アトピーと喉と咳について

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

<h2>咳の原因

seki
人によっては喉に対する症状で、とても苦しんでいる場合があります。かなり咳が辛いので、何とかしたいと思う事はあるでしょう。それで咳になってしまった時は、色々と原因は考えられます。インフルエンザなどは代表例とも言えますが、もちろん喘息などで咳が生じる事もあるでしょう。それだけに咳止め薬などを内服して、とりあえず応急処置を施す人々も少なくありません。

アレルギーの咳

アトピーの原因には様々なアレルギーがあります。食べ物やハウスダスト、ダニ、カビ等、たくさんの種類があります。その中で、食べ物は赤ちゃんの離乳食が始まる頃に発覚し、一番分かりやすいアレルギーかもしれません。

ハウスダストやダニ、カビなどは、生活していくうちに、だんだんと症状が現れるようになります。最初は、乾燥肌くらいのカサカサ肌ですが、だんだん酷くなって湿疹が出るようになってきます。そして、ハウスダストやダニのアレルギーがあると、特に、咳に悩まされることも多いです。ほうっておくと、喘息に以降してしまうこともあります。

頻繁な咳では、同時に、鼻炎も併発している場合がほとんどです。鼻が詰まって、鼻水が喉に流れて、咳が出やすくなります。咳にも特長があり、アレルギーの鼻詰まりと咳は、夜中から朝にかけて酷くなり、朝起きてから暫く続きますが、お昼近くになると落ち着いてきます。

そのため、寝不足になることも度々あります。そのうえ、季節性のアレルギーを持っていると、夏場に窓を開けて寝ることで咳が酷くなる場合もあります。外からの花粉と、窓についているホコリ、カーテンのホコリも一緒に部屋を舞うことになるので、それを吸うことで症状も酷くなります。

空気清浄機を用意する

アトピーと咳が併発している場合、その咳はアレルギーが原因であることがほとんどです。咳を止めるには、その原因物質を出来るだけ取り除くことが必要です。食べ物ならば、除去することはもちろん、ハウスダストやダニならば、部屋の掃除が欠かせません。

掃除にもポイントがあり、一つ目は、朝一番や帰宅時に上から下に向かって掃除をすることです。なぜかというと、ホコリは人が歩くことで部屋中に舞い上がります。朝起きてすぐの時間帯か帰宅時だと、ホコリは床に下りている状態になります。

そこを掃除すればハウスダストを減らすことができます。二つ目はハウスダストやダニが溜まりやすい場所を徹底して掃除をすることです。カーテンの裾にはダニが集まっているので、こまめな洗濯が必要です。

ソファもダニの温床なので、隙間もきちんと掃除することをすすめます。後は、外の空気が入ってくる網戸の掃除です。網目にホコリも溜まりやすいので気をつけましょう。布団もこまめに掃除機をかけてください。その他の対策として、空気清浄機を用意することです。

出来れば、寝室とリビングに一台ずつあればよいでしょう。人が一番長い時間居るのは寝室になるので、一台しか用意出来ない場合は、ぜひ寝室に置いてみてください。

喉に症状がでる

アトピーは、体に入ってきたものに対して反応したり、体の外からも刺激を受けます。そのため、アトピーの皮膚の部分だけではなく、他の体の場所にも反応を起こします。その一つが喉です。喉は空気を吸い込んで、その空気に入っているアレルギー物質であるほこりやカビ、公害物質によって咳が出ることがあります。また食べたものに対してアレルギー反応を起こし、喉に炎症が起きたり体の外に出そうとして咳が出ます。

アトピーは、その部分に対しての反応だけではありません。色々なものが関係して起こります。その中でも喉は、とても敏感で感じやすい部分です。喉の粘膜は敏感です。喉が腫れてくると、違和感を感じてうがいをしたり気を付けたります。食べ物が体の中に入るときには喉を通過して、胃や腸へ送られていきます。空気を吸った時も喉を通ります。喉は大切な役目をしています。

アトピーは、体の内側と外側の要因を取り除かないと改善できません。アトピーの根本的な部分の乾燥も、体の内側の要因と深く関係しているからです。風邪をひいて喉が痛くなった時も、アトピーは一気に悪化します。

アトピー性皮膚炎の症状が喉に出てしまう人は、決して少なくないです。喉は手でかくことが容易なため、ちょっと症状があるとついついかいてしまいます。ですが、1度かいてしまえばまたかきたくなってしまうため、それで症状がどんどんと悪化してしまいます。

そうしないようにするためには、まず刺激をあまり与えないことが大事です。喉は非常に敏感な場所ですので、ちょっとしたことでも気にしがちです。そうなるとアトピー性皮膚炎が出てかきたくなってしまいますので、そうならないように注意しなければいけません。

喉に刺激を与えてしまうもの

喉に刺激を与えてしまうものといえば、まず服が挙げられます。タートルネックなどはかなり刺激が強いですから、できれば着ないほうが無難です。また、マフラーにしても同じで、それを刺激に感じるようなら身につけないほうが良いです。もしも寒くて困るというのなら、刺激の強くない肌触りの良い素材に限定して身につければアトピー性皮膚炎の症状が出にくくなります。

また、乾燥させないよう気をつけることも大事です。特にエアコンはなるべく湿度を保ちながら使うことを心がけ、保湿を意識しなければいけません。保湿できていないと乾燥から肌が乾いてしまいますので、症状を悪化させる原因になってしまいます。エアコンを使ってはいけないわけではありませんが、使うときには保湿のことを念頭に置いておくと症状を緩和させられます。

また、当たり前かもしれませんが、清潔にすることも忘れてはいけません。敏感な部分だからこそお風呂で洗うのをついつい避けたくなってしまいますが、汚れが目立たない程度には綺麗にしておかないと反応してしまいます。あまりにも意識し過ぎて強く洗うのはダメかもしれませんが、汚れない程度には清潔にしておかないとよくないです。

さらに、体の部分的な清潔さだけに限りません。部屋の中の清潔さもアトピー性皮膚炎に影響します。間違っても埃っぽいような部屋にいるのはよくないですし、布団のダニなどもできるだけ退治しておいたほうが良いです。こまめに部屋の中を綺麗にしておき、清潔な環境の中で生活していればアトピー性皮膚炎の症状は出にくくなります。

これらのことはどちらかといえばアトピー性皮膚炎の症状が喉に出てしまわないための予防法、対処療法かもしれませんが、何もやらないよりは良いです。根本的な対策は医師と相談しながら行いますが、それとともに予防法や対処法についても覚えておいたほうが良いです。

イガイガは病気かもしれません

いつも喉がイガイガして止まらない咳の症状は嫌ですが、風邪をひきこうした症状がある方はとても多いはず。中には病気が隠れてるケースがあり注意しなくてはなりません。喉はストレートに外気と接しやすく湿度がなく空気乾燥してると咳込みやすいです。

その状況が続きせき込み回数が多くなったら、のどは炎症を起こし今度はイガイガするような感じが出ます。さらに乾燥すればウイルスやほこりなど侵入しやすくなって炎症がひどくなり、冬~春にかけ特に乾燥しやすいです。部屋は加湿器をつかったり外に出るときもマスクを活用し乾燥から喉を守ることが大事です。

そして、口、鼻から喉へ入ったウイルス、最近は炎症が起きて喉が意外が史跡が出る原因となり、市販薬を封用して症状改善するかもしれません。マスク着用して部屋の湿度を保って安静にしてください。のど飴やトローチをなめるのも唾液を出し喉を乾燥を防ぐのに有効。

症状がひどければ病院を受診し適切な治療をしましょう。喉のイガイガで咳が止まらなければじっさい喉の炎症ではなく咽頭異常感症であり、これは精神疾患。いがいがするが検査してものどやその他に異常がないときに診断されて、原因はちょっとした病気への疑心などで体が不安な精神状態を反映させるのではと言われてます。

それでも症状改善しないとき定期的に検査を繰り返して異常がないことを確認し続け、安心感を得られることで症状が薄れていきます。そして、アトピー性鼻炎や皮膚炎など疾患がある方に多く、温度差が激しいとき、香水などきつい香りなどがきっかっけで咳が出ます。アトピー弛緩がある方、親族に疾患者がいれば、アトピー咳嗽のケースがありますから、病院に行きましょう。

長期間咳が続いて喉の痛みを感じる場合、もしかしたらアトピー咳嗽の可能性が

咳が長い間続いてしまう場合には、その原因として、気管支炎や咳喘息といった病気が原因である可能性はありますが、あまりに長期間咳が続いてしまう場合には、アトピー咳嗽という病気である可能性も出てきます。

・アトピー咳嗽とは?
たんの絡まない咳が1ヶ月以上の長期間にわたって続いている場合には、その対象者がアトピー素因のある人の場合、アトピー咳嗽の可能性があります。

普通、咳をしてしまう時というのは、気道に入ってきた異物を外に出そうとする体の防御機能によって咳が出るのです。このことを咳反射と言って、この咳反射をしないということは異物を体の中に入れてしまうということなので、これは必要なことなのです。

スポンサーリンク

しかしながら、この機能が過剰に作動してしまい、少しの刺激で咳をしてしまうのがアトピー咳嗽の症状で、異物が入っていない時でも過剰に咳き込んでしまうので、咳がずっと続いてしまいます。

・アトピー咳嗽の特徴
ゼエゼエ、ヒューヒューといった喘鳴と呼ばれるようなことをしていない。咳で呼吸困難になっていない、早朝か夜に咳がひどい、タバコの煙やエアコンや扇風機の風、会話や運動している時、ストレスなどでも咳が出る原因になる。

呼吸機能検査に異常なし(呼吸器検査とは肺や気管支が正常に機能しているかを調べる検査、背の膨らみの状態を調べる肺活量、気管支が非常に狭くなっていないか調べる検査のこと、しかしながら非常に体力を使う検査なので、小さなお子さんで検査をするのは難しい)
アトピー性皮膚炎などのアレルギーの病気であるなどの場合はアトピー咳嗽の可能性が高いです。

アトピー咳嗽になりやすい人とは?

アトピー咳嗽になってしまう人は、中年の女性に多いと言われており、その原因は女性ホルモンにあって、閉経後に病気になる例が多いです。その原因はいまだに解明されていませんが、カビが原因でアトピー咳嗽になると言う例があります。

・アトピー咳嗽の治療手段
アトピー咳嗽を治していく方法は内服薬での治療が一般的です。治療に使う薬は抗アレルギー薬が一般的で、その中の抗ヒスタミン薬が治療薬の中心になります。抗ヒスタミン薬の有効率は約60%になります。もしこの治療薬が効果を発揮しない場合は、喘息の治療にも使われているステロイド吸入をします。

●咳が続いている場合に必要な対策
もし咳が長期間続いている場合は自分で病気を決め付けないで、喘息や咳喘息だけではなくてアトピー咳嗽といった病気である可能性もあるので、早めに医療機関を受診して正確な診断から正確な治療を受けて、早めにこの病気を治せるようにしましょう。

喉がかゆい

季節の変わり目など喉に違和感があってかゆくなることはないでしょうか?熱など症状があると風邪が疑われ、ほかの症状がないとアレルギーで喉がかゆくなるかもしれません。そして、喉は口下の後ろにあって、食べ上を食べの見込み味わいます。

食べものを食べることは意識しなくても自動で始まって食べ終わるまで続き、くうきは鼻、口から入って喉を下り声帯ある咽頭を通って気道から肺へはいり、鼻がつまっているときは口で呼吸できるようにします

外から入る病原体完治のため喉の入り口奥にリンパ組織が奥にあつまっており、炎症が起きやすい臓器で風邪をひけば腫れたり腎炎を起こしてしまいます。喉は食べ物と空気を通し、外的親友を知らせる役目があって、のど粘膜の抵抗力がよわくなり細菌など喉にはりついて、違和感の原因に。花粉症は悲惨時期だけ症状が起きて、花粉が喉に張り付けばアレルギー症状が起きて喉がかゆくなります。

そしてダニやハウスダストなど喉に接触すればアレルギー反応が起きて喉がかゆくなります。そして花粉飛散時期以外に原因のアレルゲンがある限りずっと症状が起きます。原因の食物を食べたら口、のどの粘膜がはれたりする疾患が口腔アレルギー症候群で、白樺の花粉症になったら口腔アレルギー症候群発症があり、鼻水など鼻の症状や目の充血などや下痢など消化器症状のときアナフィラキシーショックになったりします。

喉の炎症

そして、アレルギーが原因でなくウイルスなど呼吸器につくことで喉が炎症をおこしかゆくなったりします。ウイルスな病原体がのどや気管支など呼吸器に感染して起きるのが風邪で、これにかかれば鼻詰まりなど呼吸器症状などが現れます。

鼻穴につながる副鼻腔に風邪ウイルスが入り炎症が起きるのが副鼻腔炎で、最近が増え鼻水の症状が起き、これがのどに流れ席の症状が起きます。これは蓄膿症と呼ばれてますが、鼻水が絶えず出るなど症状が出てくることも。検査で原因の疾患が見つけられなくても喉に違和感があれば咽喉頭異常感症も考えられ、甲状腺異常や全身疾患の貧血など原因で起きます。

喉の症状がきっかけで喉ばかり意識が集まってますます喉に違和感が感じられる症状。そしてアレルギー性鼻炎に似た症状で血管運動性鼻炎がありますが、これはアレルゲンが原因で症状が出るアレルギー性鼻炎と異なって、鼻や目のかゆみはほとんどでない特徴があり、のどのかゆみの原因として考えにくいかもしれません。

乾燥しないように保湿する

乾燥が進み、皮膚が硬くなるのが目に見えて感じ取ることができます。そのため、子供がいる家庭では風邪をひいて小児科に行くと、風邪薬と一緒にアトピーの薬をもらうことがあると思います。私自身も、娘がアトピーになってすぐの頃はそうでした。保湿ができていなかったため、乾燥の進み方が早くて悩んでいました。

喉の調子が悪くなっても、アトピーを悪化させないようになる方法があります。それは、保湿を徹底的に行うことです。大人の場合は、風邪をひきかけているときは自分自身で感じ取ることができるので、自分自身で気を付けます。子供の場合は、鼻水が出たり咳をしたりするときに、アトピーの状態も観察します。乾燥が始まる前に保湿を行っておくことで、アトピーが悪化するのを防ぎます。少し乾燥が始まっている場合は、早めにステロイドで治しておきます。

アトピーは一度ひどくなると、なかなか改善しません。風邪が原因でひどくなった場合、風邪が治ってもアトピーはひどい状態が続いています。風邪をひきやすい寒い季節では、アトピーで小児科に通っていると、また風邪をひき、アトピーが治る前にまたアトピーが悪化するということもあります。これを繰り返していると、なかなか治りません。春は中国からの空気が流れてきます。悪化する原因です。

喉が痒くなってしまう理由

アトピーは、とかく肌の痒みがクローズアップされる傾向があります。それは確かに正しいです。現にアトピーで苦しむ人々は、肌に大きな痒みを伴ってしまう事も少なくありません。

ところでアトピーは、喉の症状とも大きな関係があります。喉には様々な症状が発生する傾向がありますが、状況によってはアトピーを疑った方が良いでしょう。

まず喉に対する痒みです。喉が痒くなる確率は比較的低いですが、たまにそのような状況もあるのです。そして喉が痒くなってしまう事は、たいてい黄色信号と言えます。体に異変が生じているので、ちょっと信号が発せられている訳です。

それで喉が痒くなってしまう理由としては、まず食物性アレルギーが考えられます。特定食材に反応する時は、アトピーではありません。逆に食材とは関係なく喉が痒い時は、アトピーが疑われるでしょう。

常に喉が痒い時には、アトピーが疑われる

それと季節も関係があります。そもそもアレルギーにも様々な種類があり、特定の時期に喉が痒くなってしまう事はあるのです。しかしアトピーは、基本的にはシーズンとはあまり関係ありません。したがって常に喉が痒い時には、アトピーが疑われるでしょう。

それだけでは無いです。痒みの他に、咳もアトピーと大きな関係があるのです。アトピーによって、ちょっと喉が荒れてしまうからです。ただしアトピーによる咳の場合は、まず痰に特徴があります。本来咳が発生する時には、たいてい痰が併発しています。

痰とは無関係に痒みが生じる時には、アトピーが疑われるでしょう。それとIgEという値もあるのです。それがむやみに高い時などは、やはりアトピーが原因と考えられます。

いずれにしても喉にネガティブな状態が生じてしまった以上は、何とかそれを解決する必要があります。上記のような状態を解決する手段は2つあって、まず運動を心がけることです。運動不足な状態では、どうしても喉の痒みが発生しやすくなります。あまり運動しすぎる事もよくありませんから、適切な程度で体を動かすと良いでしょう。日光に当たる事も大切なポイントになります。

それと免疫力の調整です。そもそもアトピーを患っている人々は、大抵は免疫に関するバランスが崩れています。それでは喉の痒みが強くなってしまいますから、免疫力をアップさせる事も大切なポイントになるでしょう。総じて普段からの食生活が、免疫力アップのキーポイントになる傾向があります。

まとめ

咳の原因
アレルギーの咳
空気清浄機を用意する
喉に症状がでる
喉に刺激を与えてしまうもの
イガイガは病気かもしれません
長期間咳が続いて喉の痛みを感じる場合、もしかしたらアトピー咳嗽の可能性が
アトピー咳嗽になりやすい人とは?
喉がかゆい
喉の炎症
乾燥しないように保湿する
喉が痒くなってしまう理由
常に喉が痒い時には、アトピーが疑われる

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーの色素沈殿は治るのか?

アトピーの色素沈殿 アトピーはかゆいのでついかいてしまい、そうすると症状が悪化しまたかゆくなるとい

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

味噌汁がアトピーに効果あり

味噌汁がアトピーに効果 アレルギーに関する症状は、腹内とは無関係ではありません。お腹の中の環境

記事を読む

アトピーの原因はタンパク質の取り過ぎかも

アトピーの原因はタンパク質? アトピーは小さな子どもがなりやすい皮膚の病気で、皮膚が炎症を起こ

記事を読む

アトピーにニンジンが効果あり

アトピー改善にニンジンを食べよう アトピーはかゆみがあり、肌の見た目もあまりよくありません。で

記事を読む

子供のアトピーと老人性アトピー

アトピー関連の本を読み漁る 私の娘が幼い頃は夏場など汗ばむ季節に入ったら腕の内側や膝の内側があ

記事を読む

水素水のアトピーへの2つの効果

水素水の2つの効果 最近では、水素水という製品が薬店などで陳列されるようになってきました。それ

記事を読む

アトピーの人は髭剃りの時に注意する

アトピーの人は髭剃りに気を付ける アトピー性皮膚炎の方は肌が基本的に弱いです。外部からの刺激に

記事を読む

アトピー性皮膚炎・薄毛を改善しながら成長しよう

子供のころから全身がかゆい 私は小さなころからアトピー性皮膚炎を発症し悩まされてきました。子供

記事を読む

炭酸水でアトピー改善

炭酸水の効果 炭酸水は、疲労回復、便秘改善、血行促進、美肌効果、抜け防止の効果があると言わ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑