アトピーと結婚についての体験談集

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーと結婚についての体験談(1人目)

kekkonn
私は小学校4年生の時に指にかゆみが出て、それからアトピー性皮膚炎とのお付きあいが始まりました。その頃、ステロイドの副作用なんてものは、全く気にしなかったので、かゆければその部位に塗っていました。

それが原因なのかは分かりませんが、20才の頃には全身に広がってしまいました。二十歳の女の子です。首筋に腕に赤い発疹、掻き傷、流血の後、異性にどう見られるかが絶えず気になっていました。しかも乾燥肌で顔の化粧のりも悪く、二十歳前後なのに保湿剤に頼りきっていました。しかし、おでこや目の周り、口の周りの乾燥がひどかった事を覚えています。

化粧を取る時には皮膚も一緒に剥がれ落ち、お化粧水の変わりに軟膏を塗る。若いからできた事かと思います。しかし自分自身が気にする程、周りはあまり気にならない様子でした。

異性にも何かと相談したり、そんな自分を理解してくれる方さえいました。一緒に海に行って、塩水に浸かれ治ると言っていました。連れて行ってくれた方もいます。その頃はアトピー性皮膚炎の自分に負けず、楽しむ事を忘れていなかったからだと思います。

結婚を意識

でも、ストレスで身体中の発疹に悩まされた26才頃、そろそろお嫁に行きたいと思う頃です。周りの友達も結婚トークに花が咲きます。ツラくてツラくて夜も眠れなかった頃顔は赤く腫れ上がり、目はパッチリ開きません。化粧する気にもオシャレする気にもならなかった頃。

こんな見た目じゃお嫁にい行けないとなげく私に、ある方が『そんな見た目で決める様なヤツは大したことない。』と言ってくれました。今でも心に残っています。でも思うようにはなかなかならず、アトピーはなかなか良くなりません。

けれど、内にこもっていた気持ちを外に向け、見た目が悪くても頑張って外に出る様にしました。友達も手伝って、なかなか治らない私でも受け入れてくれる方と出会いました。28才の夏、次の春には結婚式を挙げていました。ウエディングドレス、白無垢の写真。。。

どれも化粧のりも悪く痛々しい私だけど、とっても幸せな瞬間でした。どんな自分でも前向きな気持ちを忘れず、笑顔を忘れずいれば 見た目なんて関係ない。それで結婚できない事はないとあの人の言った通りでした。

その方も結婚式をとても喜んで下さいました。次ぎは出産です。出産をすれば治る事も多いよと聞き、期待していましたが、それよりなにそれより子供に遺伝する事を心配しました。

しかし、主人の体質に似たのか三人の男の子は一人もアトピー性皮膚炎ではありません。私には残ってしまいましたが、今は分からないくらい回復しています。年ごろになると気になるのは当然ですが、前向きに笑顔を忘れず負けなければ、素敵な人と出会い、結婚する事は当たり前に出来る事なのです。

アトピーと結婚についての体験談(2人目)

kekkonn
私は小さい頃からアトピー性皮膚炎を発症し、悩まされてきました。小学生までは、かゆみも我慢できずに気が済むまでずっと掻いてしまうのです。血が出るくらいまで掻きむしっていたこともよくありました。

腕の内側、太ももからひざの後ろ、首のまわりなどの皮膚の柔らかく弱いことろは湿疹だらけでした。顔も赤みを帯びていたので、そのことでからかわれたり、傷つくような言葉も言われたりして、嫌な思いをして過ごしてきました。

そんな経験があったので、高校生や20代になる頃には、自分で治す努力もしていました。皮膚科へ通院し、かゆみを抑える飲み薬や掻きむしった傷を治す塗り薬で、ケアを欠かしませんでした。病院からの薬の効果でアトピーの症状が治まれば、毎日保湿クリームを塗り、乾燥させないようにしました。

大人になってから、アトピーの症状は軽くなっていきました。規則正しい生活やバランスのとれた食事を心がけていましたし、かゆくても爪で傷つけないように我慢したり、保湿をして乾燥から肌を守ったりと、自分なりの方法を見つけていたからだと思います。

それでも、アトピーは完治したわけではありませんでした。どんなに気を付けていても、ストレスや疲れで、かゆくなることも時々ありました。

結婚を考えました

20代後半には、結婚も考えるようになりました。「私はアトピーだから結婚できないかも」と悩んだ時期もありました。荒れた肌を好きな人に見られたら、嫌われてしまうんじゃないかと心配になった時もありました。それでも、アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患の一種で自分ではどうにもならないことなのです。隠すことではないと思ったのです。

結婚する相手には、自身のすべてを受け入れてくれる人でなければなりません。その後一生付き合っていくパートナーなのですから。アトピー性皮膚炎の説明をして、症状がどのように出るのかを見せたり、自分でしているケアの方法を話しました。

そしてパートナーにも理解してもらいました。その人と結婚し、今では彼も協力してくれて、二人で私のアトピーの症状をコントロールしながら生活しています。

生活リズムや食事のケアも結婚してからのほうが、楽しく続けられるようになりました。保湿ケアをうっかり忘れていると、教えてくれます。結婚してからは、誰にも隠さなくていいんだ!と気持ちがラクになったのかもしれません。

ますますアトピーの症状は治まってきました。アトピーの日々のケアも、生活の一部に取り入れていけるといいのかもしれません。

アトピーと結婚についての体験談(3人目)

kekkonn
私は物心つく前からアトピーの症状がありましたが、それは母が漢方を使って治してくれました。それでも肌は弱く、汗だの花粉だの紫外線だの、色んなことが原因でアトピー症状が出てしまうので、とても生活しづらかったです。ひじやひざの裏は常にかゆかったですし、下着がこすれる箇所もすぐに赤くなっていました。

そして、中学3年生の時と高校3年生の時の、高校受験と大学受験のストレスで本格的にアトピーが再発。症状が出るのは主に顔で、真っ赤に腫れあがっていました。ほっぺは真っ赤で、薬でテカテカ光っていて、かゆいし恥ずかしいし、もう学校に行くのが嫌で嫌でたまりませんでした。休日も部屋にこもっていました。

大学入学を機に、ストレスがグっと減り、症状は一旦収まりましたが、やはりストレスを感じる場面に遭うと、夜にかゆくなって腫れてくるのです。友達関係で悩んだり、彼氏とのことで悩んだり、テスト期間、サークルの発表会前など。自分ではストレスを感じていない、と思っている状況でも、家に帰ると顔が腫れだしたりして、「あ、私、ストレス感じてたんだなあ。」と、アトピーを見て気付くこともありました。

社会人になってからもそれは続き、何かストレス環境が長く続くとパッとアトピーが出るのです。アトピーが出たからと、仕事に穴をあけるわけにはいきませんので、その都度皮膚科を受診し、ステロイドを処方してもらって何とか乗り切っていました。

結婚を機にアトピーが改善

そんな中、今の主人と出会い結婚したのです。結婚と同時に彼の転勤が決まり、私はついていくために仕事をやめることになりました。そして、新しい土地での新婚生活、妊娠してすぐの妊娠・出産。それから8年、ほとんどアトピーが出ていないんです。

主人は今でも優しくて頭が良くて尊敬していますし、すごくたまに喧嘩することがあってもアトピーは出ないのです。現在子供が3人いますが、やはり子供ですので思い通りにならずにイライラすることもありますけど、アトピーは出ません。結婚生活でストレスになりがちなお姑さんも良い方で、もちろんアトピーは出ず。

ストレス源がほとんど見当たらず、肌の調子も順調です。子供のため、主人のため、と毎日野菜たっぷりの料理を作って食べているせいか(1人暮らしの時は全く食事にこだわりませんした)、アトピーが出にくくなっているような気がするのです。結婚したおかげでアトピーが改善するとは思っていませんでした。家族には感謝です。

アトピーと結婚についての体験談(4人目)

中学生で単なる皮膚炎と言われて、それが20歳では完全にアトピーと診断されて、それでも凄くいい加減な治療やケアや食生活を続けて、飲酒喫煙をしていた20歳~23歳くらい。

そこからは今まで全く出ていなかった顔にも症状が出るようになりました。20歳を過ぎてからは働く様にもなっていたので、お化粧をしていました。しかしある日突然おでこが赤く腫れあがったのです。親や友人はどうしたの?誰かに殴れたの?と言う様な感じの赤くてぼっこりした感じのおでこの腫れ。自分でもかなりショックでした。

スポンサーリンク

すぐに皮膚科へ行きましたが、今思うとかなり強めのステロイドを出されていたんだと思われ、薬をつけると一瞬引きますが、またすぐにおでこが晴れ上がりました。しかもその症状が頬や口の周りやと一気に顔全体に広がったのです。自分ではパニックになり、お化粧なんて全く出来ない状態が続きました。

皮膚科を変えたり、健康食品を使用したり、自分が出来る事は全てやりました。今まではいい加減にケアしていましたが、きちんと薬も飲んで塗り薬も時間を守って使用しました。しかし一進一退を繰りかし、お化粧が出来るくらいに回復する人と寝込んでしまうような酷い状態と毎日繰り返しました。

当時は友人の両親の飲食店で仕事をしていたので、体調によっての融通は利きましたが、本当に不安定な体調でしたので、かなり迷惑もかけました。その頃から色々な健康食品を勧めてくれる方がいて、アロエ100パーセントエキスやクロエ、どくだみ茶、野菜ジュースといろいろなものを試しましたが、なかなか自分に本当に合うようなものには出会えませんでした。

結婚、出産

その頃から今の夫と知り合いました。夫に出会った当時は比較的アトピーの症状が治まっている時だったので普通に恋愛が出来て、半年後になんと妊娠をしたのです。今思えば本当に不思議でしたが、妊娠期間は首と胸の谷間に少し湿疹が出たくらいで、かなり安定した妊婦生活をおくれました(本当に奇跡のような)

妊娠後期に少し腕などに湿疹がでましたが、何とか非ステロイドのクリームで過ごす事ができました。自分の中でもしからした!このままアトピーが治るかもしれない?以前、皮膚科で女性は出産して一気にアトピーが完治する場合があると言っていたことはこれだと思ったのです。

出産は無事に終えて、母子ともに健康でした。しかしそこから一気にアトピーは悪化するになってしまい、本当に辛い辛い産後でした。

アトピーと結婚についての体験談(5人目)

夏でも汗だくになりながらも長ズボン、長袖

私は子どもの頃からずっと、アトピーで悩んでいた。いつから使っていたのか覚えていないが、物心ついた時にはすでにステロイドを体中に塗っている状態だった。私の母は、肌トラブルの絶えない私を病院に連れて行っては、処方されるステロイドをただ塗りたくっていた。

母自身はアトピーとは無縁の美しい肌の持ち主なので、アトピーについて、ステロイドについて、全く知識がない人だった。ただひたすら医者の言うとおりに、出された薬を塗っておけば、そのうち治るもんだと思っていたらしい。でも、私のアトピーは治らなかった。思春期は特に、そのことで悩んでばかりだった。

流行りの可愛い洋服は着られなくて、いつも汗だくになりながら肌を隠すような長ズボン、長袖を着ていた。夏休みにプールや海に誘われても、水着になどなれないから、いつも断った。高校生の時に大好きだった男の子に、「俺は肌のきれいな女の子が好きなんだ」と言われた時は、本当に傷ついた。

その時母親に「お母さんは肌がきれいなのに、なんで私はアトピーなの?なんで私もお母さんみたいな肌に生んでくれなかったの?こんな汚いアトピー肌だったら、生んでくれなくてよかったのに」と、泣きながら八つ当たりした。その時の「ごめんね、アトピーにしちゃってごめんね。代わってあげられなくて、ごめんね」という母の言葉と、泣きながら謝る母の姿は、決して忘れることができない。

結婚そして出産

私のアトピーは良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、30代になった今もまだ治っていない。でもこんな私でも、幸運なことに、アトピーに理解のある優しい男性に出会い、結婚することができた。私はずっと、自分が母親になることが、子どもを生むことが怖かった。

アトピー体質はかなりの確率で遺伝すると、私の皮膚科の主治医から聞かされていたからだ。我が子が、私のせいで私のようなアトピー体質に生まれてきてしまったらどうしよう、と彼氏もいない10代の頃から悩んでいた。実際に結婚し、妊娠してからは、ますますその恐怖は強くなった。早く我が子に会いたい気持ちもあるけれど、お腹のこの子がアトピーだったらどうしよう、と心配で心配で仕方なかった。

でも、私が生んだ娘は美しい肌の持ち主だった。「この子は色白でもちもちの美肌だね」と人からもよく褒められる、自慢の娘だ。私のアトピーは一生治らないのかもしれない。それでも、母親になった私は「私を生んでくれてありがとう」と母親に感謝出来るようになったし、本人にもそれを伝えるようになった。かけがえのない宝物の娘に出会うことができて、私は今、心から幸せを感じている。

今、アトピーのせいで絶望のなかで苦しんでいる人がいたら伝えたい。私はアトピーだけど、生まれてきてよかった。アトピーでも結婚できるし、幸せになれるんだよ、と。

アトピーと結婚についての体験談(6人目)

私はアトピー持ちの男性と結婚しました。また私の姉もアトピーのため小さい頃からアトピー持ちの人が回りにいる状態でした。小さい頃からアトピー持ちの姉を治そうと母が様々なことをしていたので、私も旦那のアトピーを少しでも良くしようと頑張りました。

まずは食生活の見直しをしました。母は姉に油を取りすぎないように出来るだけ和食中心の料理を作っていました。私も真似をして和食中心にはしましたが、洋食が結構好きな旦那のためにネットや本で勉強しアトピーに良い成分などを探しました。

探した結果ビタミンとミネラルが必要とのことで、自分でビタミンとミネラルが多く入った食材でレシピを考えました。例えばブロッコリーとエビを使ったサラダやアボカドのサラダを作りました。またアボカドはビタミンもミネラルも入っているのでとてもいいです。

ただ、ドレッシングは市販のではなく、自分で作ったのを使っていました。市販のものは油がたくさん入っていることもあるので、自分で作った方が油が少なく作れるのでオススメです。あとは出来るだけフルーツを食べさせるように心がけていました。食生活を見直しただけでもアトピーの状態の違いはわかりました。

お風呂の入り方

またお風呂の入り方は母に聞き、旦那に教えました。まずお風呂に入った時にシャワーでアトピーの部分を優しく洗います。決してごしごししてはダメです。それからよく泡立てた泡でアトピーのところを、刺激しないようにやさしく洗います。石鹸は赤ちゃん用のを使うといいとのことでした。

弱酸性のものも良いとは聞きますが、赤ちゃん用の方がアトピー肌の旦那にはききました。またお風呂に浸かりたい方は40度以上のお湯には浸からない方がいいと思います。私もそうなんですが、乾燥肌の人は40度以上のお湯に浸かると良くないと言われております。

アトピーの方には熱いお湯が良いとネットなどでは書かれていたりしましたが、アトピーの肌で乾燥肌になると更にひどくなりますので気を付けた方がいいです。またたまにアトピーに良いとゆう温泉のお湯を頂き、そのお湯で洗うこともしていました。

また、日頃から気を付けてもらっていたことは汗をしっかり拭いてもらうことです。旦那は内装業をやっているため常に汗をかいている状態なので、菌が繁殖してしまい炎症を起こしてしまい更にひどくなることが多くあったので汗はしっかり拭いてもらい、時間がある時はウェットタイプの物を使ってもらうようにしていました。

ただ外で仕事をすることもあり拭くことができない時もありましたので汗吸収パットを服に張り付けていました。おかげで夏場は少し肌が赤くなるくらいで終わっています。冬場は全く気にならなくなりました。

アトピーと結婚についての体験談(7人目)

私は3歳の頃からアトピーと共に生きてきました。小さい頃は食事療法、漢方や薬等、ありとあらゆる手段を使い完治を目指して両親も必死で頑張ってくれました。それがいい、これがいいと聞くと飛びつくようにすがる日々でした。

しかし、私の肌は一向に良くならず、常に痒さとの戦いでした。そんなある日、このアトピーと仲良くなろう思いました。私の体に四六時中一緒にいるアトピーを親友として受け入れることにしました。それから少し気持ちも楽になり、大人になった今でもアトピーはありますが、個性として受け入れるようになっています。

アトピーのある人は結婚できないなんて誰が決めたのでしょうか。そんなことは決してありません。あなたのそのアトピーはあなたの個性です。あなたのチャームポイントです。アトピーを理由に結婚できないなんて考えないでくださね。

私は21歳の時に今の主人と出会いました。友達からの付き合いだったのですが、気がつけば隣にいてとても心地よい存在になっていました。カップルに成り立ての頃は自分の体が恥ずかしく思うときもありましたが、彼は一度もアトピーについて問うことはありませんでした。

結婚式では自分が似合うドレスを入りきって選び、アトピーの跡が残る肌には丁寧にメイクをして頂きました。アトピーでなくても綺麗に肌を整える為にメイクをする人もいるそうです。

アトピーにはステロイドよりも熱いキス

一度だけ彼に私のアトピーについて聞いたことがあります。返ってきた言葉はこうでした。「アトピーになろうと君が選んだわけではない。アトピーをどうこう言うのはおかしいよ。」と話してくれました。

アトピーがある私たちは小さい頃からの劣等感のようなものがどこかであるのかもしれません。しかし、周りの人がそれをそこまで気にするかと思えば、そうではないのかもしれません。中には色々助言を下さる方もいらっしゃいますが‥‥それもまたその方の個性であり、アトピーには直接関係ないのです。

私にはアトピーを持つ友人は数名います。一人の女性の友人は共通の友人を介して知り合い結婚しました。もう一人の男性の友人は好きなアーティストのコンサートで彼女と知り合い、今年結婚します。

私はいつも思います。私よりひどいアトピーの人っているのだろうかと‥‥季節の変わり目は大変なことになります。体中、お祭り騒ぎです。皮膚が季節の変わり目を教えてくれます。そんなとき、そっと背中を掻いてくれる主人の手は私の喜びです。アトピーでなきゃ、そんなことしてくれません。世の中、少し見方を変えれば辛さも嬉しさになります。

アトピーと共に今日も一日でありますように!そして皆様にも、素敵な方に出会えますように‥‥
<この記事はアトピーの方の体験談です>
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー性皮膚炎とは・・・

アトピー性皮膚炎とは アトピーという言葉は、現在一般的になりほとんどの人がしっている言葉だと思

記事を読む

アトピーの人はラーメンを控えたほうがいい訳は?

アトピーと腸内環境 アトピーは、腸内環境と密接な還元性があります。一見何も関係無いと思われる皮

記事を読む

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピー持ちのランニング

最近、健康志向もありランニングがブームですが、アトピーにもランニングはとても有効ですが、注意

記事を読む

アトピーの人は手が荒れやすい。手のケア方法と対処法

アトピーの人は手が荒れやすい 小さいころにアトピーを持っていた方、今アトピーを抱えてる方、アレ

記事を読む

アトピーでも汗をかいたほうがいい3つのこと

汗はアトピーを悪化させる? アトピーの症状は冬に悪化することもあれば、夏に悪化することもあります。

記事を読む

アトピーとヘルペスについて

厄介なヘルペス 皮膚に関連する厄介な症状の1つに、ヘルペスがあります。唇などによく生じる症状の

記事を読む

アトピーは海水浴で改善される?

海水浴は効果があるのか? 夏に海水浴に行ってアトピーの症状が改善されたという方がいますがこれは

記事を読む

手の甲や手の平にできるアトピーの原因と特徴

アレルギー物質への過剰反応 アトピー性皮膚炎はアレルギー物質が体内に入った時過剰に反応する免疫

記事を読む

アトピーだけどワインは飲んでも大丈夫?

アトピーに赤ワイン 私は幼少期からアトピーに悩まされ続けています。食事にはいつも気を付けていま

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑