アトピーの人はラーメンを控えたほうがいい訳は?

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーと腸内環境

ra-menn
アトピーは、腸内環境と密接な還元性があります。一見何も関係無いと思われる皮膚表面は、実はお腹とは密接な関連性がある訳です。

気を付けたい食べ物はラーメンです。そもそもラーメンは、消化吸収などに関する問題があるのです。そもそも脂分が多い食材などは、総じて腸内環境を悪化してしまう傾向があります。

なぜ腸内がアトピーに関わるかと言うと、2ヶ所が接続されているからです。そもそも腹内には、血管が張り巡らされています。なぜ血管があるかと言うと、栄養分などを運搬する為です。

そもそも人間が活動する為には、様々なエネルギー源が必要です。したがって腹内から吸収した栄養分などは、血管によって全身に運搬される訳です。それは良いのですが、問題は腹内環境が悪い時です。お

腹の中に蓄積した悪い物質が、肌表面に伝わってしまうケースも、多々ある訳です。腹内悪化という状況が、肌表面にも出てしまう訳です。つまりラーメンが、アトピーの原因の1つなのです。ラーメンを食べる機会が多すぎるようなら、少し控えた方が望ましいでしょう。

ラーメンを控える

アトピーという症状は、一部の食材とは密接な関連性があります。痒みの症状がつらい時には、ラーメン等はできるだけ食べない方が良いでしょう。

なぜなら、油に関する問題があるからです。当然ですがラーメンは、全体的に脂分は多めです。最近は脂分が控え目なラーメンも増加傾向にありますが、それでも他食材と比べれば、やや油が多い傾向があります

特にラーメンの中でも一番胃腸に悪いのがとんこつラーメンです。豚の脂が溶け出したスープは温めると液状になりますが、ひやすと脂がかたまって白くなりますよね、人間の胃は実はそんなに体温が高くないので豚の脂などは体の中で白く固まってしまいます。スープを冷やして固まった脂を食べろと言われても気持ち悪くてたべれませんよね。

体の中でも同じ事が起こっていると思ったらぞっとしますね。どうしてもラーメンが食べたい時は魚介系のさっぱりしたラーメンにするか、できればうどんなどのあまり動物性の脂が使われていないものを食べるのが望ましいです。しかし魚介系のラーメンとうたっている店でもダブルスープで豚や鶏がらなどを使っている場合もあるのできをつけなければいけません。

スポンサーリンク

脂分は、肌に対して良い影響はありません。アトピー肌で悩む方々にとっては、やや深刻な脂分と言えます。なぜならそれが皮膚表面に出てきてしまうと、赤みを帯びてしまう傾向があるからです。痒いだけでなく、皮膚の見栄えに関する問題も悪化する傾向がありますから、正直状態は深刻と言えるでしょう。したがって肌の見た目が気になる時には、ラーメンは控えるべき食材と言えます。

ラーメンは植物繊維が少ない

ラーメンが良くない理由に、便秘になりやすいというのがあります。ラーメンはスープと麺と少しの具だけでお腹がいっぱいになってしまいますよね。食物繊維などの便のカサになるものが少ないのでラーメンばかり食べていると便がなかなかでなくなってしまうのです。

どうしてもラーメンを食べたい時はキャベツやたまねぎなどの水溶性の食物繊維を一緒」にとりましょう。食生活で一番大事なのは和食を食べる事です。最近ではスーパーフードなど体に良いとされる新しい食べ物が出てきていますが、一番日本人の体に合うのは、日本人が昔から食べてきた和食です。そしてよく噛む事です。

食べ物をよく噛んで食べると消化されやすくなります。ラーメンではよくかんで食べるという事はあまりないですよね。麺は喉越しを楽しむというくらいですからほとんど噛まずに食べている人も多いのではないでしょうか?これでは消化に悪いはずですよね。

ラーメンを噛んでたべるというのも難しいものですし。和食を続けて症状がよくなってきたら、たまに食べるだけではアトピーが悪化したりはしません。たまにお楽しみで食べる分には問題ないのです、ラーメンに限らず、何でもほどほどに偏らずに食べる事が大事です
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

りんごのパワーでアトピーを改善!その理由と食べ方は?

リンゴの効果 アトピー性皮膚炎というのは、皮膚のかゆみを起こし、肌の調子を妨げる症状が続きます

記事を読む

アトピーには○○風呂が効果あり

アトピーはお風呂の入り方で症状が良くなったり、悪くなったりします。お風呂のお湯は当然ですが、肌に

記事を読む

アトピーと目について

アレルギーは国民病? いま日本国民3割が何かしらアレルギーを持っていて、もはや国民病といわれる

記事を読む

顔と手のアトピーで未だに治療を続けています

幼少期からアトピー 幼少期からアトピーと向き合って生きてきました。現在の状態は完全に回復したと

記事を読む

アトピーには緑茶や柿の葉茶が有効

抗ヒスタミンをやめて緑茶  アトピー性皮膚炎で処方される抗ヒスタミン剤には、眠気を誘発する副作

記事を読む

手の甲や手の平にできるアトピーの原因と特徴

アレルギー物質への過剰反応 アトピー性皮膚炎はアレルギー物質が体内に入った時過剰に反応する免疫

記事を読む

アトピーにドテラのオイルが効果

ドテラといっても衣類ではありません アトピーによる症状を何とかしたい時には、しばしば特定製品に

記事を読む

アトピー性皮膚炎と毛細血管の関係

毛細血管の成熟化によって血流を安定化 血管の状態は皮膚以外に身体全体に影響が出ることがわかって

記事を読む

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

アトピーに乳酸菌が効果あり

乳酸菌を摂取するとアトピーに効果あり アトピーは乳幼児を中心にかゆみを伴う皮膚炎ですが、近年で

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑