アトピーと脂肪酸とアレルギーの仕組み

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

リノール酸とアトピー

アトピーの人が食事で注意したいことは油です。その中でもリノール酸です。リノール酸は体の中では作ることができないので、食べ物から摂取しならない必須脂肪酸ですが、過剰に摂取してしまうとアトピーになりやすいといわれています。意識してリノール酸を摂ろうとしなくても必要な分は摂取することができます。リノール酸が多く入っている食品はマーガリンやマヨネーズ、卵、ポテトチップス、紅花油、コーン油、ひまわり油などです。

リノール酸は血中コレステロールを下げる働きがありますが、悪玉コレステロールを低下させるいい働きがあると同時に善玉コレステロールを低下させてしまう悪い働きもあります。またリノール酸をたくさん摂取していると、アレルギー炎症反応をおこすプロスタグランディンが多くなってしまいます。

アレルギーのメカニズム

アレルゲン(ダニやカビなどの抗原)が体内に入ると、IgE抗体と結びつき肥満細胞に付き、ヒスタミンなどを放出し、プロスタぐラディンと反応し、炎症が起こります。リノール酸をたくさん摂取しているとこの炎症反応を起こすプロスタグランディンが多くつくられてしまうので、炎症が悪化してしまいます。
アレルギーの仕組み

スポンサーリンク

アトピーに効果があるα-リノレン酸

リノール酸の体への悪影響を少なくするためには、同じ必須脂肪酸であるα-リノレン酸を摂取するのが有効です。α-リノレン酸は殻札の中でDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPAに変換されます。リノール酸とα-リノレン酸は互いに牽制しあい、効果を軽減させます。ですのでリノール酸を摂取したらα-リノレン酸も摂取するようにしたいものです。

α-リノレン酸はシソ油や、アブラナ(キャノーラ)油、アマニ油などに含まれています。特にイワシやアジ、ハモやキンキ、サンマや、カツオなどに多く含まれています。DHAは頭が良くなると言われていますが、脳の発育や機能維持に効果を発揮します。

スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

セラミドはアトピーに効果的!?

肌の成分セラミド 私自身が長年、アトピー体質である事もありまして、少しでもアトピーの症状や痒み

記事を読む

アトピーと匂いについて

汁は皮膚を直すため 汁は炎症が起きてる皮膚を治すため出ていて、それを止めようとするのは治癒を遅

記事を読む

アトピーでもネイルはできるの?

爪でかくと肌を刺激してしまう アトピーによる肌の痒みは、実は刺激性と密接な関連性があります。で

記事を読む

アトピーと水泳

食べ物アレルギー 子供がアトピー性皮膚炎と診断を受けた友人の体験談です。友人の子供は生まれてす

記事を読む

アトピーに乳酸菌は有効?

アトピーに乳酸菌は有効? アトピーを改善させようと望むなら、乳酸菌などは大いに推奨されます。体

記事を読む

産後アトピー対策

出産後にアトピー発症 出産は女性にとって人生のビックイベントの1つで、出産を機にいろいろなこと

記事を読む

アトピー季節の変わり目に悪化する

アトピーが悪化する時期は、乾燥しやすい冬か、汗をかきやすい夏に悪化する人が多いですが、なかに

記事を読む

アトピーではなく金属アレルギーかも

アトピーと金属アレルギー 体がかゆくなるのは、蕁麻疹やアレルギー、アトピー、かぶれなどいろいろ

記事を読む

老人になったらアトピーは治る!?現代病を克服するためのポイントとは

食生活の変化 今アトピーに悩んでいるあなたは、何歳くらいでしょうか?アトピーは悪化すると仕事や

記事を読む

アトピーが原因でフケが増える

アトピーとフケ アトピーの症状と聞くと、多くの方々は肌の痒みをイメージする傾向があります。実際

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑