アトピーでもきれいな肌を目指してエステに行こう

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

小さいころからアトピーでした

esute
私は小さい頃からアトピー性皮膚炎で悩んだきました。まだ小さかった頃はかゆみを我慢することができずにいつもガリガリと掻きむしってしまい、皮膚の柔らかいところには赤くただれた傷ができていました。

夏は暑くてかゆいし、汗でもかぶれてしまいます。冬は空気が乾燥しているのでカサカサしてかゆくなります。そして春と秋ですが、季節の変わり目でまたかゆくなります。草花の変化・気圧の変化でも肌は敏感にかゆみを発生させるのです。

一年中かゆいのです。かゆみが出ると治まるまで掻き続けてしまいます。掻いても掻いても治まらず、血が出るまで掻き壊してしまうこともありました。

なので小学生のころまでは、ひじの内側やひざの後ろ・首のまわりなど、いつも赤く炎症を起こしている状態でした。まわりには、ひどいことを平気で言うような心無い子供もいて「きたない」などと傷つく言葉を言われた時期もありました。

そんな悲しい経験をしたり、私自身でも外見が気になる年ごろになると、できるだけ掻かないようにと気を付けるようになりました。かゆくても最小限で我慢する、暑い時期は肌を清潔に保つ、毎日保湿クリームをかかさない、肌を傷つけないように爪はいつも短くする、などです。

短いスカートを履きたい

自分で意識して気を付けるようになってからは、少しずつですがアトピーの肌質が治まってきていました。女子高生時代には、まわりの友達のように短いスカートを履きたいと思い、足をきれいに見せたいと思うようになりました。

ひざの後ろがいつもポツポツと湿疹があったり、赤みを帯びていたので、毎日欠かさず保湿クリームでケアをしていました。いつか社会人になったら自分でお金を稼いで、エステにも通いたいと憧れるようになりました。

幼少期からアトピーの症状があったので、母親に連れられ皮膚科に通っていました。ひどく掻き壊してしまったところやかゆみの強い箇所にはステロイドを塗って治療していました。掻いた傷が治るまで、かゆみが完全になくなるまではステロイドを塗ります。

そしてきれいになった肌には保湿クリームを塗って、再びかゆみが出ないようにする治療方法でした。それを何年も続けていたので、外見を気になり始めた中高生のころには、足や腕の体毛が気になっていました。ステロイドの副作用の影響で体毛が増えたのか、もともとの体質なのかはわかりませんが、とにかく肌を露出すると体毛が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

中学生・高校生ではエステに通うこともできず、自分でムダ毛処理をするしかありません。ドラッグストアで脱毛ムースを購入し試したり、カミソリで剃ったりしていました。せっかく落ち着いていたアトピーの症状も、ムダ毛処理の刺激でまた悪化することもありました。湿疹が治まり傷も目立たなくなっていた肌も、かゆみを再発して、保湿クリームを塗っても効果はなく、また掻いてしまって湿疹を作ってしまうのです。

その湿疹を治すためにまた短期間ステロイドを塗り、保湿クリームに切り替えて、きれいになったらムダ毛処理をする・・・その繰り返しから脱出できずにいました。皮膚科の先生には、肌への負担になるからムダ毛処理はしないほうがいいと言われていましたが、アトピーの症状が治まった腕や足を見ると体毛生えてきて、それを放っておくことはできませんでした。

エステに行こうと思いましたが

そんな学生時代を過ごしていたので、早く大人になってエステに行きたいといつも思っていました。テレビコマーシャル・雑誌・インターネットでは、きれいに脱毛した女性たちをよく目にします。そのたびにますます憧れが強くなっていました。

そして社会人になり、お給料をもらえるようになり、早速念願のエステに通えるようになったのです。でもその時にふと、肌の弱い私でもできるのかという不安が出てきました。

スポンサーリンク

アトピーの人でもエステの施術を受けることはできるのか、今までは自分のムダ毛をどうにかしたくて考えていませんでしたが、心配になりました。案の定、私が友達から紹介された脱毛エステのサイトには「肌の弱い人はご遠慮ください」と書かれていました。

とてもショックでした。今までは、アトピーの症状かムダ毛のどちらかをいつも気にして過ごしていました。夏でも薄手の長袖を羽織ったり、足元もレギンスを履いたりして、できるだけ露出しないように隠していました。

なので今年の夏は、アトピー肌もムダ毛も気にせず過ごしたい!かわいい服を着たい!と気合が入っていましたし、きれいになった自分の肌を思い描きとても楽しみにしていました。それなのに肌の弱い人はダメだなんて、とがっかりして落ち込んでいました。

それでも、どうしてもきれいな肌をあきらめきれず、アトピーでも受けられる脱毛エステがないかをインターネットで探しました。すると、皮膚科でもムダ毛の脱毛をしているところや、アトピーや敏感肌の人でも受けられるエステがある事がわかりました。

ドキドキしながらエステへ

サイトを見ても、肌の弱い人のために専用のコースが開設されていたり、施術方法や口コミを見ても安心できるものでした。早速予約してお店に行きました。お店に行く前には、「この症状だと施術できません。無理です。」と断られたらどうしようという不安に襲われ、ドキドキしながら入店したのを覚えています。

子供の頃に、肌を見て言われた「きたない」と言葉がトラウマになっている私なので、皮膚科の先生でもない初めて会うエステ店の女性スタッフに自分のアトピーを見られることにも緊張をしていました。

しかし、敏感肌でも受け付けてくれるエステ店のスタッフは、やはり慣れているというか、私のアトピーの傷や跡を見ても、表情一つ変えず「施術できますよ」と笑顔で言われ、安心し、同時にようやくエステが受けられる喜びで顔がにやけていたかもしれません。その後、施術の為に何度も通いましたが、こちらが傷つくようなことは一度も言われたことはありません。

アトピーで悩んでいる女性でも、自分に合ったエステ店を見つけられれば、きれいな肌を自分のものにできると思います。

自分で処理していたのとは違い、肌にトラブルを起こすこともなく順調に脱毛処理をしてくれます。エステの施術によってアトピーが悪化したことはありません。そして日に日にムダ毛がなくなるので、自分に自信が持て、好きなファッションができますし、何よりも心が元気になります。

エステでツルツル

今まではアトピーの傷を見られているんじゃないかと、みんなの目を気にしてばかりいました。ムダ毛が生えてきているかもとドキドキして腕まくりできないこともありました。肌に対するストレスを抱えて暮らしていた毎日から解放され、女性である喜びも感じることができます。エステでつるつるの肌になったことで自信がつき、私の性格も前向きに積極的になったように感じます。

今では、2人の子どもを持つ母親になりました。妊娠・出産の時期は体質・肌質も少し変化があり、またアトピーの症状が出ましたがケアをして乗り越えました。育児と家事にに追われる毎日で、自分の時間がなかなか持てずに脱毛・ムダ毛処理をする間もありません。

水遊びを始める子どもたちに付き合って、腕や足を露出する機会もふいに訪れることもあります。そんなときでも、腕や足はツルツルです。いつでもきれいな肌でいられるので、エステに行っておいて本当によかったと今は実感しています。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーに有効な3つの栄養素

アトピーに有効な3つの栄養素 アトピー性皮膚炎に有効な3つの栄養素とは、ビタミンCとタンパク質、そ

記事を読む

アトピーに有効なプルーン

プルーンを試してみました 今では成人した娘が幼稚園に通っていた頃のアトピーの体験談です。娘は生

記事を読む

アトピーとパック

肌の健康を守るパック アトピーの特徴として、お肌が乾燥しやすくなっています。アトピー肌は、通常

記事を読む

アトピーと水疱瘡(みずぼうそう)について

子どもがかかりやすい水疱瘡(みずぼうそう) 子どもがかかりやすい病気で水疱瘡(みずぼうそう)が

記事を読む

アトピーで犬を飼う

アトピーの友達 もう嫁いで住んでいないのですが、私の実家のお隣さんに、私の3つ下の女の子、さら

記事を読む

汗をかいても丈夫な肌作り、水分をカルピスなどしっかり摂る!

綺麗な肌になりたい もしアトピーの人は夏がダメで冬の方がいいと思われがちですが、実は夏の方が肌

記事を読む

アトピーで皮膚がざらつく

皮膚がざらつく アトピー性皮膚炎は今では珍しい病気ではありません。遺伝などによるものから、日々

記事を読む

長年悩まされたアトピー性皮膚炎

幼少期からアトピー 私は幼少期からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。母が食事に気をつかって、根

記事を読む

アトピーでは砂糖をとりすぎない。お腹を壊さない果物。

果物ならいいというわけではありませんが・・・ アトピーの原因は食べ物も大きく影響しています。暴

記事を読む

アトピーとラーメンの関係性

ラーメンはおいしいですが・・・ ふとした瞬間に食べたくなってしまうラーメンですが、食べた翌日に

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑