毎日納豆を食べて、アトピーを改善

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

納豆菌には整腸作用

nattou
アトピー性皮膚炎の症状がでたら体質を改善する必要があります。体質を改善していくにはいくつか方法がありますが、納豆を食べるとアトピー性皮膚炎の症状を抑えるのに効果的と言われています。そこでなぜ納豆を食べると効果的なのかを見ていく事にしましょう。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因として悪玉菌が増えてしまい腸内環境が悪化してしまう事が挙げられますが、納豆を食べると善玉菌の量を増えていくので悪玉菌を除去してくれます。

善玉菌の量が悪玉菌の量より多くなると腸内環境が整ってくるので便の排出もスムーズになり便秘を解消する事が出来ます。便秘が解消されれば体内の不要な成分まで吸収しなくなるので肌の免疫力も高まってきてアレルギー症状が起こらない体質にしていく事が出来ます。そのためアトピー性皮膚炎を改善する効果も期待出来るのです。

納豆にふくまれる納豆菌には、強い整腸作用があり、免疫力を正常にたもつ効果があります。整腸作用と聞いて、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を想像した人は少なくないと思います。しかし、調整作用の効果からいうと、納豆菌のほうが、乳酸菌よりも強いのです。

理由は簡単、胃酸で死なずに、腸までしっかりと届くからです。乳酸菌は、胃酸によわく、腸に届くまでに、おおくの乳酸菌が死んでしまいます。しかし、納豆菌は、胃酸に負けることなく、腸までしっかりととどくほど、強い筋なのです。腸に届いた乳酸菌が、悪玉菌を退治し、腸内の環境を良くしてくれるというわけです。

納豆菌だけではありません。オリゴ糖も、実は腹内と大きな関係があるのです。そもそも腹内の環境が良くなるか否かは、やはり善玉菌の多さに左右されるでしょう。あまり善玉が多くなければ、どうしても腹内環境が荒れやすくなり、痒みが発生する確率も高まります。

それで腹内に制作する善玉菌は、エサが必要なのですね。上記で触れたオリゴ糖が、それに該当します。すなわち納豆は、腹内に生息する菌類に対して、栄養補給をしてくれる力があるのです。それゆえに痒みがつらい時には、やはり納豆摂取を心がけると良いでしょう。

納豆にはタンパク質とイソフラボンという女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれています。肌に必要な成分と言えばタンパク質が挙げられて摂取していくと肌の状態も良くなっていきます。また女性ホルモンは美肌効果が期待出来るので同じ働きをするイソフラボンを摂取しておくと肌が綺麗になっていきます。そのためアトピー性皮膚炎を改善する事にも繋がっていきます。

アトピーの人にとって、腸内環境を整えることは、症状の改善につながるよい事の一つです。アトピー改善の食事=整腸作用のある食事ということになります。

皮膚の生成を助ける

また、納豆には、亜鉛が含まれていて、亜鉛は、皮膚の再生に大切な成分です。皮膚の代謝、黄色ブドウ球菌(アトピーの症状を悪化させる菌)の増殖を抑制、免疫機能の正常化にとても有効です。

食物繊維も豊富で腸の掃除屋さんとして腸の環境を改善して便秘解消されます。そして、納豆に含まれるムチンは淡白の消化を助けて胃の粘膜を修復して、カルシウム吸収促進させるアレルギー改善効果もあります。こうしたことで免疫が正常化します。

また、アトピーの人は、ビタミンB2・B6不足になっていると言われます。ビタミンB2は、肌・髪・爪をつくりだす重要な栄養素です。糖質や脂質を分解し、エネルギーにかえるための大きな役割もあります。アトピーの人は、脂質や糖質をひかえるように言われます。代謝しきれなかった、脂質や糖質が、老廃物として体にたまってしまい、症状を悪化させてしまうからです。

スポンサーリンク

納豆には、納豆菌や亜鉛だけでなく、ビタミンB2も含まれています。ただ、納豆は、大豆を納豆菌で発行させて作った食品なので、大豆アレルギーがある人には、むかないかもしれません。ですが、大豆製品のなかで、納豆は比較的アレルギー反応が起きにくい食品のひとつです。

毎日同じ物を食べていると、アレルギー症状をおこすという話しも、少なからず聞きますが、では、毎日、小麦や米をたべたり、その他にも、意外と毎日摂取している食べ物はあります。アレルギー反応が出た場合は、断念せざる負えないですが、それでも、アトピーを治す、一つの方法として、毎日、納豆を食べることは、有益だとおもいます。

そして、1日1パック納豆を食べていく習慣をつければ免疫バランスも改善されてアレルギー体質に大きな効果が見られ、大豆にアレルギーがある人は注意してもらいたいですが、これがだめでも納豆なら平気ということも多いので、ぜひトライしてみましょう。そして、ナットウキナーゼが血液をサラサラにさせ、血管を丈夫にしてくれて、動脈硬化が気になる方に高い効果があります。

アトピー性皮膚炎になってしまうと湿疹が酷くなってしまい全身に広がってしまいます。そのためいつもより強い痒みを伴うようになり我慢出来なくてかいてしまうという事も少なくありません。かいてしまうと傷口がさらに酷くなってしまい痒みもさらに強くなってしまいます。そのため日常生活にも支障が出てしまうのでアトピー性皮膚炎になってしまうと本当に厄介なものです。

海外でも注目されている納豆

そして日本食は汁ものや魚やごはんや副菜、納豆で、ねばっとしていて代表的なもので、不可欠なアミノ酸、ビタミンB2、ビタミンに加えカリウムなど含まれます。そして納豆菌は善玉菌を腸内に増やし環境をよくしてくれて、有害物質を吸収排泄を促し、納豆のみできる酵素のナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれて生活習慣病予防に欠かせません。

海外で納豆が持つ栄養素に注目し離乳食に食べさせたりするほど積極的食べられていて、こうした栄養価の高い納豆は、ねばねば特有の問題が。納豆に限らすこうしたものは山芋、新米等ありますが、ねばっとした食品は粘り気があり、特有の水分が含まれています。

湿疹が出て皮膚科にかかればこれがアレルギー性と思われたら粘りがある食品を食べていたかと聞かれることが多いのも納得。基本的に吸収力が強い傾向があって、アレルギー性物質を含め吸収しやすくなることにあり、問題はそれぞれの食品が持ってるアク。

ヤマイモなど皮をむくのに粘り成分が強く肌荒れしたり、かゆみが出る方もいることから分かるはず。たくさんのアクや水分を体内に入れると適量なら問題なく栄養素になるものも、大量に摂取するとかゆみの原因となることも覚えておいてください。ねばねば食品を毎食食べることはお勧めできません。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーをメイクで誤魔化す

中学の頃からアトピー 私がアトピーに悩みだしたのは中学のころからでした。ニキビと一緒に紛れてし

記事を読む

アトピーの原因を探る

アトピーの原因を探る 肌の状態は人によって違いがあります。とくに、肌の弱い人は少しの刺激によっ

記事を読む

アトピーでもネイルはできるの?

爪でかくと肌を刺激してしまう アトピーによる肌の痒みは、実は刺激性と密接な関連性があります。で

記事を読む

犬もアトピーになる?!対策方法は!!

柴犬もアトピー アトピーを患っているのは、何も人間だけではありません。柴犬も、その症状で苦しん

記事を読む

セラミドはアトピーに効果的!?

肌の成分セラミド 私自身が長年、アトピー体質である事もありまして、少しでもアトピーの症状や痒み

記事を読む

アトピー肌用の入浴剤を実際に試してみた

アトピーや乾燥肌でかゆい アトピーはかゆいし、見た目もあまりよくないのでなるべく早く治したいも

記事を読む

アトピーにヨモギが効果あり

よもぎはアトピーに効果あり ヨモギがアトピーに効果があります。ヨモギというのは、道端によく生え

記事を読む

アトピーと唇について

アトピーとヘルペス 唇というパーと唇についてーツは、デリケートな一面があります。状況によっては

記事を読む

アトピーにお酒類(ビールや酎ハイ、ワインなど)は悪影響なのか

お酒を飲む機会 私は小さい頃からアトピーを発症し大人になった今でも完治することはなく、日々気を

記事を読む

かゆいアトピーにお菓子は大敵

アトピーにお菓子は要注意 アトピーで悩んでいる人は多いですね。しかしアトピーは原因不明の病気のため

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑