アトピーとハッカ油について

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

はっか油をスプレー

supure
スプレーボトルに水を入れてかゆい所にシュッとふきかけましょう。すっとかゆみが引く感じがして、手軽に行える方法。汗ばんでかゆいところにスプレーで水をかけてふき取って見れば、冷やしてかゆみ軽減効果や肌を清潔にする効果両方行えます。

そして塩素が気になるかたは精製水が一番です。薬局で売っていて、温泉水のスプレーもおすすめ。肌にあったものを使いましょう。化粧水は肌に合うものを使わないとかえって刺激になって、かゆみが出てきます。おすすめは蒸留水にハッカ油を混ぜたものをスプレーすること。

小さい清潔なボトルに水を入れてそこへハッカ油2~3滴入れてよく振りましょう。これを患部へスプレー。これは水と分離しますから、スプレーするとき容器を振りましょう。そして目に入らないように注意。

また、保湿ケアの効果が高いのは入浴後。綺麗な容器に蒸留水、グリセリンをよく入れかき混ぜて、混ざればハッカ油を加えましょう。分量は蒸留水:グリセリン=8:2.分量が多ければ保湿効果があがりますが、スプレーは使いにくかったりべとつき感が出ることも。

ハッカ油は1滴でも効果があり、これは清涼感もあって、多すぎればスプレー時に体感温度が下がって寒くなったりします。

熱いシャワーに注意

アトピーの方は経験あるはずですが、あついシャワーを当てれば気持ちいいと感じたりしないでしょうか?熱いシャワーで皮膚に痛みを与えてるからかゆみを抑えてることに泣ていて、かゆみを発生させているのは軽いやけどを負わせてるようなもの。

スポンサーリンク

皮膚の再生にマイナスですから注意。そして、蚊に刺されたとき市販かゆみ止めを塗る方も多いですが、どうしてこれが効くのでしょうか?ほとんどの商品はミント、ハッカのメントール成分がスーッとした刺激成分が含まれて、軽い痛みなどとなり患部を刺激し続けるのです。

こうした市販のかゆみ止めが効果があるのは蚊に刺されたときに原因がわかっていて放置してもそのうち直る症状のみ。アトピーは患部が炎症してることもあって、一瞬効果を発揮するかもしれないですが、塗ったらかぶれを起こしてさらに悪化することが多いですから注意してください。

そして、かゆみの原因物質で挙げられているのがヒスタミンですが、これはほとんどの原因になっていて、食べる食べ物により大きく増加して、アトピー治療にこれを増やさない食事をすることが大事です。また、かゆみは脳からの信号で想像してかゆくなったりもします。ほかにはストレスなどで頭をかくこともあるでしょう
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー体質はアトピー同様、酸性水を取り入れて上手に生活を

アトピーに酸性水 アトピーは子供だけでなく、大人になってからでも発症する事がある病気のひとつで

記事を読む

りんごのパワーでアトピーを改善!その理由と食べ方は?

リンゴの効果 アトピー性皮膚炎というのは、皮膚のかゆみを起こし、肌の調子を妨げる症状が続きます

記事を読む

ムダ毛はアトピーにとってどうなの?

ムダ毛処理 ムダ毛が生えている人は、その状態を解消するために脱毛の施術を受けます。健康なお肌の

記事を読む

アトピーと殺菌について

アトピーに消毒 アトピーによる痒みに対しては、消毒などは一定の効果は期待できます。具体的には、

記事を読む

アトピーと黄砂

黄砂に注意 黄砂の多い季節になると、アトピーは一気に悪化します。黄砂は春先に多く、中国のほうか

記事を読む

アトピーと小麦粉について

アトピーの原因は小麦粉 アトピーは、食材とは密接な関連性があります。数ある食材の中には、アレル

記事を読む

アトピーで耳切れ?

気づかないうちに耳切れ アトピーの場合、耳切れが起こることが多く見られます。耳切れは、少し乾燥

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは・・・

アトピー性皮膚炎とは アトピーという言葉は、現在一般的になりほとんどの人がしっている言葉だと思

記事を読む

アトピーと虫歯の関係

アトピーと虫歯治療 アトピーは、実は虫歯とは密接な関連性があります。歯が痛い方々などは、しばし

記事を読む

アトピーの人が選ぶといいリップとは

唇がアトピー アトピーは体だけと思っている人も多いですが、実は顔にも出来る場合もあります。その

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑