アトピー性皮膚炎・薄毛を改善しながら成長しよう

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

子供のころから全身がかゆい

usuge
私は小さなころからアトピー性皮膚炎を発症し悩まされてきました。子供のころから全身がかゆく、皮膚を傷つけるほど掻きむしってしまうため肌もあまりきれいではありませんでした。

夏は暑さでかゆくなり、汗でかぶれたりもしました。冬は乾燥でカサカサになりかゆくなります。春や秋の季節の変わり目の時期も、気候の変化についていけずに肌の調子は悪くなっていました。一年中、毎日かゆみと闘ってきました。

小学生の頃は、自分ではかゆみを我慢できずにいつまででも掻いてしまうので、ひじの内側やひざの後ろ、太ももの後ろ、首回りなど皮膚の柔らかいところはいつも湿疹がありました。相手の気持ちを考えられないような年頃なので、クラスメイトには「ブツブツがある」「なんでこんなにカサカサなの?」と心無い言葉を言われたこともありました。どうして私だけ・・・と自分の体質を嫌になったことも何度もありました。

女子高生の時もアトピーでした

それから少し大きくなると、クリームを塗ればかゆみを抑えられるし、肌も傷つけずにきれいに保てることが理解できるようになり、気を付けるようになりました。女子高生の頃は、まわりの女の子はみんな短いスカートを履いて、ツルツルの手足を出してかわいさを競っていました。

私も同じです。みんなのようにスカートを履きたいし、流行りのファッションをしたくなります。なので毎日保湿クリームは忘れずに塗り、かゆくても掻かないように気を付けていました。皮膚科で処方されるステロイドを適度に使いながら、だんだんときれいな肌になるように先生に指導してもらいました。

とてもかゆみが強く、掻き壊してしまったような傷にはステロイドを塗って直し、きちんとした皮膚に戻してから、保湿クリームで乾燥を防ぎ、かゆみの再発を防ぐという治療方法でした。

私の使っていたステロイドは軟膏タイプで、塗るとべとべとするし見た目もテカテカしていたので周りの目が気になり嫌でしたが、掻き壊してしまった傷には効き目があり、3日もすればきれいになりました。きれいになっても皮膚の中まできちんと治す意味でもう2日間はステロイドを塗り、翌日からは毎日朝と夜の保湿クリームで、かゆみを抑えるようにと言われていました。そのおかげなのか、皮膚に免疫が出来て強くなってきたせいなのか、その頃からは、かなりアトピーの症状は治まっていました。

社会人でアトピー再発

就職し、社会人になるとまたアトピーが再発しました。かかりつけの皮膚科に行くと「原因はストレスではないか」という事でした。仕事の疲れ・プレッシャー・人間関係など会社に勤めるようになってからは悩みがたくさんありました。体が疲れたり、心が沈んでいたりすると、昔と同じで皮膚の柔らかいところが、またかゆくなるのです。

とても疲れているときには、血が出るほど掻きむしってしまうこともありました。そして、その頃から頭皮にもかゆみが出るようになりました。それは子供の頃には症状はなかったのですが、大人になってから、頭もどうしようもないくらいかゆくなる時がありました。体の皮膚と同じで、いつまでも掻いてしまいます。

髪の毛が少なくなりました

その結果、頭皮がポロポロとふけのように落ちてきて、髪の毛を洗う時にピリッとしみて痛みを感じることもありました。そんな日々が続き、気が付くと髪の毛の量が少なくなっていました。上から見ると、かさついた分け目がくっきりと見え、頭皮も昔より目立つようになっていました。鏡で頭のてっぺんをのぞき込むと、肌色がちらほらと見えるのです。

20代前半までは、そんなことはありませんでした。もともと髪の毛の量は少ないほうでしたが、頭のてっぺんは真っ黒、つむじが見えるくらいだったと思います。それに気づいてからは、アトピー性皮膚炎専用のシャンプーを買い、薄毛予防を始めました。頭がかゆくても、掻きむしらないで我慢しました。シャンプーを続けると効果も少しずつ出てきて、頭皮のカサカサも解消され、掻かなければ髪の毛もそれほど抜けなくなりました。

スポンサーリンク

結婚、妊娠

毎日のストレスに負けないように、そしてアトピー肌や薄毛を予防することに、いつも気を使っていました。そして30代になる頃に結婚し、妊娠しました。妊娠期間中もまたまたアトピーに悩まされました。妊娠すると乾燥がひどくなり、夏でも保湿クリームが欠かせないほど全身カサカサしていました。

皮膚科で処方された薬を塗ってもなかなか治りませんでした。この時は妊娠していたので、すぐに治せるステロイドは塗らなかったせいもあると思います。ステロイドを塗って肌からお腹の赤ちゃんへ影響することはないと説明は受けましたが、何となくステロイドを塗ることに抵抗がありました。なので、何とか保湿クリームで耐えるしかありませんでした。

頭皮も同様で、乾燥によりまた髪の毛がよく抜けるようになりました。アトピー用のシャンプーは継続して使っていましたが、妊娠の影響なのか、かゆみが治まりませんでした。

保湿クリームをいくら塗っても、大きくなってくるお腹もかゆくて掻きむしる。頭もかゆくて掻きむしる。その結果、肌にはぼつぼつと湿疹ができたり赤くなったり、髪の毛も大量に抜けて、また薄毛が進行し始めました。ただでさえ出産後は薄毛になると聞いていたのでとても不安でした。皮膚科の先生と産婦人科の先生両方に相談し、保湿クリームと漢方の飲み薬を併用し、その時期は乗り越えました。

そして無事出産。産後も赤ちゃんのお世話に追われ、自分のケアは後回しになり、肌はボロボロ、抜け毛も出産後はさらに多くなり、気になるけど手が回らないという日々が続きました。赤ちゃんを抱っこしり授乳すると、肌と肌とピタッと密接しかゆくなるので、長袖を羽織ったりタオルを挟んだりと工夫しました。

それでも最近は、子供が成長し歩けるようになり、授乳期が終わり、少しずつ自分の時間が持てるようになってきました。またステロイドと保湿クリームの併用を再開し、できるだけかゆくならないように努力しています。気になっていた薄毛も美容師さんに相談しながらシャンプーと頭皮マッサージでケアを続け、抜け毛予防をしています。

今では、小さい頃から悩まされてきたことなので、かゆみや皮膚の炎症は自分次第で改善するし、また悪化することもわかってきました。毎日続けることは大変ですが、アトピーとはうまく付き合っていくしかありません。

娘もアトピー

3歳になる娘も肌が弱く、アトピーのようです。妊娠したころに、お母さんの持っているアレルギー体質は赤ちゃんに遺伝しやすいと聞いていたので、覚悟はしていましたが、子供がかゆがるのは自分のこと以上に辛いです。

1歳になる前は、肌着の擦れるところが赤くなったり、オムツかぶれもよくしました。汗をかいたら着替えをしたり、乾燥したらクリームを塗り、オムツ交換の時にはお湯できれいに洗ったり、いろいろと気を付けていましたが、よく湿疹ができていました。

かゆいのに「傷になっちゃうから掻いちゃだめだよ」と小さな子供に伝えてもなかなか理解できません。今の私なら、かゆみは我慢できますが娘にはまだ無理のようです。眠くなると体温が上昇するせいか、全身かゆがります。背中にクリームを塗りながら優しくマッサージすしあげるといつの間にか寝ています。

今はまだ幼い娘ですが、年頃になると私がそうだったようにアトピーに悩まされるのかと心配にもなりますが、自分でも経験してきたことなので娘と一緒に乗り越えていきたいと思っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーの人がうつになってしまう訳は!?その理由と改善方法

アトピーが発症しやすい2つのパターン アトピー性皮膚炎で悩む患者さんが最近増えてる傾向があって

記事を読む

整体がアトピーに効果的な理由とは

ステロイドの薬を塗っていましたが アトピー性皮膚炎と診断されたのは、今から約20年近く前のこと

記事を読む

アトピーで抜け毛が増える

アトピーで抜け毛 アトピーによる症状は、とかく痒みがクローズアップされがちです。確かにそれも深

記事を読む

保湿効果のある椿油がアトピーに効果あり

椿油で乾燥防止 アトピーを何とかしようと思う方々は、しばしば椿油を用いています。乾燥を防ぐ効果

記事を読む

味噌汁がアトピーに効果あり

味噌汁がアトピーに効果 アレルギーに関する症状は、腹内とは無関係ではありません。お腹の中の環境

記事を読む

アトピーにピラティスってどうなの?

ピラティスは代謝を活発にする ピラティスを行うことで、アトピーの改善効果を期待することができま

記事を読む

アトピーの対処方法~濡らさない、こすらない、叩かない~

アトピーの対処方法 アトピーに対しては、こすらず濡らさず抑えず冷やさず叩かないということを守っ

記事を読む

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピーにびわの葉が効果あり

びわは春から初夏にかけて、実が出回ります。実はとてもおいしいので、好きな人も多いのではないでしょ

記事を読む

アトピー性皮膚炎にはりんごが効く

アトピーにリンゴ アトピー性皮膚炎とは、元々アレルギーを起こしやすい体質の方や、肌が弱い方によ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑