鉄分不足も過剰摂取もアトピーに悪影響

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

鉄分が不足すると

tetu
肌に対する痒みの症状は、栄養状況と無関係ではありません。特定の栄養分が不足しますと、痒みが生じる確率も高まってしまう訳です。アトピーも例外ではありません。夜に痒みがつらい時などは、栄養分が足りない可能性があります。

原因は色々と考えられますが、鉄分が主たる原因になっている事があります。と言うのも、以前にアトピーで苦しむ方々に対して調査が行われた事があるのです。ある医療業界の方が、アトピーと鉄分との関連性を調べる為に、体内成分を色々確認してみた訳です。

するとアトピーで大変な思いをしている方々は、鉄分不足という結果が見られた訳です。そもそも鉄分が不足してしまえば、様々な問題点が発生する事は明らかです。足がムズムズする感覚などは、大抵は鉄分不足が原因です。

また眠ってもなかなか疲れが除去できない方々も、鉄分が不足している傾向があります。それで鉄分がむやみに足りない状況では、やはり肌の状況も悪くなってしまう訳です。それゆえに普段の日常生活で、鉄分が含まれる食材があまり多くないと疑われる時には、ちょっと意識をしてみると良いでしょう。それを心がけるだけで、アトピーが改善される事例もしばしば見られるからです。

鉄分の働き

体内の鉄分は赤血球の中にあるヘモグロビンになって重要な働きをしています。具体的には全身に酸素を運ぶという働きをしています。この鉄分がアトピーと関係しているようです。人間の体では鉄分がたくさん使われていますが、中でも皮膚の再生には多くの鉄分が使われているようです。通常の人であれば普段の生活の中で十分な鉄分を摂ることができているようです。

しかし、アトピー持ちの方は通常の人よりも肌が荒れてしまっているため、再生させる皮膚の量が多くなっています。そうなると、体が皮膚を早く再生させようとして、鉄分が多く使われている状態になってしまいます。

その状態が続くと、鉄分が不足してしまい、皮膚の再生もできなくなってしまうようです。さらにはヘモグロビンの働きも低下してしまい、体内の細胞で必要な酸素が足りなくなってしまいます。血液の流れも悪くなってしまうので、貧血にもなってしまいます。鉄分が不足していることを原因にして起こる貧血を鉄欠乏性貧血といいます。

ちなみに、人は皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちたりする状態になっているとかなりの鉄分不足になっているようなので、そのような症状がある場合は、かなり危険な状態だと思ったほうがいいです。

食品とサプリメントから鉄分を摂取

アトピー持ちの方は症状が長期間になると、自然に鉄欠乏性貧血になってしまうようです。 鉄分不足を改善する方法はサプリメントなどでの鉄分の摂取が基本のようです。

サプリメントであれば、ドラッグストアやスーパーまた、インターネットで買うことができるので、手早く簡単に手に入れることができます。サプリメント以外でも病院から鉄分が含まれた鉄剤をもらうことができるようです。鉄分が極端に不足している場合には、かかりつけの医師に頼むなどして鉄材をもらうべきでしょう。

ですが、自分の体内に鉄分がどのくらいあるのか分からない人は多いと思います。そういった場合は病院で頼めば簡単に鉄の血中濃度を測ってくれるようです。サプリメントなどの栄養剤を利用するのはいいですが、鉄分の多いものを食べるのも大切になります。

鉄分が豊富な食べ物として、ほうれん草やイワシ、レバー、ひじきなどがあります。さらには、規則正しい生活をすることも大事です。不規則な生活をしていると体の免疫力などさまざまな機能が低下してしまうので、肌にも大きな影響が出てしまいます。

このように鉄分は非常に大事なものであり、アトピーにも大きく関係しています。アトピー持ちの方は鉄分の補給を心掛けるといいでしょう。

スポンサーリンク

鉄は体に必要なミネラルですが・・・

tetu
アトピーを改善したいと望むならば、栄養分に着目をする事は大切です。成分によっては、確かに痒みを解決してくれる事はあるからです。しかし摂り過ぎもよくありません。むやみに摂取してしまえば、かえって逆効果になってしまう場合がありますから、加減が重要と言えるでしょう。

ここでは鉄分の過剰摂取とアトピーの関係性について解説します。ミネラルとしての鉄分の働きは酸素の運搬です。ですから鉄分が足りなると酸素が不足します。酸欠を引き起こし貧血になります。女性は貧血に悩む人が多いですね。女性には生理がありますから鉄分は出ていきます。

また若い世代の人なら過剰なダイエットでも栄養不足に陥る人がいます。貧血の9割は鉄が足りていないために起こります。鉄分は食品から摂取してもおよそ8%ぐらいの、吸収率ですから不足しやすいとは言われています。

ですが男性はもちろん、初潮、閉経後の女性なら普通の食生活をしていれば、鉄分が不足する事は少ないと考えられています。  鉄の1日の所要量は男性で10mg、女性で10mgから12mgです。鉄は吸収率はあまりよくないのですが、出血をしない人ならそんなに気にする事はないのです。

鉄が多く含まれている食品

鉄が多い食品とはホウレンソウやレバー、カツオ、ヒジキ、卵などです。そして鉄の吸収をよくするためにはビタミンCやビタミンB群も摂るようにすると効率がいいです。

鉄が多く含まれている料理

それでは、鉄分が多く含まれている料理をご紹介します。レバーの料理といえば、やはり真っ先に思いつくのがレバニラ炒めです。そしてひじきです。ひじきご飯もおいしいです。それからホウレンソウを卵と一緒に炒めて食べるのもおいしいです。ほうれん草のツナ和えもメニューに加えてみてください。

鉄分の過剰摂取はアトピーに悪影響

鉄を過剰に摂取していませんか? 確かに鉄分というのは不足しやすいと言われているのですが、時に過剰に摂取してしまう人がいるので、困りものです。鉄を摂り過ぎてしまう原因としては鉄分を含んでいるレバーを頻繁に食事に加えている。

鉄分のサプリメントをよく使う。鉄製の鍋で料理している。ビタミンCのサプリメントを必要以上に体に取り入れているなどです。健康志向の人も多くて、体を気遣うのはいい事なのですが、過剰に栄養分を摂取すると逆に体に毒です。  

もし鉄分を過剰に体に取り込むと、活性酸素が発生します。体の中に必要量以上の鉄分が存在していると、体のいろいろな箇所にそれが蓄積されていきます。それにより、鉄が酸化していき、たくさん活性酸素を生み出します。活性酸素は細胞組織にダメージを与えて、ガンや糖尿病などを引き起こします。

さらに活性酸素はアトピーを悪化させる事も知られています。体に必要以上の鉄分があると活性酸素を生み出して、皮膚病を招く危険性があります。活性酸素の影響で皮脂の質も悪くなり、皮膚に赤みや痒み、湿疹などができる事があるのです。

健康志向になるのは良い事ですが、ただ摂取すればそれでいいのではありません。むしろ、食事やサプリメントの摂り方次第では毒になる事を知っておきましょう。アトピー体質の人も鉄分の過剰摂取は自分を苦しめる事になりますので、注意しましょう。

まとめ

鉄分が不足すると
鉄分の働き
食品とサプリメントから鉄分を摂取
鉄は体に必要なミネラルですが・・・
鉄分の過剰摂取はアトピーに悪影響

鉄分は体に必要なミネラルではありあますが、過剰摂取もアトピーに悪影響がありますので、適度な摂取を心がけてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーにレバーが効くって本当?

アトピーにレバーは効果あるの? 小さい頃からアトピー性皮膚炎に悩まれている方は多くおられるかと

記事を読む

水素水でアトピーが改善

水素水でアトピー改善!? アトピーはとても厄介な皮膚病です。かゆくてかゆくて仕方がなくて、夜も

記事を読む

食でアトピーを改善する。野菜ジュースを上手に取り入れよう。

弟が小さいころからアトピーでした アトピー性皮膚炎は赤ちゃんから大人まで多くの人が悩まされてい

記事を読む

アトピーに乳酸菌が効果あり

乳酸菌を摂取するとアトピーに効果あり アトピーは乳幼児を中心にかゆみを伴う皮膚炎ですが、近年で

記事を読む

アトピーでうつになりかけた私

中学生からアトピーでした  皆さんはアトピー性皮膚炎と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

記事を読む

見た目が似ているアトピーと鳥肌

感動して鳥肌 鳥肌が立つというように、綿日立は寒さ、驚いたりする気持ちの変化で腕にアぶつぶつ泡

記事を読む

アトピーにホホバオイルが効果あり

ホホバオイルとは ホホバとはアメリカ南西部~メキシコ北部の砂漠地帯が原産の常緑低木で、その種子

記事を読む

アトピーのムダ毛処理方法

アトピーのムダ毛処理 剛毛なのに、アトピーのせいでムダ毛の処理ができないと悩んでいる方はたくさ

記事を読む

アトピーの人がうつになってしまう訳は!?その理由と改善方法

アトピーが発症しやすい2つのパターン アトピー性皮膚炎で悩む患者さんが最近増えてる傾向があって

記事を読む

あせもとアトピーの違い

アトピーとあせもの違い 肌のトラブルで似ているのが、アトピーとあせもです。どちらも赤い湿疹がで

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑