肌荒れの原因とアトピーにいい食事

〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

肌あれの原因

私は元々アトピー肌では無かったのですが、学生の頃に化粧品で顔が荒れてしまって、それ以来顔の肌が弱くなってしまいました。肌荒れしやすくなってから、普通の市販の化粧水や乳液や保湿クリーム、それからメイク用品を使用すると肌が荒れるようになってしまいました。

そして食べ物も、白米のご飯や精製した白い小麦粉のパンや白い砂糖が沢山入っているお菓子、それからアーモンドやピーナッツなどのナッツ類や脂身がたっぷりと入っているお肉を食べると、肌がただれて荒れるようになってしまいました。

なので私は、基礎化粧品やメイク用品、そして食べ物も全て肌に良いものに切り替えることにしました。基礎化粧品は、まず化粧水は美肌水というグリセリンと尿素と精製水で手作りしたものを使うようにしました。美肌水という化粧水は、インターネットでアトピー肌・化粧水と調べると美肌水がヒットしました。そして美肌水の作り方が載っていたので私はドラッグストアに行って、グリセリンと化粧品用の尿素と精製水を購入して家で作って使い始めました。

美肌水はグリセリンが入っているので程よい保湿力があり、そして尿素が入っているのであかぎれなどの症状も和らげる効果がある化粧水でした。敏感肌でも使えるタイプの化粧水で、普通の市販の化粧水のように肌にピリピリした刺激が無いですし、肌が荒れることもないのでとても使い心地が良いです。

それから美肌水を付けた後に、スクワランオイルというさらっとした付け心地のオイルを付けるようにしました。このスクワランオイルは他の種類のオイルよりもべとついた感じがしなくて、さらっとした付け心地のオイルなので敏感になっている肌にも使いやすいです。基礎化粧品はこの2点のみ使用しています。

それからメイク用品は、敏感肌用のDプログラムやプロメディアやノブといったブランドの商品を使うようにしています。やはり敏感肌用のものなので、肌にピリピリとした刺激が起こりませんし、肌が荒れることもないのですごく良いです。

スポンサーリンク

アトピーにいい食事

それから食事も主食はゆきひかりの無農薬の玄米にして、おかずはほうれん草や小松菜や春菊などの青菜や、人参や玉ねぎやごぼうや蓮根などの根菜、そしてわかめや昆布やめかぶなどの海藻類、それから豆腐やおからや大豆を丸ごと使った料理などの大豆製品を食べるようにしました。こういった食生活を続けていると、だんだんとジュクジュクした赤みががかった肌荒れが治っていきました。完全に治るのに1年かかりました。長い月日でしたが、続けてきて良かったなと思います。これからもこの食生活を続けていこうと思います(´-`*)
<この記事はアトピーの方の体験談です>

スポンサーリンク


スポンサーリンク
〈注目記事〉アトピー肌用の入浴剤を実際に試した感想。実際どうなの?

関連記事

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、洗髪後にドライヤーをかける時に

記事を読む

アトピーで目の下にクマ

小さい頃からアトピー体質 私は現在31歳ですが、アトピーというと、一般的には肌が痒くなり掻くと

記事を読む

大人アトピー~春に気を付けること~

大人アトピー発症 最近では、子供だけでなく、大人になってからアトピーを発症して苦しんでいる方も多い

記事を読む

便秘がアトピーの一因だったのでサプリを飲みました

便秘がアトピーの原因 私は子供の頃アトピーで、一時期はステロイドを使用するほど悪かったです。大

記事を読む

口紅でアトピーが発症

中学3年生でアトピー発症 私はもともとアトピー体質で、最初に発症したのは中学3年生の高校受験の

記事を読む

アトピーの私でも自信をもってキス。ステロイドよりもキス。

ステロイドよりキス アトピーとはアレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)に体が反応してしまい、

記事を読む

アトピー梅雨時期の肌ケアと生活スタイル

アトピー梅雨時期 アトピー体質の方ならば分ると思いますが、夏場は意外と調子が良かったりするので

記事を読む

赤ちゃんのアトピーはどうして起きる?その予防策は?

赤ちゃんアトピー 赤ちゃんの頃からアトピーになる場合、多くは1,2歳になれば症状は改善していき

記事を読む

アレルギー改善に効果がある減感作療法

減感作療法 アトピーで悩んでいる方は、一生このアトピーと付き合っていかないといけないと思ってい

記事を読む

大人アトピー6つの原因

大人アトピーの原因 アトピーは、子供だけの病気ではありません。一般的にアトピーと言われる時には、子

記事を読む

夏にアトピーの症状がでなくても要注意

アトピーは夏になれば症状が軽くなるのでしょうか?暑い夏、アトピー症

アトピーに汗は大敵。汗をかいたらすぐにふき取る

こどものアトピーはもちろんですが、おとなになってからアトピーになる

アトピーはお風呂の入り方に気を付ける

アトピーは免疫反応の過剰が原因の一つです。主な症状としては、かゆみ

昼間はかゆくなくても夜になるとかゆくなる

アトピーは昼間は我慢できる方でも、夜お風呂でシャンプーするときや、

アトピーでかきむしった傷がお風呂でしみて痛い

かきむしった肌は傷ついており、お湯がシミ痛いことがあるでしょう。そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑