アトピー体質の頭皮ケアと整髪料

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

頭皮がかゆい

touhi
アトピーになると頭皮が非常にかゆいですステロイド剤などで抑える方法もありますが副作用も出てきます。幼少に発症すると大人になってもかゆいです。私自身アトピーなので、幼少の頃から勉強にも手がつきませんでした。

勉強に手がつかないほどかゆいのでかきむしってしまいフケのようなものが出てきます。それではどのようにして治療、改善をしていったらいいか考えてみましょう。肌を乾燥から守ることも大切です。大量のフケが発生したり対処法もまたその状態により異なってきます。

アトピー性皮膚炎とはもともと皮膚のバリア機能が弱く皮膚刺激が反応してしまう方が多いようです。バリア機能が低下し傷つきさらに乾燥することでアトピー性皮膚炎は皮膚が薄く水分が蒸発してしまい、大量のフケが発生する原因となるのです。乾燥が原因なので細かな乾燥した手が出てきます。

傷になってしまうと、細菌感染などを引き起こし、じくじくとした大きなフケや頭皮のカサブタができてしまうことがあります。アトピー性皮膚炎の方はヘアカラーなどはするべきではありません。

頭皮に皮脂が過剰に分泌され同時に炎症が起きかゆみを引き起こします。重篤な場合カサブタができるほどになります、慢性化して皮膚科での診察治療が必要です。フケが大きくなって痒みがひどいような場合は王妃に傷口ができて、かなり悪化している状態です。

頭部湿疹とアトピー性皮膚炎

頭部湿疹は3種類あってそれぞれ症状が違います。その中でアトピー性皮膚炎は他の頭皮湿疹と似た症状がありちょっと厄介な湿疹。アトピー性皮膚炎症状ですが、どうしてなってしまうのでしょう?

原因は頭皮の環境とアレルギーが影響しており、頭皮が乾燥すれば皮脂、水分が少なくなり頭皮を外敵からまもれなくなり、頭皮バリア機能が弱まってくるのです。そしてその状況で、その方が持ってるアレルギー物質が頭皮に入れば炎症が起きてしまいます。

そして、これは接触性皮膚炎であるアレルギー性皮膚炎と似ています。アレルゲン以外頭皮にかいた汗の刺激により症状が出てくることも。アトピー性皮膚炎は始めその接触した所だけの症状ですが、かいてしまうことでそれが頭全体に広がり、アトピー性皮膚炎の原因は頭皮乾燥させてしまうことで、バリア機能が弱くなったらアレルゲンとなるものが皮膚に入った症状が出てしまいます。

アトピー性皮膚炎の症状、原因となってるのは他の頭皮湿疹と似ていて始め分からないことが多いです。ですが、アトピー性皮膚炎は抜け毛が多くなる原因で、症状が頭皮全体に広がる前にしっかり直して改善することが大事です。

また、アトピーはアトピー性皮膚炎と言いますが、アレルギー反応に皮膚の炎症を伴うのがそれで症状の特徴は皮膚に赤み、かゆみやフケが生まれ、皮膚は体内の水分が外に逃げないように保ったり、ほこりから皮膚を守ったりするバリア機能が働き、これが弱れば外からの刺激に皮膚が過剰反応し、アレルギー反応がおきアトピー性皮膚炎症状がで敵います。

アレルギーは体質的に生まれたころからある持病ですが、確かに遺伝的に幼少期からアトピー症状が出る方もいて、これは大人になって後天的に発症したりするケースがあります。そして洗浄力がつよいシャンプーで慢性的に頭皮バリア機能が弱い、慢性的な疲れによって免疫力が低下などが後天的アトピー性皮膚炎のケースで、長年同じシャンプーを使っていてもなにも異常がなくてもバリア機能低下で突然アレルギー反応が起きることもあったりします。

脂漏性皮膚炎

そして一方、脂漏性皮膚炎はカビ菌により発症してくる皮膚炎で頭皮中常在菌といい普段外からの菌から守ってくれる菌があって、皮膚炎の原因のマラセチアという常在菌の一種で、これが異常繁殖し、炎症物質により炎症が起きてしまいます。マラセチア菌は皮脂を栄養に繁殖し皮脂が多い頭皮を中心に発症しやすい皮膚炎。

食事にも気を付ける

食事についてもとても気を付けましょうアトピー性皮膚炎を改善するために食生活もとてもバランスのある香辛料などは酒も飲みたくなってしまうため控えましょうビタミンを多く含むものを食べるようにしてバランスのとれた食生活を心がけましょう。

私の場合精神病院にも通いたくなるほどかゆくなってしまったので、うつ病などの併発も考えられます。健常者にはわからない痒みですのでアトピーのお子さんをお持ちの方は十分注意してください。

あまり勉強ができないことで叱ったり、強く叱ったりしないようにしましょう。早めに通院することをお勧めますがステロイド剤などを使用した場合とても副作用が強いので心配です。飲み薬塗り薬など様々な側面から治療を考えていくべきです。

アトピー頭皮とシャンプー

アトピーは、肌が乾燥することで皮膚がカサカサになり、赤くなったり、かゆくなったりします。無意識のうちにかきむしって湿疹ができたり、肌が擦れてじんましんが出たり、血や分泌物が傷口から出てきてジュクジュクします。

これは肌だけに言えることではなく、頭皮にも起こります。頭皮は髪の毛で覆われているので、気が付かない場合が多いのです。

頭皮が乾燥する原因として考えられるもので、シャンプーがあります。シャンプーは汚れや皮脂が落ちやすいようにと、界面活性剤が入っているものが多いためです。

界面活性剤は、強い洗浄力があり余計に皮脂を流してしまう恐れがあります。また、シャンプーがきちんと洗い流せていなくて残っている場合があります。肌に影響を与えてしまいます。

洗髪をするときの温度にも関係があります。お湯の温度が高すぎると、皮脂が流れ出してしまいます。ぬるめのお湯で洗髪することで、乾燥を防ぐことができます。

シャンプーは、頭皮だけでなく洗髪をすることで首やあご、顔にも流れてきます。洗髪のときには、シャンプーが流れていく場所もきれいに洗い流します。首が弱い方や首が荒れて困る方は、シャンプーを無添加なものに変えることで、頭皮や首のアトピーを改善することができます。

シャンプーには界面活性剤以外にも、香料や保存料などのアレルギー反応を起こしやすい物質がたくさん入っている場合があります。頭皮を守るためにも、低刺激のものを選びます。低刺激なので、洗浄能力も落ちますが、シャンプーとしては十分な役割を果たします。ベビーシャンプーも低刺激なのでおすすめです。

それでも気になる方は、湯シャンが効果的です。シャンプーを使わず、お湯だけで洗髪をする方法です。頭皮に刺激を与えるものが何もないので、アトピーの改善にも効果があります。

シャンプーを使わなくても、皮脂やほこりなどの汚れは7割程度落ちます。しかし、湯シャンだけではにおいは落とせません。数回に一回はシャンプーを使うなどして、においを取ります。

刺激を加えない

そして、これも炎症の一つであり炎症ケアで保湿は有効。しかしマラセチア菌は皮脂を栄養として脂分が強いオイリー保湿剤を使ってしまえば、逆効果になることが。保湿ならなるべくさらっとしたものがいいです。症状をよくするには、なるべく刺激をくわえないことです。

症状が強ければ病院で診断してもらい薬を出してもらった方がいいです。ですが、注意してもらいたいのは症状が治まりかけたころ。かゆみ、フケが収まったらケアをやめるとまた症状が繰り返してしまい、いくらケアしていても根本解決しなければ意味がなく、イライラ、人前に出るのが苦手などあなたの毎日が台無しになることでしょう。1,2日で治るのでは位ですが、自分の頭皮としっかり向き合い健康な頭皮にしてください。

そして、アトピーで悩むことの一つに頭皮のフケがあり、少し髪を触っただけでフケがたくさん落ちたりします。

スポンサーリンク

アトピー頭皮を刺激しない整髪料を選ぶ

個人的に整髪料の頭皮への刺激がアトピーの大きな原因となり、ドラッグストアで振ってるようなヘアワックス類はアトピー肌なら使わない方がいいです。そして、整髪料はたくさん化学物質が入っていて、頭皮への刺激になり、頭皮に湿疹があるときは皮膚バリア機能が失われて、その刺激をさらに受けやすいです。

なので、整髪料は頭皮に触れることないもの・頭皮に触れても刺激にならないものを選びましょう。アトピー肌でも利用できる整髪料はどういうものでしょうか・ヘアワックス・ヘアスプレー・ムーズ・ジェルなど4分類できますが、ジェル外の整髪料は頭皮に触れる危険が高くなり、整髪料の形状からいうと固まって液ダレしないジェルタイプのものが最も安全。

そして頭皮に触れることがあってもその成分が安全性高く皮膚への刺激にならない時は、炎症、かゆみなど皮膚トラブルが起きないケースがあります。

アトピー頭皮のヘアジェルとヘアワックス

また、アトピー肌で使用できるものとしてジェルタイプ・オーガニックヘアワックスがあり、これらについてですが、ジェルタイプは髪につけしばらくすれば塊が頭皮に落ちる心配がなく、整髪料を髪に着けしばらくすれば頭皮に落ちることがないです。

整髪料を髪に着け整えるとき頭皮にジェルがつかないようにすればそれ以降頭皮屁至芸なることがないです。そしてドラッグストアで普通に売ってる様なものでも、アトピーを悪化させる危険性は低いです。

ですが、ジェルで固めるものは使える髪型が限られていて、短髪の男性はこれでパリッと固めたヘアでも問題ありませんが、女性や髪の毛が長い男性はジェルは思い通りスタイルにならないことがあって、固まり具合が弱いものもあり、これは髪に触れれば指に整髪料がついてそれで他のところの皮膚を触れて皮膚炎悪化のケースがりますなのでヘアジェルが使えないとき成分の安全性高いヘアワックスを使ってみましょう。

女の子はスポーツ刈りにできない

上に二人兄がいて、そして自分(女)、3人ともアトピー持ちです。従妹もアトピーで、親戚の中では一番ひどくて顔も赤くて、肌もカサカサです。頭皮にもアトピーができて、ふけみたいになっていました。自分のアトピーは従妹の次にひどいやつです。

幸いなことに顔にはでません。脚や関節や背中に出ます。落ち着いていることもありますが、夏や冬に悪化。アトピーとアレルギー体質は一族の血にながれる疾患です。

兄たちのアトピーは背中と頭皮にできてました。小学生の時は耳の付け根のあたりも赤くなってじくじくかさかさに。大人になってからは、だいぶアトピーは落ち着いて耳と頭皮にはできていません。

兄たちは、スポーツ刈りにして、洗髪しやすいようにしてました。ふけみたいになるのが嫌だそうです。男子ならそれですみますが、女子の場合はスポーツ刈りにするわけにはいきません。

従妹は毎日髪を洗うとカサカサの頭皮になるので、1日お気、冬場は3日おきに髪を洗ってました。私も、アトピー体質なので毎日は髪を洗いません。1日おきです。それも頭皮にやさしいシャンプーを使ってです。カラーとかパーマはちょっと怖いのでやってません。

気長に付き合う

私たち兄弟のアトピーですが、成長するにつれ、症状はよくなってきたと母は言っていました。赤ちゃんのころが最悪でお尻もアトピーだったのでオムツがとれるまで大変だったとのこと。

日常生活習慣や病院にも気を使っていました。服を洗う洗剤などは全て刺激が少ないもの。シャンプーや石鹸も刺激が少ないものを買ってきてました。食べ物も、栄養とビタミンCが多いものを食べさせてくれました。

アトピー対策にかけるお金も大変だったと思います。シーツや枕カバーも1日おきに替えてくれました。洗濯、大変だったと思います。あとは通院ですね。痒くなったらすぐに皮膚科にすぐ行かされました。

皮膚科は母か口コミで探してたアトピー専門のところです。若い先生でしたが、丁寧で腕はぴか一でした。優しい先生だったので、皮膚科に行くのが楽しみでした。アトピー以外の肌のトラブルにも親切に相談にのってくれて、本当にいい先生でした。アトピーは、持病だと思って、気長に付き合っていくしかありません。

アトピーのせいで彼氏ができないんじゃないかと悩んだことがありました。皮膚科の先生は大人になると治る人もいるので悩まなくてもいいと言ってくれました。先生の言った通り、子供の時と比べてかなりマシになりました。

アトピーと頭皮について

アトピーは、肌が乾燥することで皮膚がカサカサになり、赤くなったり、かゆくなったりします。無意識のうちにかきむしって湿疹ができたり、肌が擦れてじんましんが出たり、血や分泌物が傷口から出てきてジュクジュクします。

これは肌だけに言えることではなく、頭皮にも起こります。頭皮は髪の毛で覆われているので、気が付かない場合が多いのです。頭皮も乾燥しやすくカサカサになります。

頭皮が乾燥する原因として考えられるもので、シャンプーがあります。シャンプーは汚れや皮脂が落ちやすいようにと、界面活性剤が入っているものが多いためです。

界面活性剤は、強い洗浄力があり余計に皮脂を流してしまう恐れがあります。また、シャンプーがきちんと洗い流せていなくて残っている場合があります。肌に影響を与えてしまいます。

洗髪をするときの温度にも関係があります。お湯の温度が高すぎると、皮脂が流れ出してしまいます。ぬるめのお湯で洗髪することで、乾燥を防ぐことができます。

シャンプーは、頭皮だけでなく洗髪をすることで首やあご、顔にも流れてきます。洗髪のときには、シャンプーが流れていく場所もきれいに洗い流します。首が弱い方や首が荒れて困る方は、シャンプーを無添加なものに変えることで、頭皮や首のアトピーを改善することができます。

シャンプーには界面活性剤以外にも、香料や保存料などのアレルギー反応を起こしやすい物質がたくさん入っている場合があります。頭皮を守るためにも、低刺激のものを選びます。低刺激なので、洗浄能力も落ちますが、シャンプーとしては十分な役割を果たします。ベビーシャンプーも低刺激なのでおすすめです。

それでも気になる方は、湯シャンが効果的です。シャンプーを使わず、お湯だけで洗髪をする方法です。頭皮に刺激を与えるものが何もないので、アトピーの改善にも効果があります。

シャンプーを使わなくても、皮脂やほこりなどの汚れは7割程度落ちます。しかし、湯シャンだけではにおいは落とせません。数回に一回はシャンプーを使うなどして、においを取ります。

頭皮は肌と同じ皮膚でできています。髪の毛によって見えないために気が付きにくいのですが、汗もたくさんかきます。汗をかいたら、洗髪をしてきちんと汗を流します。汗が残っていることもかゆみが出て、アトピーの原因になるからです。スタイリング剤も頭皮に影響を与えます。
普段から清潔を心がけていくことで、アトピーを予防することができます。

まとめ

頭皮がかゆい
頭部湿疹とアトピー性皮膚炎
脂漏性皮膚炎
食事にも気を付ける
アトピー頭皮とシャンプー
刺激を加えない
女の子はスポーツ刈りにできない
気長に付き合う
アトピーと頭皮について
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーはを少しでも改善するには

小学生からアトピーに アトピーはやはりなった人にしかわからない辛さがありますよね。ストレスでア

記事を読む

アトピーではない兄弟にも・・・

祖父母の愛情が・・・ 物心がついた頃から弟はアトピー性皮膚炎で苦しんでいました。皮膚は固くなり、痒

記事を読む

日焼けも大敵!アトピーと改善法

2歳からアトピー 私の旦那は、2歳のころからアトピーです。それも、一般的なアトピーの方より酷く

記事を読む

大人になってアトピー再発

かゆくてかゆくて 物心ついた頃の覚えているだけで5歳の頃にはボリボリと腕の内側や首元、膝の裏側を母

記事を読む

体質改善でアトピーも改善

体質改善でアトピーも改善 42歳男性会社員です。5人家族で子供は小学生ですが、家族でアトピーがある

記事を読む

アトピーの人が風呂に入るときに

身体の健康というのは大事なものでして、特にアトピーというのは非常に毎日のケアが大切になってくるそ

記事を読む

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、洗髪後にドライヤーをかける時に

記事を読む

体をゴシゴシ洗いすぎてはいけないアトピー

ガサガサしたアトピー独特の皮膚感 私は子供が生まれるまでは、アトピーとは無縁の生活を送っていま

記事を読む

アトピーの人が汗をかくときに注意したい事

アトピーと汗 アトピー肌の人は、とても辛いことが多いです。それは、肌が乾燥する、肌がかゆくなる等で

記事を読む

アトピーで避けたい食べ物

アトピーは温めない アトピー症状が出ている時は痒みは当然の事だと思いますが、皮膚が乾燥して皮がボロ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑