アトピーと漢方について

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

漢方を試してみた

kannpou
アトピーになって10年間、いろいろな化粧水や保湿剤を試してみましたがアトピーは完治せず毎日悩んでいました。この頃はプロトピックやステロイド、保湿剤はヒルドイトで痒み止めは抗ヒスタミン剤を飲んでいました。外からアトピーを抑えるのではなくて、内側から治していきたい…そう思うようになり、回りから漢方薬を試してみたら?と言われたので当時通っていた病院の先生に相談しました。

すると先生がたしてくれたのは葛根湯でした。「これって風邪の時とかに飲むやつでは?」と思ったのですが、葛根湯は(体を暖めて病気を発散)という効能があるらしくアトピー治療に使う場合も多いんだとか。葛根湯は保険も適用されるので他の薬代と値段は変わりません。とりあえず、試しに朝、昼、夕の1日3回飲んでみる事にしました。

しかし3ヶ月たってもまったく体調に変化はなく、やっぱり漢方でもダメなのかな…と思っていました。私に漢方を進めてくれた知人に相談すると、「漢方は東洋医学に詳しい漢方薬の専門家に処方してもらった方がいい」と言われました。病院は西洋医学なので基本的に医師は漢方薬の詳しい飲み合わせや、その人に合った処方の仕方もあまり詳しくないそうです。

スポンサーリンク

漢方薬局にいってみた

知人に紹介してもらった漢方薬局にまずはカウンセリングに行ってみました。電話での予約の際にアレルギーテストを受けた事があるならその結果表と今通っている病院の処方箋を一緒に持ってくるように言われました。カウンセリングでそれらを見せると漢方医に「アトピーを根本的に治すなら、まずはステロイドを止めなければいけない。

まずは脱ステをしなければいけないが、当然しばらくはリバウンドでアトピーがかなりひどくなる。ステロイドを体から出しきってからアトピーを治す治療を始める」と言われました。リバウンドでアトピーがひどい期間はだいたい3ヶ月でアトピー自体が治るのは一年くらいと言われました。

しかし、私は昔、脱ステをしてそれは辛い思いをしたので何とかステロイドを使いながら少しずつアトピーを治していきたいと伝えました。すると漢方で治療するにしても、普段の食事が大事なので食事制限はしなければならないのでまずは食事制限から始めてみては?と言われました。

アトピーの人が食べてはいけないものは肉、乳製品、ラーメン、お菓子、アイス、砂糖などです。私は厳格にこの食事制限を一年続けました。するとだいぶアトピーの症状は収まりました。漢方を併用していればもっと早かったと思います。

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

水着姿がうらやましかった

水着姿がうらやましかった 私は肌が弱く、アトピー体質で、さらに乾燥肌のためにきびも出来やすい体質で

記事を読む

老人性のアトピーは完治しにくいと聞いてから

10代からアトピーでした アトピー体質は10代の前半からありました。一時期は環境の変化があった

記事を読む

アトピーにケイ素が効果あり

パジャマが血だらけ こどもの頃(幼児期~小学校高学年頃まで)にアトピーで皮膚科に通院していまし

記事を読む

アトピーに効くワセリンは白色だった

アトピーにワセリンが効いた 私は、長い間、アトピーで悩んでいます。子供の頃は、かなりひどくて、全身

記事を読む

ロコイド軟膏でまずは様子を見る

35歳でアトピー再発 私は幼いころからアトピー性皮膚炎で悩まされてきまいた。年齢とともにその症

記事を読む

アトピーの赤みとかゆみをレーザー治療で克服

アトピーのレーザー治療 アトピーは、レーザーとは密接な関連性があります。もしも痒みが酷い時には

記事を読む

アトピーの最終段階!辛い紅皮症を乗り切るためのポイント

アトピー紅皮症 紅皮症という皮膚の症状をご存知ですか?一般の人には縁が無い名前のため、どのよう

記事を読む

アトピー体質改善で改善

高校1年生でアトピーと診断されました 私は生まれつきアレルギー体質であり、喘息、鼻炎、花粉症、

記事を読む

アトピー梅雨時期の肌ケアと生活スタイル

アトピー梅雨時期 アトピー体質の方ならば分ると思いますが、夏場は意外と調子が良かったりするので

記事を読む

アトピー私の化粧方法

アトピーとは そもそもアトピーとは、一般的にアトピー性皮膚炎そのものの事を指すのが、通常の定義

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑