豆乳でアトピー改善

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

豆乳は低カロリーで植物性のタンパク質

tounyuu
アトピーの方は、食物アレルギーと大きく関係しているとことがあります。アレルギーが出る食物を食べたときやアレルギー検査をして、反応がでた場合にはその食品を控えた方がアトピーが改善します。アトピー改善する食物として、豆乳があります。

低カロリーで、植物性のたんぱく質なので、健康のためにはおすすめの食品です。豆乳は大豆の加工品です。大豆のアレルギーがある場合には、気を付けなければなりません。加工しているので、アレルギー反応が少なくなると考えられますが、油断は禁物です。

アレルギー症状が出ると、アトピーを急激に悪化させてしまい逆効果になるからです。アトピーの皮膚は、乾燥してカサカサしていることが多く、かゆみが出てかいてしまうと湿疹が出たり赤くなったり、ひどいときには血がにじんでジュクジュクした状態になります。

豆乳を飲むことで体にかゆみが出たり、湿疹ができるときには飲むのはやめておいた方が良いです。体が豆乳を受け入れできなくなっており、血液の白血球が異常反応を起こすからです。体に良いから飲むのではなく、体に合った食品を選んで食べることが大切です。食べたものから栄養やビタミンを吸収して、血液によって体全体に運ばれていくからです。

豆乳でアトピー改善

アトピーの症状で悩んでいる方々は、しばしば神経系に関する問題が生じています。神経が正常に動いてくれていれば問題ありませんが、中には問題が生じている女性も居る訳です。それで原因としては、イソフラボンが考えられます。人によっては、その成分が少々足りない事もある訳です。

ところでイソフラボンが何に含まれているかと言うと、主に大豆製品です。和食などでは、そういう食材が多く用いられているでしょう。したがって普段から和食を食べる頻度が少ない方々などは、アトピーで学ぶ確率も高い傾向があります。

それで豆乳は、もちろん大豆によって作られている訳です。したがって豆乳を摂取するよう意識するだけでも、アトピーの改善率は高まるでしょう。毎日肌が痒くて仕方が無い時などは、豆乳を飲んでみるのが良い訳です。

豆乳は、アトピーを改善する手助けになります。豆乳を摂取することで、大豆イソフラボンが体に働きかけてくれるからです。イソフラボンは、女性ホルモンの働きに似ていると言われています。体の中に取り込むことで、健康を維持できたり、たくさんの栄養やビタミンで美容にも効果が出てきます。体の抵抗力が強くなってくると、肌も丈夫になってきます。

植物たんぱく質なので、腸内環境も整ってきます。豆乳の栄養やビタミンも吸収されやすくなり、アトピーの部分に新しい細胞が生まれやすくなり、きれいな皮膚に生まれ変わってきます。アトピーの改善は、丈夫な肌になることなので、豆乳の効果が求められます。

豆乳は牛乳のような味がします。後口は大豆ですが飲んでいる間は、牛乳のような舌触りにできています。においも気になりません。毎日飲んだり、料理に加えることで、大豆の栄養を無理なく吸収することができます。

開封前の豆乳は、牛乳よりも日持ちがするので、買いだめもできます。値段は牛乳と変わりません。豆乳が体に良いからと言って、摂りすぎはアトピーを悪化させてしまいます。他の大豆製品と組み合わせながら上手に豆乳を飲んでくと、肌の調子も改善し、アトピーができにくい肌に変わっていきます。

ただしこういう話を聞きますと、豆乳だけを毎日服用するのが望ましいと思い込んでしまう人々もいます。やはりそれは、あまり良くありません。

そもそも豆乳が力を発揮するか否かも、栄養バランスに左右されるからです。栄養分の偏りが生じてしまえば、肝心の豆乳も力を発揮できない確率が高まります。豆乳だけ過剰摂取すると言うより、普段から意識する程度にすると良いでしょう。

お腹の為に豆乳

アトピーは、腹内と密接な関連性があります。そもそも服内の環境があまり良くなければ、体調不良を覚える確率も高まる事は間違いありません。お腹が荒れてしまっている方々は、やはり肌荒れが生じる確率も高まってしまう訳です。

それが懸念される時などは、豆乳を摂取してみると良いでしょう。腹内と肌の表面は、無関係ではありません。少なくとも血管によって、肌の表面に栄養分が運搬されている事だけは、ほぼ間違いないです。したがって腹内の環境が悪化してしまえば、当然それが肌の表面にも悪影響を及ぼしてしまう訳です。

それでアトピーという症状が出てしまうケースも多い訳ですね。それで上記で触れた豆乳という食材は、オリゴ糖が含まれている訳です。そもそも腹内には、善玉菌が生息している事だけは間違いありません。ただし善玉菌としてもエサが必要で、オリゴ糖が一例になります。

つまり豆乳を積極摂取してあげれば、お腹の中で活躍している善玉菌に対して、栄養補給ができる訳です。必然的にそれが腹内環境を改善して、腸内フローラが良くなる傾向があります。最終的にはアトピー解決率も高まる訳です。したがって腹内環境の観点からアトピーを改善したい時には、豆乳を摂取してあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

バランスが崩れる

アトピーでお悩みの人々は、とても多いです。毎晩に肌が痒くて仕方が無いので、何とかしたいと思う事はあるでしょう。昼間はそれほど痒くなくても、夜の時間帯にひどくなってしまう事例が多く見られます。

まず1点目の理由として、体内におけるバランスが挙げられます。そもそも肌に関する問題が生じてしまう理由は、様々なバランスが崩れてしまうからです。具体的には、人間には神経や内分泌組織などが上手くバランスを取っています。それが相互に調整してくれているので、人間の肌が正常な状態になっている訳です。

ところが状況に応じて、均衡性が崩れてしまう場合があります。原因は色々とありますが、食生活やストレス等が主たる要因です。それが身体に対して圧力をかけてしまう事により、均衡性がおかしくなってしまう訳です。結果として、肌の表面に対する痒みが生じるケースが殆どです。すなわちアトピーによる痒みを何とかしたいと考えるなら、まずバランス調整を行う必要があります。

アトピー改善に豆乳

それで具体的なやり方ですが、上記で触れた豆乳という選択肢が出てくる訳です。その中に含まれるイソフラボンが、バランス調整を行ってくれる事により、アトピー改善が見込めるとの説が有力です。とりわけ内分泌関連の箇所に対して、豆乳が働きかけてくれます。

それともう1つの理由ですが、豆乳はホルモンと密接な関連性があります。そもそもホルモンの量が正常ならば、アトピーなどは明確に発生しづらくなる訳です。ところが何か事情があって、やはりバランスが崩れる事もある訳です。それでイソフラボンは、ホルモンと非常に形状がよく似ています。したがってそれを摂取してみる事により、痒み等の症状が軽減される事例が目立つ訳です。何とか痒みを改善したいと望むならば、豆乳は推奨されるでしょう。

ただし注意点もあります。万人向けとは限らない点です。そもそも豆乳は、どちらかというと女性に対して大きな効力が現れる傾向があります。男性に対しても同じ程度と効果を発揮するかと言われれば、やや微妙な一面がある訳です。

また女性全員に対して豆乳が効果を発揮するかと言われれば、それも微妙です。とは言うものの、豆乳がアトピーに対しての成果が期待できる事は確かです。何とか改善したいと考えるなら、試しに飲んでみると良いでしょう。

体験談 豆乳でアトピーが改善されました

私はダイエットのため、運動をよくしています。一日に最低一時間は汗をかく運動をしています。毎回ちゃんとシャワーを浴びたりしていたのですが、夏から秋になりこのくらいなら別にシャワー浴びなくていいか、と思ったのがダメだったようで肌に異常がでてくるようになりました。

痒くなり赤くなるのです。放っておけば治るだろうと思いそのまま放置し毎日運動をしていましたら、とても肌がかゆくなりました。そこで時間の空いているときに皮膚科にいき診断してもらいました。結果としてアトピーだったのですが、結構酷い状態でした。かくと、血がでてきてしまうものでしたので、飲み薬とステロイドを処方されました。

ステロイドは二週間以上は利用できないタイプの強めのものでした。ステロイドを使うことに抵抗はなかったのですが、世間にはステロイドは悪という風潮の人もいることを知り自分としても調べてみると、確かに長期間体に使うのは悪いということがわかりました。

ステロイドを利用している間は綺麗にアトピーが治りました。ところがステロイドをやめるとまたアトピーができるようになったのです。今度は運動後にきちんとシャワーを浴びているにも関わらずです。どうやら体質が変わってしまったようで運動を中断しても何をしてもアトピーがなかなか治らないのです。

私は猫を飼っているので、またステロイドを利用することで、その手で猫を触って猫に何か症状や障害が出たら怖いと思い、今度は病院にもいきませんでした。先述のとおり、私はダイエットをしていましたので、生理一週間くらい前から豆乳を飲むという生活を送っていました。

体重も落ちてアトピーも軽減

整理の前に豆乳を飲むと体重が落ちやすいのです。しかも豆乳を飲むと、アトピーが緩和されるのです。痒さが薄まるのです。そして赤みが引いてくれるのです。これはもしかして豆乳で体質も改善されているのではないか、と思い、生理前だけではなく毎日飲むようにしました。

すると、痒みや赤みもなくなり、ステロイドよりは時間がかかったのですが綺麗に治ったのです。生理前に豆乳を飲むのは体質を改善させるためですので、その体質が改善されることがアトピーの体質とあったようなのです。

私としては思ってもいない効果でしたので驚いてしまいました。今も毎日運動しながら飲んでいるのですが、豆乳を飲んでいるとアトピーの症状が出てこないのでとても嬉しく思っています。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーとオリーブオイルについて

オリーブオイルの有効性 アトピー(医学名:アトピー性皮膚炎)の原因となる物質(アレルゲン)は、

記事を読む

アトピー体質はアトピー同様、酸性水を取り入れて上手に生活を

アトピーに酸性水 アトピーは子供だけでなく、大人になってからでも発症する事がある病気のひとつで

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

えごま油に含まれるαリノレン酸はアトピーを抑える働きがあります

アトピーにえごま油が効果あり 最近、アトピーの改善にはえごま油が良いと注目されるようになってい

記事を読む

魚肉ソーセージはアトピーにいいの?

食材でかゆみが出る アトピーで悩む方々としては、日常食品に気を使う事は大変多いです。そもそも痒

記事を読む

アトピーをメイクで誤魔化す

中学の頃からアトピー 私がアトピーに悩みだしたのは中学のころからでした。ニキビと一緒に紛れてし

記事を読む

アトピーの痒みを爪楊枝で軽減

アトピーの原因はさまざま 痛みはある程度我慢できても、痒みは大人でも我慢できないものです。ひと

記事を読む

味噌汁がアトピーに効果あり

味噌汁がアトピーに効果 アレルギーに関する症状は、腹内とは無関係ではありません。お腹の中の環境

記事を読む

アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすい

呼吸器感染症 アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすいのが欧州呼吸器学会で発表さ

記事を読む

アトピーにニンジンが効果あり

アトピー改善にニンジンを食べよう アトピーはかゆみがあり、肌の見た目もあまりよくありません。で

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑