなければなりません。そのためには髭剃り用のジェルを塗るところから始めてください。

私も同じ症状に悩んでいて、朝の忙しい時間帯に髭剃りのせいで粉を吹いてしまったら、それだけで一日が憂鬱な気分になっていたんです。ところが、髭剃り用のジェルというものは肌を保護し、滑りを良くしてくれるだけでなく、その後の肌の保護も行ってくれるので、肌が水っぽくなった状態で髭を剃ることになります。

スポンサーリンク

するとどうなるかというと、剃る時の刺激がほとんどなくなるだけでなく、粉を吹かなくなるのです。剃り終わった後はそのまま顔を洗い、タオルなどで吹けば一日中、水っぽい肌になるジェルなども発売されています。

アトピーの人にとって顔は命です。刺激に弱い肌の場合、かえってジェルを顔に塗ることによりアトピーが悪化してしまうことがありますので、もしも肌に異常を感じた場合は医師の診断を仰ぎ、それ以上悪化しないようにしてください。

さて、アトピーの人が髭を剃るという簡単な行為は、それだけで肌の死活問題に発展するということがお分かりいただけたかと思います。実は顔だけでなく、女性の場合は手足やデリケートゾーンなどの脱毛も同じことが言えるのです。アトピーが発症している時に無理やり脱毛や剃毛を行うと、その刺激で肌が赤くなったり痒みが酷くなる場合があります。

こういう時は無理に肌を傷つけず、その部分のアトピーが良くなってから脱毛や剃毛を行うようにしてください。アトピー性皮膚炎は厄介な病気ですが、髭剃り時には髭剃り前に温かいタオルで毛穴を開かせたり、ジェルを塗ったりして優しく肌を扱っていきましょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

唇のアトピーが辛い!自然素材のリップケアで改善してみよう

唇にアトピー アトピーは体のいろいろな場所に出てしまうので、見た目も気になりますし本当に困った

記事を読む

アトピーの人はラーメンを控えたほうがいい訳は?

アトピーと腸内環境 アトピーは、腸内環境と密接な還元性があります。一見何も関係無いと思われる皮

記事を読む

アトピーの部分は濡らさない

アトピーの部分は濡らさない アトピーの部分は、濡らさないことで少しずつ症状が改善していきます。

記事を読む

豆乳でアトピー改善

豆乳は低カロリーで植物性のタンパク質 アトピーの方は、食物アレルギーと大きく関係しているとこと

記事を読む

アトピーと漢方について

アトピーに漢方 私はアトピーには以前から悩まされていました。いつも同じ薬を購入して規則正しく薬

記事を読む

ペットの猫が原因でアトピーが悪化してしまった体験

ネコアレルギー もともと20代の頃からアトピー性皮膚炎にずっと悩まされてきました。食べ物のアレ

記事を読む

アトピー体質はアトピー同様、酸性水を取り入れて上手に生活を

アトピーに酸性水 アトピーは子供だけでなく、大人になってからでも発症する事がある病気のひとつで

記事を読む

コーヒーがアトピーによくない理由は?

大人のアトピーの原因は、いろいろあるといわれます。大別すると、間違ったスキンケアー、生活習慣、あるい

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

アトピーの人がうつになってしまう訳は!?その理由と改善方法

アトピーが発症しやすい2つのパターン アトピー性皮膚炎で悩む患者さんが最近増えてる傾向があって

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑