アトピー性皮膚炎と毛細血管の関係

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

毛細血管の成熟化によって血流を安定化

mousai
血管の状態は皮膚以外に身体全体に影響が出ることがわかっていて、アトピー性皮膚炎と毛細血管の関係ですが、これは漏れやすい未熟な毛細血管が増えた状況で、紫外線に長時間当たれば炎症が起きて、新たな血管を増やし炎症物質を処理しようとしますが、皮膚炎はその状況が慢性的につづくのです。

そして掻くことにより血管の炎症が生まれ、未熟化毛細血管からどんどん血液成分が漏れて炎症を起こしてしまう悪循環に。これはどうしたらいいのでしょう?毛細血管の成熟化によって血流を安定化させましょう。

これを成熟させるポイントは壁細胞、内皮細胞がしっかり接着し中身が漏れにくい状態にすること。そして、具体的対策ですが、アンジオポエチンというたんぱく質、その受容体のTie2。アンジオポエチンがタイツ―を活性化させれば、血管構造が安定するのです。

色々な治療で利用されているステロイドですが、昔は悪魔の薬と言われてました。ですが今でもこれは利用されていて多くの患者を救っているもの。そしてアトピー性皮膚炎の治療で病院に行ってみればステロイド外用剤を処方されることが多々あって、人気のステロイド薬ですが、副作用はh知っておいて利用にあたり注意するポイントを押さえておくべきです。

毛細血管の拡張を少なくするには?

毛細血管の拡張を少なくするにはどうすればいいでしょうか?血管の血流を増加して目立つようになるから赤ら顔に見えてしまいます。皮膚が薄くても血管が目立ちやすくて、ほてって見えます。よくお酒を飲んだり寒いところから暖かなところへ逝けば赤くなります。

スポンサーリンク

そして、これは通常の温度差によるほてりと違って、持続性があって、アトピーの時なら炎症や薬の副作用など関与していて、皮膚バリアが低下してるか炎症が起きてるか、毛細血管が拡張する原因を1つづつ取り除くと、拡張を少なくさせられます。

アトピー治療で利用されるステロイドは毛細血管拡張の副作用があって、毎日顔にステロイド軟こうを塗る量が増加し、これを減らすか、強さを下げることを目標にしましょう。顔にアトピーがあり傷ができれば黄色ブドウ球菌など二次感染の炎症も考えられ、他には肌に直接つける化粧品、食べ物、花粉などがあります。

赤ら顔、アトピー両方あるときのスキンケアは、まず洗顔せっけんで、保湿力があって皮膚バリア低下を防ぐ石鹸を利用してみれば、肌の乾燥の炎症を防いで外部からの刺激に強くなるはずです。そして、低刺激なものを選んでいくことがだいじで、ピーリング効果があるのは肌が薄ければ逆効果になったりしますから、避けておいてください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

見た目が似ているアトピーと鳥肌

感動して鳥肌 鳥肌が立つというように、綿日立は寒さ、驚いたりする気持ちの変化で腕にアぶつぶつ泡

記事を読む

亜鉛不足がアトピーの原因?

亜鉛不足でアレルギーに 食物性アレルギーは亜鉛が不足している起こる? アトピー性皮膚炎になる原

記事を読む

アトピーの人のウエディングドレス選び

アトピーの人のウエディングドレス選び 結婚が決まり、結婚式の準備をしていたらふと気になることが

記事を読む

アトピーには○○風呂が効果あり

アトピーはお風呂の入り方で症状が良くなったり、悪くなったりします。お風呂のお湯は当然ですが、肌に

記事を読む

アトピーの痒みが出た時はウーロン茶を飲む

アトピーにウーロン茶 以前、私と同じくアトピー持ちの友人よりウーロン茶を飲むと痒みが軽減される

記事を読む

アトピーの人が下着を選ぶときに注意したいこと

下着の選び方 アトピー肌には、肌に優しい肌着を身に着けることが大切です。肌に優しい下着とは、汗

記事を読む

アトピー性皮膚炎・薄毛を改善しながら成長しよう

子供のころから全身がかゆい 私は小さなころからアトピー性皮膚炎を発症し悩まされてきました。子供

記事を読む

アトピーの人に餅っていいの?

アトピーと餅 餅は日本人には欠かせない食べ物の1つではないでしょうか。いつも口にするわけではあ

記事を読む

唇のアトピーを改善するにはワセリンがオススメです

アトピーの症状は人によって異なります。体の一部にしか症状が出ない人もいれば、全身に症状が出てしま

記事を読む

アトピー改善に効果のあるローズヒップティー

アトピー改善にローズヒップ アトピー改善にローズヒップは効果があります。なぜアトピー改善に効果

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑