唇のアトピーが辛い!自然素材のリップケアで改善してみよう

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

唇にアトピー

6522712d05acf669c9676d8526d2636a_s
アトピーは体のいろいろな場所に出てしまうので、見た目も気になりますし本当に困った病気です。その中でも、顔のアトピーは隠すことが難しく悩んでいる人も多いことでしょう。今回は、唇のアトピーとリップの関係について考えてみましょう。

顔のアトピーは、口まわりに出ることが多いです。カサカサしたり、ひび割れてしまったりすると辛いですね。そして口まわりのアトピーは、飲み物や食べ物の刺激などでも悪化してしまうためなかなか治りにくいのが現実です。

そこで気を付けたいのは、毎日使うリップ。唇が乾燥して痛いとついつい何かを塗りたくなってしまいますが、市販のリップにはいろいろな人工の成分が配合されています。これがアトピーの人には刺激になってしまうことがあるため、悪化させないためにはリップの成分を気にして買うようにしましょう。

まずいい香りをさせるための香料などは、本来は乾燥防止に必要のないものですよね。かわいらしいパッケージにつられて買ってしまいがちですが、アトピーの人は気を付けたほうが良いでしょう。

またすーすーして気持ちが良いメンソールも、人によっては悪化の原因になります。唇のアトピーが悪化している人は、一度リップを見直してみましょう。

ワセリンがお勧め

もしアトピーが辛くて、少しでも刺激のないものを使いたいと思うならナチュラルなものを選びましょう。おすすめはワセリンです。こってりしたワセリンは、小さな容器に詰め替えて持ち歩くとリップクリーム代わりになりますよ。

スポンサーリンク

またドラッグストアで買える一番おすすめのアイテムは「シアバター」です。シアの実から取った完全にナチュラルなバターなので、敏感肌の人にも使うことができます。これもこっくりした固さがあるので、リップの代用になります。

もし手作りが好きな人は、シアバターを一度湯せんで柔らかくしてから好きな香りのアロマオイルを数滴たらしてみましょう。そして柔らかいうちにカワイイ容器に入れ、冷蔵庫で再度固めます。すると自分好みのリップバームが完成です。

ラベンダーやレモングラス。ローズなどの香りを天然素材で付けることができるので、とってもおすすめですよ。アトピーは我慢することがたくさんあって辛いですよね。せめてリップくらいは気に入ったものを使えるようにしましょう。

唇のアトピーを悪化させないためにはまずは清潔にすることが大切です。食べ物やホコリが付いたら、こすらずに優しくふき取りましょう。そして、刺激のないリップで乾燥ケアをしっかりするようにしましょう。顔のアトピーが少しでも楽になるようにしたいですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーにレバーが効くって本当?

アトピーにレバーは効果あるの? 小さい頃からアトピー性皮膚炎に悩まれている方は多くおられるかと

記事を読む

かゆいアトピーにお菓子は大敵

アトピーにお菓子は要注意 アトピーで悩んでいる人は多いですね。しかしアトピーは原因不明の病気のため

記事を読む

アトピーと水疱瘡(みずぼうそう)について

子どもがかかりやすい水疱瘡(みずぼうそう) 子どもがかかりやすい病気で水疱瘡(みずぼうそう)が

記事を読む

アトピーの洗顔料選び

洗顔のし過ぎでアトピーが悪化 私は小さい頃からアトピー肌・乾燥肌で悩んできました。アトピー発症

記事を読む

アトピーで犬を飼う

アトピーの友達 もう嫁いで住んでいないのですが、私の実家のお隣さんに、私の3つ下の女の子、さら

記事を読む

アトピー肌で、フケが気になる方のヘアケア

アトピーによるフケやかゆみ アトピー性皮膚炎は、乾燥傾向の皮膚の方に多い皮膚病です。強いかゆみ

記事を読む

セラミドはアトピーに効果的!?

肌の成分セラミド 私自身が長年、アトピー体質である事もありまして、少しでもアトピーの症状や痒み

記事を読む

アトピーの彼女への思いやり

彼女がアトピー アトピーで死ぬことはありませんが、アトピー症状は軽減や緩和はできるけれど、完全

記事を読む

アトピーと殺菌について

黄色ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌は、人々に対して痒みを引き起こしてしまうケースが多いです。特に夜

記事を読む

アトピーで耳切れ?

気づかないうちに耳切れ アトピーの場合、耳切れが起こることが多く見られます。耳切れは、少し乾燥

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑