産後アトピー対策

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

出産後にアトピー発症

sanngo
出産は女性にとって人生のビックイベントの1つで、出産を機にいろいろなことが変わります。家族が1人増えるということは、大きな喜びであると同時に生活が一変します。子供が生まれると当然ですが、子供中心の生活になります。なにもかも子供第一になります。

体がかゆくてかゆくてたまらまい、肌の状態が良くないこれってもしかしてアトピー?出産後にアトピーになってしまう人もいます。出産で生活が変わるのもありますが、出産で体質が変わるといわれているので、出産を機にアトピーになるもしくは、アトピーが再発するということもあります。原因はいろいろ考えられますが、子供中心の生活になるため、自分のことがないがしろになるため、肌のお手入れも適当になってしまうので、肌の状態が良くなくなってしまうことが多いです。

入浴後は、赤ちゃんの体を拭いたり、おむつをはかせたりしなければならず、自分の肌のケアはどうしても適当になってしまいます。出産前は入浴後しっかり保湿などのケアができていても、出産後はなかなか保湿などのケアができないので、乾燥肌になりやすくなり、外部からの刺激を受けやすくなり、それが産後アトピーやその他の肌トラブルになりやすくなります。

また産後はホルモンの乱れがあったり、母乳をあげることにより、栄養をあかちゃんにとられてしまったり、(逆に母乳をあげることにより、お母さんにメリットもあります)子育てが思うようにいかないストレス、そして数時間おきに赤ちゃんが起きるので、なかなか寝れない苦しみなど、子供を産むといろんなことが変わります。それらも産後アトピーの原因の1つと考えられます。

出産後のアトピー対策

出産後のアトピー対策はやはり、原因を潰していくことです。まず肌のお手入れです。赤ちゃんがいるととても自分の肌のことまで考えられなくなってしまいがちですが、しっかりお手入れすることは、もちろん自分のためでもありますが、赤ちゃんにとってもお母さんの精神状態がいいほうがいいにきまっています。

乾燥肌や産後アトピーによるかゆみでイライラしている状態でいるよりも、かゆみがなく安定している精神状態でいるほうが、赤ちゃんにとってもいいことは間違いありません。痒みでイライラしていると、赤ちゃんにきつく当たってしまったり、気も回らなくなってしまいます。当然イライラしているとだんなさんにもつらくあたってしまいます。

ではどうしたらいいかですが、だんなさんに協力してもらうことです。子育てはママだけではなく、当然パパにも手伝ってもらわなければなりません。入浴後の肌のお手入れもパパに協力してもらって、しっかり保湿してください。そうすることは、自分のため、赤ちゃんのため、ご主人のためになります。それをご主人に理解してもらう必要があります。

スポンサーリンク

sanngo

睡眠不足とストレス

子育ての悩みは睡眠不足や、ストレスなどもありますが、これもご主人や、家族に協力してもらうことが大切です。手伝ってもらえるときは、オムツ替えや、ミルクをあげるのを手伝ってもらいましょう。昼間に赤ちゃんが寝ている時間は、この間に家事をやってしまわなければと思ってしまいがちですが、あまり気を張りすぎずに一緒に寝てしまいましょう。そうすることにより睡眠不足を少しでも解消してください。

そして、たまには、赤ちゃんを家族に預けてストレスを発散できるようなこともしてください。やはりストレスをため込むのはアトピーに限らず、いろんな面でよくありません。ストレスをためてしまうと、自分自身もそうですが、周りにいる赤ちゃんや旦那さんにもきつく当たってしまうのでよくありません。

息抜きに映画を見に行ったり、趣味を楽しんだり、するのは子供がいるとどうしても罪悪感があり、なかなかできないと思ってしまいがちですが、そうすることも悪いことではありませんので、周りの人に協力してもらって是非ストレスを発散してください。

産後は日々の忙しさから自分の食事は適当になりやすいですが、それでは栄養がしっかりとれませんので、肌のためにはよくありませんし、赤ちゃんのためにもよくありません。ですので、なかなか大変だとは思いますが、バランスの取れた食事をとるように心掛けてください。

産後アトピーまとめ

産後は自分の体調を良好に保つだけではなく、赤ちゃんの面倒も見なければならないので、とても大変です。ですので、自分の肌のことまではなかなか気が回りません。

ですので産後はアトピーになってしまう人や、もともとアトピーだった人の症状が悪化したりしやすいですが、悪化させないためには、食事をしっかりととることにより栄養をとり、昼間に赤ちゃんと一緒に寝るようにして睡眠をとり、ストレスをためないようにしてください。そのために旦那さんや、親などに手伝ってもらえることは手伝ってもらうようにしてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

豆乳でアトピー改善

豆乳は低カロリーで植物性のタンパク質 アトピーの方は、食物アレルギーと大きく関係しているとこと

記事を読む

アトピーの部位別原因と対策

アトピーの症状 アトピーの症状には赤いブツブツ、肌が厚くなりガサガサ、ごわごわになったりひび割れる

記事を読む

アトピーによる夜の痒み対策

夜になると痒くなる アトピーにはいろいろな原因がありますが、外因性、内因性、先天性、後天性など

記事を読む

ポップコーンはアトピーにどうなの?

食品はアトピーに影響を与えますが・・・ 日常的に食べる食品によっては、痒みなどを引き起こしてし

記事を読む

アトピーに卵ってどうなの?

卵がもたらすアトピーへのいい効果 卵は、比較的安価に購入することができ、栄養価の高い食べもので

記事を読む

アトピーでは砂糖をとりすぎない。お腹を壊さない果物。

果物ならいいというわけではありませんが・・・ アトピーの原因は食べ物も大きく影響しています。暴

記事を読む

アトピーでうつになりかけた私

中学生からアトピーでした  皆さんはアトピー性皮膚炎と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

記事を読む

耳にもアトピーの症状

耳もアトピー 子どもの頃からアトピーがひどく、幼少期は、痒さに耐えきれず、かきむしり、ジクジク

記事を読む

唇のアトピーを改善するにはワセリンがオススメです

アトピーの症状は人によって異なります。体の一部にしか症状が出ない人もいれば、全身に症状が出てしま

記事を読む

かゆいアトピー対処法

かゆい時は冷やす アトピーはとてもかゆいものですが、かいてしまうと肌が荒れて余計症状が悪化しま

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑