アトピーの私でも自信をもってキス。ステロイドよりもキス。

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

ステロイドよりキス

kisu
アトピーとはアレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)に体が反応してしまい、湿疹やぜんそく、鼻炎などを発症しやすい体質のことをいいます。ここでは、アトピーとキスについて説明していきたいと思います。

男女交際などをするときには、お互いの意思を確認しあうテストのように、キスをすることが多々ありますよね。アトピー治療には、ステロイドを使うより、キスのほうが、研究では効果があると認められました。これは、「イグ・ノーベル賞」という医学賞で認められました。その賞を受賞したのは、受賞したのは大阪府寝屋川市でアレルギーの専門クリニックを開いている木俣肇院長という方です。

アトピー性皮膚炎の人と、そのパートナーに30分間熱いキスをしたところ、アレルギー反応が弱まったと言います。その結果、キスをする前とする後ではダニやスギ花粉に対するアレルギー反応が大幅に抑えられるという結果が出ました。

しかし、抱き合うことでの効果は、確認されませんでした。性行為をするとキスと同じくらいの効果があることも確認されました。そのほかに、アトピー患者の人は、ストレスのない生活にも心がけが必要です。そのためにも、恋愛することが、改善する一つのきっかけになる可能性が高いです。

アトピーは恋愛や結婚の障害になると感じますか?

アトピーの方に対して行ったアンケートで「アトピーは恋愛や結婚の障害になると感じますか?」という調査を行ったところ、約7割の方が「はい」と答えました。しかし、交際または結婚した経験についてというアンケートでは、80%の方が「ある」と答えました。アトピーだからと自信を無くさなくても、一緒に理解しあっていけるパートナーは、世界には絶対いると思います。

よき理解者がパートナーになってくれたら、心強いですよね。アトピーの人に対するアンケートを調査をしたところ、「一緒に頑張ろう」や「気にならないよ」と言ってくれるだけで、心が楽になり、改善されたという結果も出ています。

アトピーには、キスが効果的だと紹介してきましたが、ハンドクリームでも効果はあるのかについては、ハンドクリームには界面活性剤などが入っているので、この界面活性剤は肌のバリア機能を低下させてしまうので、ハンドクリームを選ぶ際は、界面活性剤が入っていない肌に優しい商品を使った方がよさそうです。

体験談 異性と話せない日々

私は10代のころからアトピーに悩んでいました。あまりきれいではない、掻いてしまって赤くなった肌を見られるのがつらくて、良く下を向いて歩いていました。もちろん異性ともあまり話せない10代を過ごしていました。周りは、彼氏ができて、付き合って、デートをして、キスして、旅行などいって、などの話をきいて自分には縁がない話だなと決めつけていました。

スポンサーリンク

しかし、そんな私にも好きな人ができました。彼と一緒に課題や、話や、一緒に講義を聞くようになってから、どんどん好きになっていく自分をみつけたのです。

そして彼に好きになってもらえるように、自分ももっときれいになりたいと思うようになって、薄めだったメイクも、愛されメークを研究して、雑誌など買って、きちんとメークするようになったのです。

キスしたくなるようなピンクの唇を作ってくれる口紅や、可愛らしい目元を作ってくれるアイメイクなど、自分で初めてデパートの化粧品コーナーに行って、販売員さんにメイクをしてもらいながら、化粧品を購入する経験もしました。

そこの販売員さんが「とてもお化粧をして変わるお顔だから、どんどん可愛くなって、メイクしていて楽しいです、お化粧したほうがいいですよ」と褒めてくれたのです。私はアトピーで化粧なんてしっかりしてこなかったので、このように化粧品の販売の人に褒められてとても嬉しかったのです。

肌に優しい化粧品を選んでいけば、アトピーでもメイクは楽しめること、何もつけないほうが、肌によくないことなどいろいろと教えてもらって、綺麗にメイクもしてもらえて、とてもいい経験になりました。そしてデパートで一式化粧品をそろえて、自分でも愛されメークをするようになりました。

ついに彼とキス

そうしてメークをしっかりとして学校に行くようになって、彼が気づいてくれるようになりました。「なんか、可愛くなったね」と、彼に褒めてもらえるようになったのです。彼に会うたびにもっときれいになりたいと思うようになり、私の周りの友人も、私が可愛くなったと褒めてくれるようになりました。

そしてわたしは彼に告白をしました。とても緊張しましたが、思いを伝えたかったので、二人きりになったときに告白をしてしまいました。すると彼も「好き」と言ってくれて、お付き合いができるようになったのです。ずっと赤ら顔でアトピーで悩んでいた私に彼氏ができるなんてびっくりですが、アトピーでも優しい化粧品が会って、化粧ができて、綺麗になれるのだと分かって、そして可愛くなることができて、良かったと思っています。

彼とキスするときも、きっと化粧をする前だったら赤い肌が恥ずかしくてできなかったけれど、今は化粧をするよになって、近づかれても大丈夫になりました。メークは自分に自信をくれるのだと分かりました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーの炎症後に起こるほうれい線について

ステロイド治療をしてみましたが アトピー性皮膚炎は、大人になってから発症しました。子どものころ

記事を読む

アトピーと運動 悪化させないための4つのポイント

アトピーと運動について  適度な運動をすることは、アトピーを改善する為に有効な方法です。アトピ

記事を読む

アトピー体質改善で改善

高校1年生でアトピーと診断されました 私は生まれつきアレルギー体質であり、喘息、鼻炎、花粉症、

記事を読む

アトピー 塗り薬以外にも食事面も改善

プールから出た後が・・・  私は、小さい時から体力をつける為、喘息を予防する為に自宅近くのスイ

記事を読む

アトピーが狂わせた高校生活

高校生でアトピー 私は、高校の時に初めてアトピーになった。私が通っていた高校は昔から行きたかっ

記事を読む

毎日続けておなかを整えよう。乳酸菌でアトピー改善

アトピーと腸内環境 アトピーの人は、食生活にも気を配っていることと思います。その中でも、腸内環

記事を読む

ドラム缶1本のアトピーの薬

中学入学直前で治りました 私は今年42歳になります。今でこそ肌の体質が強くなったこと、そしてこ

記事を読む

赤ちゃんの時からアトピーでした

赤ちゃんの時からアトピーでした 今は二十歳を過ぎた息子ですが、赤ちゃんの時からアトピーと診断されて

記事を読む

アトピー日記を書いてみたら・・・

社会人になってアトピーが再び 子どものころからアトピー体質でした。しかし特にアレルギー等あるわけで

記事を読む

アトピーではない兄弟にも・・・

祖父母の愛情が・・・ 物心がついた頃から弟はアトピー性皮膚炎で苦しんでいました。皮膚は固くなり、痒

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑