アトピー肌を改善するには、ランニングなどの運動がGOOD

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

近年増えているアトピー

rannninngu
アトピー性皮膚炎は、ここ数十年でうなぎのぼりに急増している病気です。時代のながれとともに、どういった病気が流行るかというのは、人々の生活習慣の変化が関係していることが多くありますね。

アトピー肌の場合も同じく、年配の人がアトピーであるというのはあまり聞きません。ですから、アトピーの原因というのは遺伝によるもの、ということだけでは説明がつかず、生活の変化によるものが大きく関係しているといえるでしょう。

今回は、アトピーの要因になる生活習慣、そしてアトピー肌を改善するために効果が期待できる「ランニング」についてお話をしたいと思います。アトピーをはじめとしたアレルギーというのは、体を緩めたりリラックスする神経の支配下にある「リンパ球」という細胞が増えすぎた結果起こるものだと考えられています。

リラックスすることや体を緩めることっていいことじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の健康というのは「緊張」と「緩和」のバランスで成り立っています。リラックスも行き過ぎてしまうと健康を害すということなのですね。
アトピー肌を改善していくには、適度な「緊張」が必要になります。

アトピーにランニングが効果あり

リラックス過剰な生活、具体的には「甘い食べ物の摂取」「夜更かし」「運動不足」などがあげられます。それらを正していけば、アトピー肌を健康な肌に戻す可能性を高めることができるということでもあります。

スポンサーリンク

とはいえ、食生活や睡眠状態を改善するのはけっこうな根気がいることですし、いきなり多くを改善しようとするとかえってストレスが溜まり過ぎてしまいますよね。その点「運動」は、行うことによってストレスもリリースすることに繋がります。

運動にも様々なものがありますが、おすすめなのは今日からできる「ランニング」です。ランニングの良さは、特別なにか用意することもないですし、自分のペースで始められます。さきほど申し上げたように、「緊張すること」も「緩めること」ということも、過剰になると健康肌から遠ざかります。

ランニングは適度に心拍数を上げますので、健康にとってもいい感じの緊張を作ってくれますよ。アスリートや運動を習慣にしている人に、アトピー肌の人はあまりいないことご存知ですか。そのことからも「運動」と「アトピー」が無関係ではないということが分かると思います。

ランニングの効果が期待できるのは、20分走った時点からとされています。1日20分ならそんなに難しいことではありませんね。機械化が進んだ現代では、健康に生きるための運動が足りていない方がとても多いです。ぜひ生活の中にランニングを取り入れて、ストレスをリリースしながら、アトピー肌を改善していきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー性口唇炎

アトピーの症状が唇に現れることもあります。それをアトピー性口唇炎といいます。症状は乾燥して皮が剥

記事を読む

アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすい

呼吸器感染症 アトピー性疾患を持ってる患者は呼吸器感染症になりやすいのが欧州呼吸器学会で発表さ

記事を読む

アトピーの対処方法~濡らさない、こすらない、叩かない~

アトピーの対処方法 アトピーに対しては、こすらず濡らさず抑えず冷やさず叩かないということを守っ

記事を読む

セラミドはアトピーに効果的!?

肌の成分セラミド 私自身が長年、アトピー体質である事もありまして、少しでもアトピーの症状や痒み

記事を読む

アトピーで抜け毛が増える

アトピーで抜け毛 アトピーによる症状は、とかく痒みがクローズアップされがちです。確かにそれも深

記事を読む

ポップコーンはアトピーにどうなの?

食品はアトピーに影響を与えますが・・・ 日常的に食べる食品によっては、痒みなどを引き起こしてし

記事を読む

アトピー性皮膚炎の人にとって、コーヒーは飲まない方がいいの?

コーヒーとアトピー  コーヒーに含まれるカフェインは、アトピー性皮膚炎の人にとって、有益なもの

記事を読む

アトピー症状と私の好きなラーメンとの関係

食べないようにしているもの 10代の後半からアトピー症状が出る事がありました。現在は40代にな

記事を読む

アトピーの人はラーメンを控えたほうがいい訳は?

アトピーと腸内環境 アトピーは、腸内環境と密接な還元性があります。一見何も関係無いと思われる皮

記事を読む

鉄分不足も過剰摂取もアトピーに悪影響

鉄分が不足すると 肌に対する痒みの症状は、栄養状況と無関係ではありません。特定の栄養分が不足し

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑