赤ちゃんのアトピーはどうして起きる?その予防策は?

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

赤ちゃんアトピー

menneki
赤ちゃんの頃からアトピーになる場合、多くは1,2歳になれば症状は改善していきます。それというのも免疫システムが過敏に働いてしまう場合にアトピー症状が出ることが、赤ちゃんに関しては多いことが原因です。

赤ちゃんというとよく似た症状に乳児湿疹もありますが、アトピーは専門の医師でも区別が付きにくいほど似ていると言われますが良くなったり悪くなったりを何ヶ月にも渡って繰り返します。肌荒れがなかなか治らない場合にはアトピーを疑ってみても良いですね。

アトピーを発症する場合、その特定のアレルギーを引き起こすアレルゲンに接していることと、遺伝的要素が考えられます。アレルギー体質が遺伝してしまうと、同じアレルゲンでも遺伝した子のほうがアトピーを発症しやすくもなります。アレルゲンが分かっているのなら、まずはその除去をすることがアトピーの改善には一番大切です。

両親のどちらかがアトピーだった場合、両親の免疫力が遺伝しますのでアトピーを発症する確率は上がります。ただ遺伝だから確実に発症するというわけではなくて、最初から想定できるアレルゲンを除去しておくことで発症を予防することが出来ます。食品や環境などできる限りのことをしておくことが大切です。

スポンサーリンク

免疫力を高める

また生まれた時からしっかりと肌を保湿することでアトピーの発症率を抑えることが出来ることもわかってきています。これは発症してからでは遅いため、生まれた時から続ける必要があります。赤ちゃんの肌というのは大人の肌と比べて厚さもありませんので、アトピーではなくても外的刺激に弱い環境にあります。まずはセラミド配合などの保湿剤で赤ちゃんの肌をしっかり保湿して発症しにくいお肌に整えるという予防をします。

すでにアトピーを発症してしまった場合にも、保湿は大切です。カサカサと乾燥した肌では必要以上に肌のかゆみを招いて、肌をかきむしり症状を悪化させてしまいます。入浴後やオムツ替えをした後のお尻など保湿をすることが必要になってきます。血液検査が出来るのでしたらアレルゲンを特定することも重要です。

離乳食が始まり、乳児食に移行していく中で免疫力を高めていくことにより少しずつアトピーは改善していきます。免疫力を高めるためには赤ちゃんの腸内環境が大きく関係しています。

乳酸菌など善玉菌を多く含む食品が良いですが、乳製品はアレルギーのある子もいますので注意が必要です。発酵食品を使っていて子供でも食べられる身近な料理は味噌汁です。また善玉菌を増やすエサとなるオリゴ糖を砂糖の代わりに使うことも有効な方法です。
<この記事はアトピーの方の体験談です>

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピーと運動 悪化させないための4つのポイント

アトピーと運動について  適度な運動をすることは、アトピーを改善する為に有効な方法です。アトピ

記事を読む

頭に出ていたアトピーの体質を克服して薄毛も改善

産後にアトピー 中学生の事からアトピー体質でした。途中悪化や改善を繰り返して、産後にまた本格的にア

記事を読む

2歳半の息子がアトピー

2歳半の息子がアトピー 二歳半の息子がアトピーです。彼はうまれた直後から乳児湿疹で、一歳七ヶ月まで

記事を読む

大人アトピー6つの原因

大人アトピーの原因 アトピーは、子供だけの病気ではありません。一般的にアトピーと言われる時には、子

記事を読む

アトピー体質の頭皮ケアと整髪料

頭皮がかゆい アトピーになると頭皮が非常にかゆいですステロイド剤などで抑える方法もありますが副

記事を読む

アトピーで全身包帯

アトピーでも悩んでいました 私は現在29歳の男性会社員をおこなっております。自分の趣味ですが、

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは上手く共存していくことが大切です

大人アトピーも増加 トピー性皮膚炎は皮膚の炎症を伴う病気で乳幼児に多くみられるものでしたが、現

記事を読む

アトピーの人が風呂に入る順番は?

子供のころからアトピーでした 今でこそ、アトピー性皮膚炎の症状は治まったものの、子供の頃の私は正真

記事を読む

岩盤浴で汗をかいてアトピー軽減

アトピーで長年、苦しんだ経験があります。アトピーが発症したての頃はアトピーに関しての情報量が少なかっ

記事を読む

ウォーキングでアトピー症状を改善しよう

アトピーと運動 アトピーだと少しの汗でも肌がかゆくなってしまうのでつい運動を避けたくもなります

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑