アトピーにとってチーズのメリットとデメリット

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

乳製品に含まれるガゼイン

ti-zu
アトピーは、当然ながらアレルギーの1つになります。それでアレルギーが生じる以上、必ず理由がある訳です。普段何気なく食べる物1つで、アレルギーが発生してしまうケースも珍しくありません。本当に身近な食材に、原因が潜んでいる場合があります。

そもそも乳製品の中には、少なくともタンパク質が含まれている事は間違いありません。それはポジティブな効果も期待できる半面、逆効果も有る訳です。

なぜなら乳製品に含まれるタンパク質には、カゼインと呼ばれる物があります。厳密に言えば3種類含まれている訳ですが、アトピーという症状はその中の1つが主な原因と言われています。アレルギーの原因になる乳製品を摂取してしまえば、もちろん肌の痒みが強くなってしまう訳です。

またカゼインは、消化吸収とも密接な関連性があります。むやみにそれを摂取してしまうと、お腹の中が荒れやすくなってしまいます。最終的に腸内環境が悪化して、肌のかゆみが悪化するケースも目立つ訳です。

チーズに含まれるヒスタミン

日常生活で食べる食品の中には、痒みを増幅させてしまう成分が入っている場合があります。したがってアトピーの痒み症状がつらい時には、特定食材に気をつけた方が良い事もあるのです。とりわけチーズなどは、少し気をつけた方が良いでしょう。

そもそもチーズは、食品そのものにアレルギー原因が潜んでいるとの説が有力視されています。いわゆるカゼインと呼ばれる成分が入っていますが、それが痒みの根本的な原因になっている訳です。それだけではありません。

チーズの中には、痒みをより強くしてしまう成分も入っているのです。ヒスタミンは注意を要するでしょう。ヒスタミンは、実は別の食材の中にも入っています。トマトや牛肉の中にもヒスタミンが入っている訳ですが、チーズの場合はアレルゲンと一緒に入っている訳ですから、アトピーの痒みを増幅してしまう力もかなり強めです。

ただし全てのチーズが痒みを強くしてしまうとも限りません。パルメザンやブルーチーズなどは、痒みを強くする力が大きいと言われています。種類によって、若干違いもある訳ですね。

スポンサーリンク

チーズでアレルギーが出ない人は

乳酸菌を摂取することは、腸内環境を整えてくれる働きがあります。腸内環境が整って老廃物が排出できて、毒素も出してしまうと、アトピーの症状が出にくくなります。腸内環境の改善はアトピーの改善にもつながります。しかし、この時に乳成分のアレルギーの方が乳製品を使って乳酸菌を摂取することは、避けた方が良いです。乳酸菌の効果よりもアトピーの症状が出る方が大変だからです。

チーズには体に良い乳酸菌がたくさん入っています。しかし、乳酸菌は、チーズやヨーグルトだけでなく乳製品のもの以外でも摂取することができるからです。乳製品のアレルギーがない方には、チーズを食べることがおすすめです。牛乳を飲むよりも、牛乳を加工して作られたチーズの方が栄養や乳酸菌の効果をより高く摂取することができます。醗酵や熟成による力によって、皮膚の粘膜を強くしてくれるからです。

チーズには500異常の種類があります。チーズに含まれるビタミンAは、皮膚や粘膜を守る働きがあります。チーズは食べすぎを防止することで、脂質の取りすぎを予防できます。気を付けながら食べると、肌のターンオーバーを促進する働きを得ることができるので、アトピーの皮膚もきれいに改善してくれます。

すぐには効果が出ませんが、毎日食べ続けることで、効果を得ることができます。また、アトピーは肌が乾燥しているので、チーズを食べることで乾燥に潤いも与えてくれるようになります。アトピーは食品を摂取して腸の中で貯められた毒素や老廃物によって、体に異常をきたします。チーズは、乳酸菌が豊富に入っているために、腸内環境を整える働きがあります。

乳酸菌は腸内まで届き、しっかり役割を果たしてくれます。また、腸内へのウイルスや細菌の侵入を防いでくれます。アトピーに対する敵を排出してくれるので、とても効果を得ることができます。チーズを食べてアレルギー症状が出ない方は、チーズからの乳酸菌摂取がおすすめです。

チーズがダメな方はキムチやぬか漬けを食べるなど、他の方法で乳酸菌を摂取する方法を考えた方が良いです。自分の体に合った乳酸菌を探すことが大切です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

ムダ毛はアトピーにとってどうなの?

ムダ毛処理 ムダ毛が生えている人は、その状態を解消するために脱毛の施術を受けます。健康なお肌の

記事を読む

ポテチを食べすぎてアトピーに?

太りたくないけどポテチを食べたい 娘は赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で、脱ステロイドのために

記事を読む

アトピー性皮膚炎の人にとって、コーヒーは飲まない方がいいの?

コーヒーとアトピー  コーヒーに含まれるカフェインは、アトピー性皮膚炎の人にとって、有益なもの

記事を読む

アトピーに乳酸菌が効果あり

乳酸菌を摂取するとアトピーに効果あり アトピーは乳幼児を中心にかゆみを伴う皮膚炎ですが、近年で

記事を読む

アトピーでは砂糖をとりすぎない。お腹を壊さない果物。

果物ならいいというわけではありませんが・・・ アトピーの原因は食べ物も大きく影響しています。暴

記事を読む

アトピーの部位別原因と対策

アトピーの症状 アトピーの症状には赤いブツブツ、肌が厚くなりガサガサ、ごわごわになったりひび割れる

記事を読む

アトピー肌のメイクの注意点について

アトピーとメイク アトピー肌の場合、普段のメイクひとつを取っても日頃から注意が必要です。アトピ

記事を読む

アトピーの原因はタンパク質の取り過ぎかも

アトピーの原因はタンパク質? アトピーは小さな子どもがなりやすい皮膚の病気で、皮膚が炎症を起こ

記事を読む

アトピーにピラティスってどうなの?

ピラティスは代謝を活発にする ピラティスを行うことで、アトピーの改善効果を期待することができま

記事を読む

子供のアトピーと老人性アトピー

アトピー関連の本を読み漁る 私の娘が幼い頃は夏場など汗ばむ季節に入ったら腕の内側や膝の内側があ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑