唇のアトピーを改善するにはワセリンがオススメです

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

アトピーの症状は人によって異なります。体の一部にしか症状が出ない人もいれば、全身に症状が出てしまう人もいるのです。中でも日常生活に支障をきたすのが顔に出てしまうアトピー。顔は人から一番見られる部分であり、もっとも隠すことが難しい部位でもあります。

そんな顔にアトピーが出ると、肌が赤くなり皮膚の薄い瞼や唇がカサカサになってしまうため、どうしても目立ってしまうのです。また女性の場合はメイクをすることも多いかと思いますが、アトピーが原因でメイクができない女性も少なくありません。キレイになることは楽しみの一つでもありますが、それができないというのは女性としてツラいものがあるでしょう。

顔の中でも特に荒れやすいのが唇です。唇は特に皮膚がデリケートな部分。健康な方でも冬などは乾燥して荒れてしまうことがありますが、アトピーの方は季節を問わず荒れやすい状態となっています。また、唇のケアで難しいのが、顔用の保湿剤を塗れない場合があるということ。例えば顔用のステロイドは通常唇を避けて塗布します。

唇のような皮膚の薄い部分へのステロイドの塗布は、極力避けなければなりません。また万が一口に入ってしまうと危険なため、やはりステロイドや添加物の入った保湿剤は、アトピーの方は避けた方がいいのです。しかしそれは理解していても、唇のアトピーを放置するというのは難しいですよね。

放置することで余計に悪化してしまったり、目立ってしまったりすることがあります。唇のアトピーを改善したいという場合には、刺激の少ない保湿剤を使用するようにしましょう。アトピーの方でも荒れにくいと言われているのがワセリンです。

スポンサーリンク

ワセリンは保湿効果が高く、添加物が含まれていないため敏感肌の方でも使用できる保湿剤なのです。唇が乾燥したり痒くなったりした場合は、ワセリンを塗布するようにしましょう。
乾燥する前にこまめに塗り直すことが大切です。
またワセリンだけでは潤いが足りないという場合には、はちみつを混ぜる方法もあります。
はちみつには保湿効果と美容効果があるため、アトピーへの刺激を与えずに唇に潤いを与えることができます。
ワセリンの他にはオリーブオイルも有効です。
保湿したあとに10分ほどラップを貼って、パックをするのも効果的ですよ。
注意すべきなのは、乾燥したからといって舐めてはいけないということ。
舐めることで更に乾燥してしまいますし、唾液には雑菌がたくさん存在するため、アトピーが悪化してしまう可能性もあります。
清潔な状態を保ち、刺激のある食べ物などは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

お母さん、もう痒くないよ!親子のアトピー奮戦記

幼稚園からアトピー 赤ちゃんの頃から皮膚が弱かった娘は、幼稚園時代より両肘の内側が痒いと掻きむしる

記事を読む

アトピー性口唇炎

アトピーの症状が唇に現れることもあります。それをアトピー性口唇炎といいます。症状は乾燥して皮が剥

記事を読む

りんごのパワーでアトピーを改善!その理由と食べ方は?

リンゴの効果 アトピー性皮膚炎というのは、皮膚のかゆみを起こし、肌の調子を妨げる症状が続きます

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは・・・

アトピー性皮膚炎とは アトピーという言葉は、現在一般的になりほとんどの人がしっている言葉だと思

記事を読む

アトピーには○○風呂が効果あり

アトピーはお風呂の入り方で症状が良くなったり、悪くなったりします。お風呂のお湯は当然ですが、肌に

記事を読む

コーヒーがアトピーによくない理由は?

大人のアトピーの原因は、いろいろあるといわれます。大別すると、間違ったスキンケアー、生活習慣、あるい

記事を読む

アトピー改善にぬか漬けで腸内環境を整えよう!

アトピーは腸内環境を整える アトピーが辛くて困っている人は、自分なりに様々な対策を取っているこ

記事を読む

アトピーとパック

肌の健康を守るパック アトピーの特徴として、お肌が乾燥しやすくなっています。アトピー肌は、通常

記事を読む

整体がアトピーに効果的な理由とは

ステロイドの薬を塗っていましたが アトピー性皮膚炎と診断されたのは、今から約20年近く前のこと

記事を読む

リップの乾燥を原因としているアトピー性口唇炎(こうしんえん)! 

アトピー肌は主に乾燥から来るといわれます。アトピー肌になりやすい人は、実は唇も乾燥しやすいようです。

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑