アトピーで目の下にクマ

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

kuma

小さい頃からアトピー体質

私は現在31歳ですが、アトピーというと、一般的には肌が痒くなり掻くということをくり返しているうちに肌がジュクジュクになってきたりという皮膚トラブルを起こすかたが多いようですが、私は夏場などは全くなく冬場になり乾燥してくると皮膚症状が現れるぐらいで、腕の間接部分や足の間接部分などが特に痒くなり少し掻く程度で、少し色素沈着は起こしているものの、それほど皮膚症状が強いわけではないので気になりませんでした。

目の下のクマ

それよりも私の中で一番辛かったのは、アトピー独特の目の下のクマでした。目の下のクマは一般的には血行不良や寝不足などと言われていますが、目の下のクマにシワが一本あるとそろはアトピーによるクマなのです。

私はそれを知らずに寝不足や冷え性が原因だと思っていたのですが別の皮膚トラブルで皮膚科を受診した際に皮膚科医師に言われました。目の下のクマはやはり疲れているように見えてしまいますし、年齢も老けて見えてしまう原因になるので、どうにかしたいと思う気持ちは皆同じだと思います。

インターネットで調べても血行不良や寝不足に対するクマの対処法は、目の下を暖めたりマッサージをすることでよくなるとかかれていますが、そのような対処をしてもアトピーのクマは消えません。アトピーのクマにさらに寝不足などが重なるともっとクマが濃くなるので、その分は解消されると思うのですが根本的には消えません。化粧をしてコンシーラーなどで薄くはなるのですが、あまりすると不自然ですし本当に悩みの種です。

私自身は元々肌が黒い方なのであまりきにしていなかったのですが、ある時パートの面接に行きました。化粧をしていったので、ある程度薄くはなっていたと思うのですが、急に面接官の方にクマが濃いけどお客様にそういうことを指摘されても平気かというような質問をされすごくびっくりしました。

それまでにも接客業のアルバイト等はしていたのですが何も言われなかったのですが、その時に初めてそんなに自分はクマが目立つのかと思いました。それ以来自分の中ではアトピーの症状の中でクマが一番のコンプレックスになっています。普段はより目立たないように化粧をして黒渕眼鏡をしているのですが、黒渕眼鏡をとるのがすごく怖いなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

保湿療法

皮膚科では基本的に目の下や頬に塗るステロイドは処方されていません。かかりつけの皮膚科医は顔には徹底してステロイドを排除する治療方針なのだそうです。一つには目の下の皮膚は顔の中でももっとも皮膚が薄いのでステロイドを塗ると効果が出過ぎてしまい、皮膚の免疫力を低下させて逆にアトピーを悪化させてしまったり、色素沈着を起こしてしまったりする原因になるのだと聞いています。

頬のアトピーはかゆみがあるだけなので、それほどひどくないのですが、目の下のアトピーは皮膚が乾燥して粉を吹いたようになっており、がさがさとした手触りなので見た目にもアトピーだなというのが他人から見てもすぐわかるような状態です。

皮膚科医には、目の下は徹底して保湿療法を行うことをすすめられており、お風呂から上がって清潔な状態の目の下の皮膚に、たっぷりのワセリンを塗るようにアドバイスを受けています。

ワセリンを塗る

ドラッグストアでワセリンを買ってきて、それを寝る前にしっかり目の下の皮膚に塗り保湿を行っていると1ヶ月ほどでアトピーの症状がかなり改善されてきました。まずカサカサとした皮膚の状態が、しっとり潤いのある状態に変化してきて、続いて粉を吹いたような状態が消滅して、きめ細かい普通の肌に戻っていくのがわかりました。

色素沈着については、目立たなくなるまでにはかなり時間がかかり、だいたい1年近くかかりました。今では薄茶色の色素はほとんどわからない状態にまで薄くなり、パッと見た目には私がアトピー肌であることがわからない程度にまで改善しています。

皮膚科医の診断通り、私の顔のアトピーは保湿を完璧に行うことによって、ほぼ完治した形になっています。目の下のアトピーにはステロイドでは根本的な治療にはならず、あくまでもアトピーには保湿治療を行うという基本に立ち返った療法によって現在のような非常に良好な状態に持っていくことができました。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

アトピー梅雨時期の肌ケアと生活スタイル

アトピー梅雨時期 アトピー体質の方ならば分ると思いますが、夏場は意外と調子が良かったりするので

記事を読む

アトピーの炎症後に起こるほうれい線について

ステロイド治療をしてみましたが アトピー性皮膚炎は、大人になってから発症しました。子どものころ

記事を読む

便秘がちでアトピーなので腸のマッサージ

長い間アトピーで悩んできました 長い期間、アトピーでは苦しみ悩んで来たので、様々な経験をしてきまし

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは上手く共存していくことが大切です

大人アトピーも増加 トピー性皮膚炎は皮膚の炎症を伴う病気で乳幼児に多くみられるものでしたが、現

記事を読む

アトピーと肥満

アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎とは簡単に言うと炎症を伴う皮膚のアレルギー反応のこと

記事を読む

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみを伴う皮膚の炎症、湿疹があげら

記事を読む

アトピーの私が常備しているのはレスタミン

レスタミンを常備しています 何だかんだとアトピー歴は20年以上になっています。これはあまり自慢

記事を読む

岩盤浴で汗をかいてアトピー軽減

アトピーで長年、苦しんだ経験があります。アトピーが発症したての頃はアトピーに関しての情報量が少なかっ

記事を読む

アトピーの人が風呂に入る順番は?

子供のころからアトピーでした 今でこそ、アトピー性皮膚炎の症状は治まったものの、子供の頃の私は正真

記事を読む

アトピーでも垢すりを体験

症状が良くなったり悪くなったり 私は子供のころからアトピーがあります。年齢のよって、またその時の生

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑