ブラジャーの締め付け部分にでるアトピー

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

物心がつく前からアトピー

私は元々アトピー性皮膚炎で、母によるともう物心つく前から発症していたそうです。学生時代での主な発症原因は、受験や人間関係によるストレスでしたが、社会人になり、紫外線・花粉・汗などストレス以外での要因でも発症するようになったのです。

でも、ストレス以外のこれらの要因は決して大きいものではなく、出ないことの方が多く、日焼け止め&日傘、朝・晩のシャワーなどでケアしてあげればほぼ大丈夫だったのです。

特に結婚して仕事を辞めてからは、汗だくになって仕事をすることがなくなり、そんなアレルゲンがあったことも忘れてしまいそうでした。
しかし、3-4年ほど前から、夏限定でブラジャーとショーツの、肌に食い込むワイヤーやゴムの部分にアトピーが出来始めたのです。真っ赤な線が浮かび上がっていて、ブラジャーやショーツは脱いでいるのに、まるで身に着けているかのような描いたような線が出来てしまい、その部分が本当にかゆいんです!

どうやら、出産後に下垂してしまったバストを気にして、ボリュームアップ効果のあるブラジャーにしたのが良くなかったようです。さらに家では普段外していたブラジャーを、同時期からナイトブラジャーを着用するようになったのも原因だと思い当たりました。ショーツは特に変えていなかったのにも関わらず、血流の悪くなる所にアトピーが出てしまうようでした。

ブラジャーの締め付け

皮膚科を受診して処方してもらった薬を塗るのですが、ブラジャーのしめつけと、やはり夏ですので、どうしてもかいてしまう汗、このダブルの刺激がどうしても良くないようで、一向に改善しません。

ノーブラ・ノーパンで生活したいと思い詰めたほどですが、家ではともかく、(私のバストは決して大きくはないですが)色の淡い服や薄い素材の服を着る機会の多い夏は、外出するとどうしても人目が気になります。

色々と調べてみて、締め付け部分が0で良いかもしれないと思いヌーブラを購入してみたのですが、肌に当たっている部分が蒸れて、それまでかゆくなかった乳首までがかゆくなってきたので、すぐに着用を中止しました。困っていたら、コットン100%の下着が良いという口コミ記事を見つけ、「Fleep」(フリープ)というブラジャーを購入して試してみました。

今の所アトピーは出ず、かゆみからは解放されました。まだ試してみていないのですが、パルシステムでもコットン100%の下着を売っていたので、今度購入しようかなと思っています。

ブラジャーの締め付け部分に汗がたまり、刺激により炎症をおこす対策としては、こまめに汗を拭くことが一番効果的だったように思います。夏の暑い時期に朝練があっても、学校ではシャワーをあびることができません。

スポンサーリンク

汗ふきシートで汗をこまめに拭こうと考えて買いに行くことにしました。汗ふきシートの多くはエタノールが主成分で「肌の弱い方、乳幼児は使わない」と表記してあり、アトピー肌には、どれも刺激が強すぎるようでした。

そこで、赤ちゃん用の手口拭きウェットシートを買ってみました。赤ちゃんのおしり拭きシートでも良かったのですが、おしりふきだと人に見られると少し恥ずかしいので、手口拭きウェットシートの方を選びました。これで、汗をかいた部分をこまめに拭くことで汗によるかゆみはだいぶマシになったようです。

ブラジャーの洗濯

ブラジャーは肌に直接触れるものなので、洗濯する洗剤についても考えるようになりました。なるべく肌への負担が掛からないような洗濯洗剤はないかとネットで探し、今は、「ミヨシの無添加衣類のせっけん」を使用しています。少し、今まで使っていた洗剤よりも値段は高いですが、少しでも肌へのかゆみがおさまるのなら仕方ありません。汚れのひどい部分は手洗いで汚れを落としてから、無添加洗剤で洗濯するようにしています。

ブラジャーによる肌のかゆみは女性特有のもので、かゆくなっても人前で掻くこともできず辛いものです。また、背中の部分は自分で薬を塗ることもできません。アトピーの症状がひどくなると、年頃の娘にとっては学校で着替えの時や水着になる時などは特に気になるようです。なるべく、かゆみや肌荒れをおこさないようにケアしたいものです。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー性皮膚炎の人にとって、コーヒーは飲まない方がいいの?

コーヒーとアトピー  コーヒーに含まれるカフェインは、アトピー性皮膚炎の人にとって、有益なもの

記事を読む

アトピーには○○風呂が効果あり

アトピーはお風呂の入り方で症状が良くなったり、悪くなったりします。お風呂のお湯は当然ですが、肌に

記事を読む

アトピーと殺菌について

アトピーに消毒 アトピーによる痒みに対しては、消毒などは一定の効果は期待できます。具体的には、

記事を読む

アトピーの人が選ぶといいリップとは

唇がアトピー アトピーは体だけと思っている人も多いですが、実は顔にも出来る場合もあります。その

記事を読む

アトピーの人に餅っていいの?

アトピーと餅 餅は日本人には欠かせない食べ物の1つではないでしょうか。いつも口にするわけではあ

記事を読む

アトピーの人が永久脱毛するメリット

ムダ毛と痒み 皮膚表面にあるムダ毛は、痒みとは密接な関連性があります。あまりにも痒みが強い時に

記事を読む

アトピーを治すには運動が必要!血行を良くして肌をきれいにしよう

アトピー改善に運動 アトピーを治すためにはいろいろなやり方があります。食事やステロイドなどをう

記事を読む

アトピーと結婚についての体験談集

アトピーと結婚についての体験談(1人目) 私は小学校4年生の時に指にかゆみが出て、それからアト

記事を読む

アトピーで悩んだ唇(リップ)の悩み

包帯でぐるぐる巻きに アトピーに悩む人は、とてもとても多いです。皮膚科に行くと、多くの人はステ

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは・・・

アトピー性皮膚炎とは アトピーという言葉は、現在一般的になりほとんどの人がしっている言葉だと思

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑