アトピーではなく金属アレルギーかも

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーと金属アレルギー

haisha
体がかゆくなるのは、蕁麻疹やアレルギー、アトピー、かぶれなどいろいろな原因があります。かゆみを抑えるには、まず原因をはっきりさせることです。原因を特定させることで、対策が打ちやすくなります。

ここでは数ある痒みの中から、アトピーと金属アレルギーについて書いていきます。アトピーは原因の特定が非常に難しく、すぐには完治せず、一回治ったように見えても、しばらくしてからまた再発したりするので非常に厄介です。

金属アレルギーは、その名の通り金属によっておこるアレルギーです。金属アレルギーは、金属がアレルギーになっていることが分かりにくく、症状がでたら、アトピーと間違えてしまうこともあります。また、アトピーを金属アレルギーの両方を発症してしまうこともあります。

金属アレルギーの症状とアトピーの症状

金属アレルギーの症状とアトピーの症状は、荒れている肌だけを見ると非常ににているので、症状がでているところを見ただけでは、見分けえるのが難しいものです。

金属アレルギー

金属アレルギーは、汗で肌につけた金属が解けて体に取り込まれたり、虫歯の治療に使われる銀歯が唾液に溶けて、体に取り込まれてしまったりします。金属の原子はとても小さいので、それ単体では、アレルギーの症状が出るとは考えにくいですが、金属の原子が体内に取り込まれると、体内のタンパク質と結びついて大きな分子になることにより、体外から入った異物と認識され、アレルギーの症状がおこってしまいます。

金属アレルギーかどうか判別するのは、パッチテストが有効です。血液検査だけでは分からない場合もあります。パッチテストとは化粧品のテストなどでもよく行われていますが、肌に金属の成分を貼り、数日間にわたりそこに何らかの症状がでるかどうか調べる方法です。

分かり易い金属アレルギーと分かりにくい金属アレルギー

金属アレルギーは、肌に金属が触れるとおこってしまう症状で、ネックレスやピアスそして時計などによって引き起こされることが多いです。ですので、症状がでるのは女性が多いです。

スポンサーリンク

また金属アレルギーは肌に触れるだけでなく、歯の治療で使用される銀歯などでもおこることがあります。ネックレスやピアスなどは、肌に触れていたところに症状がでるので、非常に分かり易いですが、銀歯が原因の金属アレルギーは分かりにくいので厄介です。

銀歯などによる金属アレルギーの症状

ネックレスやピアスなどの金属アレルギーは肌に触れている部分に症状がでますが、虫歯治療などで使用される銀歯のアレルギーは、口の中に症状が現れる口内炎などの症状ももちろんありますが、口の中に症状が出るのは少数で、口とはまったく関係のない場所に症状が現れたりすることの方が多いです。

体中に虫刺されのような症状がでたり、手の平や足の裏などに、湿疹や水泡ができたりします。この症状の出る場所が口の中の金属アレルギーが分かりにくい原因です。

銀歯の金属アレルギーを改善させるには、口の中の銀歯を取り除くのがいいのですが、取り除くにあったて問題もあります。それは、歯医者さんで銀歯をとってもらって、セラミックなどのほかの材質のものに変えてもらうときに、保険の効かない材質のもので、高額な治療代がかっかてしまうことがあります。

銀歯などの金属を歯から取り除くときに、削ったりしたその削りかすが口の中から体内に取り込まれてしまい、アレルギー症状が出てしまいます。このように治療時に金属アレルギーの症状が一時的にひどくなってしまうこともあります。

また歯から金属を取り除いても、すぐには金属アレルギーが良くならず、症状が改善されるまで、少し時間がかかる場合があります。

金属はアクセサリーなど肌に直接触れている場合や、歯の治療物に金属が含まれている場合の他にも、食べ物から摂取してしまうこともあります。サプリなどに含まれていたり、缶ジュースなどを飲むと、缶の鉄分が溶け出していることもあります。それらも注意してみてください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーがかゆい時には亜鉛の摂取

亜鉛不足しがちな日本人 日本人の方々は、特定の栄養分が不足している傾向があります。亜鉛などは、

記事を読む

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

味噌汁がアトピーに効果あり

味噌汁がアトピーに効果 アレルギーに関する症状は、腹内とは無関係ではありません。お腹の中の環境

記事を読む

アトピーの対処方法~濡らさない、こすらない、叩かない~

アトピーの対処方法 アトピーに対しては、こすらず濡らさず抑えず冷やさず叩かないということを守っ

記事を読む

アトピーの人はお酒は飲めないの!?アトピーとワインの不思議な関係

アトピーとワインの関係 アトピーを少しでも治したくて頑張っている人は、食事制限とともにアルコー

記事を読む

アトピーと眉毛について

眉毛とアトピーの関係 アトピーは、眉毛には大きく関わる症状です。なぜなら眉毛の損傷などに関わっ

記事を読む

ヨガがアトピーに効く3つの効果と注意点

ヨガでストレス解消 アトピーを改善したいと望むなら、ヨガという手段があります。少なくともストレ

記事を読む

アトピー性皮膚炎にはりんごが効く

アトピーにリンゴ アトピー性皮膚炎とは、元々アレルギーを起こしやすい体質の方や、肌が弱い方によ

記事を読む

アトピーの人が下着を選ぶときに注意したいこと

下着の選び方 アトピー肌には、肌に優しい肌着を身に着けることが大切です。肌に優しい下着とは、汗

記事を読む

陰部も痒みにおそわれるアトピー

中学生からアトピー アトピーは今すごく患者さんが増えていると聞きます。わたしの周りでも何人かい

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑