アトピーにぬか漬けが効果あり

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーにぬか漬けが効果あり

nukaduke
アトピーに効果を発揮してくれる食材は、色々とあります。その1つがぬか漬けなのです。それを数ヶ月ほど食べ続けた方々が、痒みの症状が改善されている事例は確かにあります。なぜならその食材は、お腹の中に働きかける力が期待できるからです。

そもそもアトピーという症状は、小腸と非常に大きな関係があります。なぜなら小腸における状態は、免疫力などに大きく関わるからです。ところでアレルギーに関する症状が生じる理由の1つに、抗体の暴走が挙げられます。本来それは人間に対してポジティブな影響を及ぼしてくれるのですが、残念ながらたまに暴走してしまう事があるのです。

その理由の1つが、お腹の中が荒れてしまっているからです。人によってはたまにお通じに関する問題が生じているでしょう。とても頑固な便秘で、かなり長い間お悩みの方々も目立ちます。それでお通じに関する問題は、上記の抗体にも悪影響を及ぼしてしまう訳です。暴走率が高まってしまうのですね。

それで様々な連鎖反応が生じて、最終的にはアトピーによる皮膚の痒みが生じる傾向があります。したがって痒みを何とかしたいと思うなら、腹内環境の改善をする事が望ましいのです。それで腹内に対して力を発揮してくれる食材として、上記のぬか漬けが挙げられます。それは胃液などでも溶かされづらい性質があるので、アトピー改善の効果も期待できる訳です。

腸内環境を整えるぬか漬け

そもそも腹内の環境を改善させるとなると、ヨーグルトなどの選択肢もあります。どころが胃袋の中には、とても強い酸があるのです。折角その乳製品を食べても、胃袋で溶かされる事もあります。それで肝心の小腸まで届かない事も多い訳です。ところがぬか漬けの場合は、たとえ胃酸でも簡単には溶かされづらい性質があります。

小腸に対する到達率が、とても高い食材なのですね。もちろんそれがお腹の中で活躍をして、腹内環境が改善される訳です。最終的には上記の抗体の暴走発生率も低くなりますので、アトピーが生じる事も少なくなります。それで様々な連鎖反応が生じて、痒みが多いのです。ですので痒みが少々気になる時には、ぬか漬けの摂取などを心がけると良いでしょう。

ただし即座に効果を発揮する食材ではありません。それを食べたからと言って、当日中に痒みが収まる訳でもないのです。上記でも少し述べたように、数ヶ月ほどかかるケースが殆どなので、ある程度長い目で様子を見る事も必要です。少なくとも4ヶ月程度は、ぬか漬けを食べ続けて様子を見ると良いでしょう。

ぬか漬けとは

ぬか漬けはおいしいので、ごはんのおともに是非ともほしい食材です。野菜のコリコリした歯触りと食欲をそそる塩気がたまりません。あまりたくさんは一度にたべられませんが、ご飯の時に少量あると嬉しいおかずではないでしょうか?

ぬか漬けとは、古くから日本で食べられていたもので、米ぬかを発酵させ、その中に野菜を漬けこんだものです。入れる野菜としては、大根やきゅうり、カブ、なす、ニンジンなどが一般的です。変わったところでは、かぼちゃやキャベツ、アスパラなどがあります。

野菜は生のものよりも、ぬか漬けにしたほうが栄養価が高くなります。そしてぬか漬けに含まれている植物性乳酸菌は、腸内環境をよくするのに適しています。

ぬか漬けは美肌効果があるので、アトピーに効果があるのはもちろん、便秘解消やダイエット、バストアップ効果があるともいわれています。特に女性にはうれしい効果がたくさんあります。

スポンサーリンク

ですがぬか漬けにも欠点があります。それは塩分が高くなってしまうことです。塩分が高くなってしますので、成人病にかかりやすくなってしまうので、注意が必要です。どんなに体にいい食材でもそれだけ食べていては、逆に体に悪影響を及ぼしてしまいますので、やはりバランスの摂れた良い食生活にする必要があります。

米汁発酵液

お勧めなのは、米汁発酵液です。米汁発酵液は、自分で米のとぎ汁から作ります。約一週間で使えるようになります。詳し作り方は、米汁発酵液とインターネットで検索すればすぐに見つかります。

自分で米汁発酵液を作り使うので、自己責任でお願いします。なぜ、この米汁発酵液に効果があるかというと、ヒトの皮膚には善玉菌と悪玉菌が混在して生息しています。健康な皮膚の状態は、善玉菌と悪玉菌のバランスが善玉菌の方が優勢な状態になっているそうです。

米のとぎ汁には、この善玉菌が多く生息しています。わかりやすい簡単な例は、ヌカズケです。自分でヌカ床を作りヌカズケを漬けたことがある人はご存知だと思いますが、ヌカ床をかき混ぜる手は肌がつるつるになります。

ヌカの臭いがなかなか落ちないので嫌がられますが、どんなハンドクリームより効果があります。これはヌカ床の善玉菌が、毎日ヌカ床を混ぜる作業で、手に住みつくようになるからです。

ヌカは白米の外側に付いています。つまり米のとぎ汁には、この善玉菌が沢山住んでいるのです。その米のとぎ汁を上手に発酵させることで、より善玉菌が増えたつまり効果的な発酵液となるのです。(発酵に失敗すると悪玉菌が増えた腐敗液となってしまします。注意して下さい。)

入浴剤として使用

アトピー性皮膚炎の場合、悪玉菌が直接その原因ではありませんが、皮膚の善玉菌を増やし悪玉菌との勢力争いで、常に善玉菌を優勢にすることで、皮膚のコンディションを良くし、免疫力、回復力の向上をアップしようというものです。

ここで重要なことは、この方法で完治するのではなく症状を改善するということ、コンディションの良い皮膚を維持することで、上手にアトピー性皮膚炎と付き合っていくということです。即効性が高く、その副作用が何かと話題になるステロイド剤を使用してもアトピー性皮膚炎を完治することは難しいことは、みなさんが良く知っていると思います。

だったら、危険性と隣り合わせの薬ではなく、みなさんが毎日食べている食品から、目に見える形で作ったもので、症状を改善する方が安心だと私は考えます。米汁発酵液の具体的な使用方法ですが、入浴剤として使用する方法が簡単です。始めは少量から試して下さい。肌に異常がなければ徐々に増やしていくと良いようです。私はお風呂に200cc程度を入れています。肌の状態に合わせて、各自で調整してみて下さい。

まとめ

アトピーにぬか漬けが効果あり
ぬか漬けとは
米汁発酵液
入浴剤として使用

ぬか漬けはアトピー改善にとても効果が期待でき、そのほかにも特に女性にうれしい効果もあり、さらになによりおいしいので是非とも食事に取り入れたいおかずです。ですが何事もほどほどがいいので、食べ過ぎて塩分の取り過ぎにならないように気を付けてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

りんご1個はアトピー知らず!

アトピー改善にりんご アトピー性皮膚炎になると、辛い痒みだけでなく肌のダメージも大きいので悩ん

記事を読む

アトピーの人がうつになってしまう訳は!?その理由と改善方法

アトピーが発症しやすい2つのパターン アトピー性皮膚炎で悩む患者さんが最近増えてる傾向があって

記事を読む

アトピー対策グッズ 掃除機と除湿器

アトピーとダニ アトピーは、とても厄介な症状を伴う事は間違いありません。肌の見栄えが大きく悪く

記事を読む

アトピー改善にぬか漬け

腹内環境を向上させる アトピーは、もちろん皮膚に関連する症状です。肌がとても痒くなってしまい、

記事を読む

アトピーと木酢液について

木酢液には殺菌効果 アトピーによる痒みを何とかしたい時には、木酢液という手段はあります。主に入

記事を読む

アトピーにヨモギが効果あり

よもぎはアトピーに効果あり ヨモギがアトピーに効果があります。ヨモギというのは、道端によく生え

記事を読む

アトピーは犬の毛などで発症することがある

大人になって再発 昔から肌がとても弱い状態にあり、とくにアトピーに関してはとても悩んでいました

記事を読む

アトピーの色素沈殿は治るのか?

アトピーの色素沈殿 アトピーはかゆいのでついかいてしまい、そうすると症状が悪化しまたかゆくなるとい

記事を読む

ブラジャーの締め付け部分にでるアトピー

物心がつく前からアトピー 私は元々アトピー性皮膚炎で、母によるともう物心つく前から発症していたそう

記事を読む

ムダ毛はアトピーにとってどうなの?

ムダ毛処理 ムダ毛が生えている人は、その状態を解消するために脱毛の施術を受けます。健康なお肌の

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑