アトピーにはウォーキングが効果的!運動をして血行を良くしよう

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーに運動

wo-kinngu
アトピーを治したいと思っているのに運動不足になっている人はいませんか?アトピーと運動は関係ないと思うかも知れませんが、実は皮膚の状態を改善するのにはウォーキングがとても効果的なのです。

まずアトピーの改善には、汗をうまくかくことと血行を良くすることが大切です。そして、運動をする場合には有酸素運動をすることをおすすめします。

ジムで行う筋トレなどの無酸素運動もいいのですが、それよりはウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動をすることで、心拍数が程よく上がり全身の血が巡り始めます。

アトピーの人は肩こりなど筋肉が固くなっていることが多いです。それを改善して、背中や肩甲骨を良く動かすようにすることで肩こりなども改善できますよ。

またウォーキングは外ですることがほとんどですよね。アトピーの人はどうしても部屋にこもっていることが多く、また移動も車ばかりになっている可能性があります。そのような人が、外の空気を吸って日光を浴びながら歩くということ自体が、全身のバランスを取りアトピーを根本から改善するための秘訣なのです。

日光を浴びる

また日光をしっかり浴びることで脳内に「セロトニン」というホルモンが分泌されます。セロトニンが出ると、気持ちも前向きになり自律神経が整っていきます。それはアトピーにも良い効果を与えますよ。

スポンサーリンク

しかしなかなかウォーキングを始めるのは難しい…と思う人は、日が暮れてから歩くようにしてみましょう。人目を気にしなくて良いという事と、汗をかきにくいというメリットもあるため始めやすい時間帯です。

夜のウォーキングは日光を浴びることはできませんが、やらないよりは何十倍もましです。毎日歩くことで、1か月後のアトピーが楽になっていると思えばモチベーションも上がりますよね。

今はデザイン性の高いウェアや、ウォーキングための防犯グッズも充実しています。自分の気分が上るアイテムを買うことは、歩くモチベーションをさらにアップさせてくれますよ。

歩く際には、背中の筋肉を意識して手を振って歩くようにしましょう。アトピーの人はリンパの流れが悪くなっていることが多いです。そしてリンパ節は脇や鎖骨、首筋にたくさん集中しています。

そこを意識して腕を振って歩くことで、全身の血行が良くなります。これはアトピーのための体質改善にとても有効です。だらだら歩くのではなく、10分でもいいのでしっかりと全身運動をするようにしましょう。そして汗をかいたらシャワーを浴びて、スッキリして眠るようにしましょうね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

手の甲や手の平にできるアトピーの原因と特徴

アレルギー物質への過剰反応 アトピー性皮膚炎はアレルギー物質が体内に入った時過剰に反応する免疫

記事を読む

アトピーの人がうつになってしまう訳は!?その理由と改善方法

アトピーが発症しやすい2つのパターン アトピー性皮膚炎で悩む患者さんが最近増えてる傾向があって

記事を読む

アトピーと低気圧の関係

低気圧とアトピー 一見すると何も関係無いように見える要素が、体調不良などに関わってくる事例はた

記事を読む

アトピーと羽毛布団で大事なことは

アトピーに羽毛布団は アトピーでお悩みの状況では、布団の素材が気になる事があります。特定の布団

記事を読む

アトピーへの温泉の効果

アトピーに温泉が効果あり 温泉は、皮膚の症状に良いとよく言われます。それでアトピーを患っている

記事を読む

アトピー肌のケアと生活習慣

赤ちゃんの頃から肌が弱い 私の子供はアトピー性皮膚炎持ちです。もともと食物アレルギーもあるため

記事を読む

アトピー改善に針とバナナクリーム塩

針とバナナクリーム 私は小さい頃からアトピーが酷くて、女の子ということもあり親がいろいろなこと

記事を読む

アトピー性皮膚炎の人にとって、コーヒーは飲まない方がいいの?

コーヒーとアトピー  コーヒーに含まれるカフェインは、アトピー性皮膚炎の人にとって、有益なもの

記事を読む

アトピーの部分は濡らさない

アトピーの部分は濡らさない アトピーの部分は、濡らさないことで少しずつ症状が改善していきます。

記事を読む

梅雨時期のアトピーのケア方法

梅雨時がつらいアトピー 梅雨時期はアトピー体質の人は特に辛い時期になると思います。アトピー体質

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑