アトピーがかゆい時には亜鉛の摂取

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

亜鉛不足しがちな日本人

kaki
日本人の方々は、特定の栄養分が不足している傾向があります。亜鉛などは、その1つなのです。そしてその栄養分は、アトピーとは密接な関連性があります。その摂取量が少ない方々などは、総じて肌の痒みなどを感じてしまうケースも多いからです。

ですのでアトピーが辛い時には、亜鉛の摂取を心がけると良いでしょう。そもそもアトピーという症状は、多くの日本人の間でよく見られます。その理由の1つが、上述の亜鉛なのです。多くの日本人の方々は、もちろん日本食などを摂取しているでしょう。ところが日本食は、少々亜鉛が少なめな傾向があります。

海外諸国の方々と比べると、どうしても亜鉛が不足しがちなのです。しかもアトピーを患ってしまいますと、どうしても亜鉛の消費量が増加してしまう傾向があります。それで更に亜鉛不足が加速するという、負のスパイラルに陥る訳です。逆にその成分を多く摂取できている方々などは、自然に治ってしまう事も多々あります。

現にある医療機関なども、アトピーでお悩みの方々に対して、亜鉛をおすすめしています。それを積極的に摂取するようになってから、数ヶ月ほども経過すると、症状が改善される事例がかなり多いからです。つまりアトピーの自然治癒力を高めてくれるのが、亜鉛の効能の1つなのです。

スポンサーリンク

亜鉛が多く含まれている食材

どのような食材にそれが含まれるかと言うと、牡蠣や肉類などです。いかにも日本食で不足しがちな食材ですが、それを意識して摂取するだけでも、随分と状況は変わってくるでしょう。またサプリメントという選択肢もあります。ここ最近では、薬店などでも亜鉛を多く含むサプリを販売しているでしょう。

ですのでその錠剤を摂取してみるのも、1つの方法ではあります。ただしサプリを服用するとなると、量は調整した方が良いでしょう。と言うのも亜鉛は、多ければ良い訳でもありません。サプリの場合はかなり多くの亜鉛は含まれますが、あまりそれが多すぎると、今度は様々な問題点が生じる事も多いからです。

アトピー改善の為にサプリを用いるならば、1日最大50mgにとどめる方が無難です。それ以上服用してしまうと、また別の問題が生じる可能性があるからです。またお子様などは、少し気をつけた方が良いでしょう。お子様に対する健康被害が懸念されるので、サプリを用いて亜鉛を補う方々としては、やはり大人が対象になります。逆にそれを気をつけていれば、特に問題は無いでしょう。不足しがちな亜鉛を補って、肌の痒み改善を試みてみると良いですね。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

アトピーをメイクで誤魔化す

中学の頃からアトピー 私がアトピーに悩みだしたのは中学のころからでした。ニキビと一緒に紛れてし

記事を読む

アトピーの人が日常で気を付けること

アトピーに漢方 長引いてしまうアトピー性皮膚炎に対しステロイド剤によるコントロールに不安がある

記事を読む

長年悩まされたアトピー性皮膚炎

幼少期からアトピー 私は幼少期からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。母が食事に気をつかって、根

記事を読む

アトピーと弁当について

食べ物が原因? アトピーはそもそもこれといった原因が明確でないのが特徴的です。発症してしまう原

記事を読む

小さい頃からアトピーで現在38歳まで続いています。色素沈殿はひどいものです。

3歳からアトピーでした 物心ついたころからなので、3歳くらいでしょうか?母が言うには、下着のパ

記事を読む

アトピーとマラセチア

皮膚表面にマラセチア アトピーの症状は、特定の菌類と密接な関連性があります。マラセチアなどは、

記事を読む

アトピーと焼き肉について

肌と腸内環境 昨今では、肉類はあまりお腹に良くないという話がよくクローズアップされています。テ

記事を読む

アトピーと抜け毛について

アトピーで抜け毛 髪の毛のお悩みを抱える方々は、とても多いです。その毛髪に関する悩みが生じる理由は

記事を読む

アトピーの部位別原因と対策

アトピーの症状 アトピーの症状には赤いブツブツ、肌が厚くなりガサガサ、ごわごわになったりひび割れる

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑