長年悩まされたアトピー性皮膚炎

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

幼少期からアトピー

私は幼少期からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。母が食事に気をつかって、根菜類や和食を中心に食べさせてくれていました。幼い子供には和食よりもハンバーガーやポテトなどの欧米食、おやつもスナック菓子やチョコレートの方が魅力を感じていました。そのため、何度もわがままやぐずったりして母を悩ませたそうです。

私の希望する洋食やジャンクフードを時折与えてくれたそうなのですが、与えた翌日には全身にかゆみが出てしまったりひどい時は真っ赤にただれてしまったそうです。特に私の場合は、首全般と脇やひじ裏・膝裏などの汗がたまりやすい箇所がひどかったようです。その後も食事に気をつかいながら、皮膚科に通院していました。

皮膚科の塗り薬がきれるとすぐに悪化するため、2週間に1度のペースで通院していました。高校生になった頃、皮膚科の先生から「飲み薬も試してみよう。」と提案されました。飲み薬の方が塗り薬よりも効果は出やすく、服用するとアトピー性皮膚炎をかなり抑えることが出来るとのことでした。

期待をして服用しましたが、副作用の眠気がひどくて学校の授業中に居眠りしてしまうほどでした。皮膚科の先生に相談したところ、「そこまでの強い眠気が出るのなら服用はやめましょう。」と言われました。そのため、幼少期と同様に塗り薬のみでの治療法に戻しました。やがて社会人になり、月に2度もお仕事の合間に通院するのが厳しくなりました。

そのため、塗り薬がきれると首の肌がかゆみが出てただれてしまいました。それを隠すために、首元が隠れるタートルネックやハイネックのお洋服を着るようになりました。皮膚科の先生からは、なるべく患部は通気性の良い状態を保たせた方が悪化しないので、なるべく首を隠すような服は避けた方が良いとのことでした。

とはいっても、やはり人目も気になるのでなかなからそうは出来ませんでした。30歳を過ぎた頃、私は結婚しました。結婚に伴い、転居しました。転居先の皮膚科の先生は、これまでの先生とは治療方針が異なっていました。それは薬を極力減らして、肌に保湿を与える治療法でした 。

スポンサーリンク

早速、私はその治療法を試しました。また、体内からもバリア機能を高めるためにセラミドとコラーゲンのサプリメントを取るようにしました。すると時間はかかりましたが、1ヶ月ほどで赤みやかゆみがなくなりました。更に半月ほどで、全体的にアトピー性皮膚炎の症状が緩和されてただれていた箇所も枯れてきました。

しかも跡も残ることなく肌がきれいになりました。今も年中、サプリメントと保湿を欠かせません。ただそのことを心がけるだけで、通院回数も大幅に減りました。ここ数年は2ヶ月に1度のペースで、問題なく過ごしています。アトピー性皮膚炎から解放されると、気持ちまでも明るくなりました。もっと早いうちに、薬だけに頼らない方法を実践していれば良かったと思いました。
<この記事はアトピーの方の体験談です>

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー性皮膚炎にはりんごが効く

アトピーにリンゴ アトピー性皮膚炎とは、元々アレルギーを起こしやすい体質の方や、肌が弱い方によ

記事を読む

アトピーと爪について

血行不良と爪の状態 あらゆる病気は血液の流れが悪くなれば起きて、アトピー性皮膚炎も血行不良が一

記事を読む

唇のアトピーを改善するにはワセリンがオススメです

アトピーの症状は人によって異なります。体の一部にしか症状が出ない人もいれば、全身に症状が出てしま

記事を読む

アトピーのための正しい半身浴はぬるくてまったりが基本

アトピーに半身浴 アトピーによる辛い症状を改善したい場合、半身浴が推奨される場合があります。実

記事を読む

水素水でアトピーが改善

水素水でアトピー改善!? アトピーはとても厄介な皮膚病です。かゆくてかゆくて仕方がなくて、夜も

記事を読む

あせもとアトピーの違い

アトピーとあせもの違い 肌のトラブルで似ているのが、アトピーとあせもです。どちらも赤い湿疹がで

記事を読む

食でアトピーを改善する。野菜ジュースを上手に取り入れよう。

弟が小さいころからアトピーでした アトピー性皮膚炎は赤ちゃんから大人まで多くの人が悩まされてい

記事を読む

アトピーでも汗をかいたほうがいい3つのこと

汗はアトピーを悪化させる? アトピーの症状は冬に悪化することもあれば、夏に悪化することもあります。

記事を読む

アトピーとワキガの関係とは

ワキにアトピー アトピー体質があります。私のアトピー体質の症状が年齢が低い時の方が酷くて、30代4

記事を読む

アトピーとハッカ油について

はっか油をスプレー スプレーボトルに水を入れてかゆい所にシュッとふきかけましょう。すっとかゆみ

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑