アトピーに冷水が効果あり

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

ホルモンを増加させる

reisui
アトピーを改善させる為の方法は、色々と存在します。人によっては、冷水で解決している事もあるのです。ただしその方法での解決を試みるにしても、一定程度の期間は必要と考えた方が良いでしょう。

少なくとも、1日や1週間などでアトピーが改善するものではないからです。ところで冷水によってアトピーが改善される理由として、ホルモンが挙げられます。人間の各箇所からは、様々なホルモンが作られている訳ですが、中には副腎で作られるホルモンも存在します。それが多く作られるようになると、アトピーの症状が改善される確率も高まるのです。

ですので痒みが酷い時には、そのホルモンを増加させる事も重要ポイントになります。しかしそれは、急に作られる物でもありません。このため皮膚科の医療機関としては、あえてそのホルモンに似た成分が含まれる薬を処方する事があります。それがよく聞くステロイドです。ステロイドは一定のリスクも存在するのは事実です。

冷水を浴びる

しかし適切の方法で使ってあげれば、それなりに効果を発揮してくれる薬でもあります。それでステロイドの中には、副腎から生成されるホルモンに似た物が入っているのです。人間の体がそれを作り出すようになるまでには、若干の時間を要する傾向があります。しかし時間がかかり過ぎるのも問題なので、医療機関としてはそのホルモンに似たステロイドを処方する訳です。

スポンサーリンク

しかし敢えてステロイドを塗るよりも、冷水を浴びる選択肢もあります。そもそも副腎という箇所は、冷水による刺激で活動が活発になる傾向があるのです。それで普段よりも多くのホルモンが作られる事になります。ただしこの方法には、若干のデメリットもあるのです。それが上記でも触れた、期間に関する問題点です。

少なくとも冷水を浴びたからと言って、即日で効果が発揮されるものではありません。人によっては1年程度を要する事もありますので、若干の時間投入が必要なネックはあります。しかしそれを上回るメリットもあって、それがステロイドに関わる危険性です。やはり薬などは、副作用は懸念されるでしょう。

しかし自分の体が作るホルモンならば、特に何か副作用が生じるリスクも低い訳です。むしろ非常に自然な成分なので、特に問題が生じづらいですね。ですので痒みがひどい時などは、冷水による治療を試みてみるのも一法ではあります。ただしその方法は、それなりの専門知識が豊富なのも事実です。その療法に詳しい方々によく相談をした上で、適切な方法でアトピーの改善を試みると良いでしょう。
<この記事はアトピーの方の体験談です>

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーに緑茶が効く訳は!?ポイントを理解して美味しく治そう

お茶は肌の改善に効果 アトピーに悩んでいる人は、日常に飲むドリンクにも気を使っていることと思い

記事を読む

アトピーの人がトマトを食べることのメリットとデメリット

アトピーの人がトマトを食べるメリット トマトがアトピーにいい理由は、トマトの成分に含まれる成分

記事を読む

アトピーとクレンジングについて

クレンジングにオイル アトピーの方々などは、クレンジングなどは要注意です。間違った方法で洗顔な

記事を読む

アトピーとマラセチア

皮膚表面にマラセチア アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、

記事を読む

アトピー性皮膚炎の基本と傷跡との付き合い方

アトピーの原因 アトピーという言葉は「場所が不特定」という意味のギリシャ語に由来し、特に表皮の

記事を読む

アトピー性皮膚炎・薄毛を改善しながら成長しよう

子供のころから全身がかゆい 私は小さなころからアトピー性皮膚炎を発症し悩まされてきました。子供

記事を読む

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

豆乳でアトピー改善

豆乳は低カロリーで植物性のタンパク質 アトピーの方は、食物アレルギーと大きく関係しているとこと

記事を読む

アトピーとラーメンの関係性

ラーメンはおいしいですが・・・ ふとした瞬間に食べたくなってしまうラーメンですが、食べた翌日に

記事を読む

アトピーに効くという漢方薬である温清飲

アトピーに効果が期待できる温清飲 アトピーに悩む人々としては、肌に関する様々な問題点を抱えてい

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑