アトピーでは砂糖をとりすぎない。お腹を壊さない果物。

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

果物ならいいというわけではありませんが・・・

kudamono
アトピーの原因は食べ物も大きく影響しています。暴飲暴食を避け、脂っこいものも食べすぎはよくないですね。チョコレートなどはよくアトピーにはよくないと言われていますがチョコレートは多量のバターと砂糖でできているからです。

砂糖をとりすぎると、胃の中の悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなります。腸内環境が悪くなると便秘になったり、肌荒れを引き起こしたりしますよね。普通の人でも甘いものはとりすぎてはいけないのですから、胃腸の弱いアトピーの人は気をつけなければいけません。

砂糖がだめなら果物ならいいかというと必ずしもそうではありません。もちろん人口甘味料や白砂糖を食べるよりは自然から作られた果物を食べた方がいいのですが果物もものによっては多量の糖分が含まれているので気をつけなければいけません。特に糖分の多い代表格の果物はブドウです。品種改良され昔のブドウと比べるととても甘く糖分がかなり多いです。

りんごやみかんなども食物繊維やビタミンなどが含まれているので適量食べる分にはいいのですが食べすぎると体に悪いです。昔と今では同じ果物でも品種改良され甘くなっているので食べる量にはきをつけましょう。

スポンサーリンク

果物を食べてもお腹を壊さないのは

どうしても甘いものを食べたくなったらお菓子よりも果物を食べたほうが体にはいいのですが、昔は甘いものを食べるとお腹を下すといっていたほどで甘い果物を食べると下痢になりやすいのです。

果物は糖分と一緒に水分もたくさん含まれていたりしますから下痢になりのも納得ですね。果物が好きだけどあまり食べてはいけない、我慢しすぎるのもストレスになって体によくありません。水分を取り過ぎないようにするにはドライフルーツです。

ドライフルーツは果物を乾燥させたもので4果物の栄養素が凝縮されています。あと固さがあるので噛んでいるうちに満腹中枢が刺激されて満腹感も得られます。昔はドライフルーツといえばプルーンくらいしかありませんでしたが最近はパイナップルやりんご、マンゴーなどもあります。しかし、食べる際にはドライフルーツに砂糖がまぶされていないか気をつけてください。

中には多量のグラニュー糖をまぶしてあるものもあります。砂糖などをまぶさなくても噛んでいるうちに甘く感じますから砂糖は必要ありません。日本に昔からある干し柿なんかも砂糖などは一切使っていなくてもとても甘いですよね。しかも歯ごたえもあって食べごたえもあるのでおすすめです

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーの人がトマトを食べることのメリットとデメリット

アトピーの人がトマトを食べるメリット トマトがアトピーにいい理由は、トマトの成分に含まれる成分

記事を読む

アトピーと漢方について

アトピーに漢方 私はアトピーには以前から悩まされていました。いつも同じ薬を購入して規則正しく薬

記事を読む

長女のアトピー咳が空気清浄機で改善

アトピーの咳 長女は3歳の冬頃から喘息が発症し、最初はもう息が詰まって死んでしまうのではないか

記事を読む

アトピーが原因でフケが増える

アトピーとフケ アトピーの症状と聞くと、多くの方々は肌の痒みをイメージする傾向があります。実際

記事を読む

アトピーに効果のあるエステの種類

2歳からいろいろ試しました 私は2歳頃アトピーが発症したらしいです。それから何十年とアトピー肌

記事を読む

豆乳でアトピー改善

豆乳は低カロリーで植物性のタンパク質 アトピーの方は、食物アレルギーと大きく関係しているとこと

記事を読む

アトピー対策グッズ 掃除機と除湿器

アトピーとダニ アトピーは、とても厄介な症状を伴う事は間違いありません。肌の見栄えが大きく悪く

記事を読む

アトピーに有効な3つの栄養素

アトピーに有効な3つの栄養素 アトピー性皮膚炎に有効な3つの栄養素とは、ビタミンCとタンパク質、そ

記事を読む

陰部も痒みにおそわれるアトピー

中学生からアトピー アトピーは今すごく患者さんが増えていると聞きます。わたしの周りでも何人かい

記事を読む

アトピーで苦しんでいた彼女も今は幸せに

彼女とは30年来の付き合い 私が彼女に出会ったのは、生まれてすぐの30年前。もともと親同士が仲

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑